301件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊賀市議会 2020-04-14 令和 2年第 2回臨時会(第1日 4月14日)

議会事務局長(川 孝子君)  1番 川上議員、2番 北森議員、3番 信田議員、4番 西口議員、5番 福村議員、6番 宮﨑議員、7番 桃井議員、8番 山下議員、9番 市川議員、10番 赤堀議員、11番 嶋岡議員、12番 田中議員、13番 福田議員、14番 森川議員15番 生中議員、16番 上田議員、17番 近森議員、18番 中谷議員、19番 百上議員、20番 北出議員、21番 空森議員、22番 岩田議員

四日市市議会 2020-02-08 令和2年2月定例月議会(第8日) 本文

しますと、今回、反対討論を通告している方が3名おみえになって、賛成討論が1人ということで、四日市市議会のルール上、反対討論賛成討論反対討論反対討論という形になるんですが、本来であれば、原案に対する反対の弁の意思をまとめて述べるわけですから、その全ての反対について賜った後に、賛成の支援を行いたいなという思いがあったんですが、これは、四日市市議会の運営の今までの流れ上仕方のないことと思いますので、少し森川議員

四日市市議会 2019-11-03 令和元年11月定例月議会(第3日) 本文

12 ◯笹井絹予議員 続いてですけれども、ちょっとまた今回、森川議員就職氷河期のことでご質問されるということなんですけれども、少しちょっとかぶるかもわからないんですけれども、先日も宝塚市が就職氷河期世代対象に職員の採用を行ったと出ておりましたけれども、四日市取り組みについていかがかということと、それから、資料をお願いします。  

伊賀市議会 2019-09-30 令和元年第 5回定例会(第5日 9月30日)

(「議事進行」と呼ぶ者あり) ○議長中谷一彦君)  森川議員 ○14番(森川 徹君)  ただいま総務委員長より、この議案第114号に対する継続審議の説明がなされたところであります。しかしながら、先ほど発議第10号によりまして、この青山讃頌舎美術館に関連する予算が削除されたところであります。

鈴鹿市議会 2019-09-12 令和元年予算決算委員会産業建設分科会( 9月12日)

この料金の議論をしたのは平成29年12月議会のときなんですけども,そのときに,前の森川議員谷口局長議論をしている中で,森川議員は,一般会計から借り入れとか出資とかいう形で出す方法があるんじゃないかという,そういう提案をしておるわけですけども,それに対して,当時の谷口局長は,そういうことも財源確保として市財政部局との調整を行ってまいりますというふうに答弁されておるわけです。  

伊賀市議会 2019-09-11 令和元年第 5回定例会(第4日 9月11日)

また、皆さん、さすがなんですけれども、森川議員さんも、きょうのあしたのことじゃなくて、2025年を見通した中で、今からまわりしていかなあかん、準備していかなあかんこと、こんなことじゃないですかというふうなこと。いずれにしても大所高所からの御指摘、私もそうなれるようにですね、頑張りたいなと、このことを自分自身に言い聞かせながら、頑張ってみたいと、このように思います。  

鈴鹿市議会 2019-06-21 令和元年 6月定例議会(第4日 6月21日)

去年の3月議会のときに,森川議員学校トイレの問題を取り上げましたが,教育長洋式化は特に必要な施策であると答弁されていて,市長も早いうちに整備が必要な大変重大な事業の1つと言われてみえましたので,次の2番の質問に移りたいと思うんですが,今後のトイレ改善計画についてお尋ねします。  昨年の3月議会からトイレ計画はどのように進んでいるのでしょうか,教えてください。お願いします。

四日市市議会 2019-06-04 令和元年6月定例月議会(第4日) 本文

きのう、森川議員一般質問に立たれましたが、私も監査にいってまして、市にお金がないなんていうのはとても言えない。お金をよう使い切れていないような状況で、お金がないなんて今答弁されたら、私もこれちょっとまいったなと思います。  これは市長のブログからですけれども、四日市市は平成28年度から不交付団体になっております。

四日市市議会 2019-06-02 令和元年6月定例月議会(第2日) 本文

私は今回、このテーマを質問に取り上げたきっかけは、以前に森川議員が取り上げていたこともありますが、やはり多くの子育て世代が疑問に感じているからであります。私の友人も、また保育園や学童、そういった送迎のときに出会うママ友さんからも直接耳にします。それは、なぜ小学校の給食後の歯磨きができないのかであります。

鈴鹿市議会 2019-03-06 平成31年 2月定例議会(第6日 3月 6日)

産業振興部長農業委員会事務局長望月広志君) まず,対象者5,000人といいますのが,先ほど森川議員がおっしゃいました子供一人の数でございます。  それと,プレミアム商品券ですけども,1冊が5,000円単位で,負担といたしましては4,000円で販売して,1冊5,000円の商品券を購入できるということで,1人当たり5冊まで購入が可能でございます。