215件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

亀山市議会 2019-09-12 令和元年 9月定例会(第4日 9月12日)

6月26日、関学校給食センターでサバのみそ煮を調理中に、給食調理員が魚介類に生息する寄生虫であるアニサキスと思われる死骸を2匹発見し、それを栄養教諭が確認した後、教育総務課にその報告がございました。  アニサキスでございますが、これは魚介類に寄生する寄生虫の一種で、その幼虫がサバ・アジ・イカ・イワシ・サンマなどに寄生しております。

菰野町議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第3日目 6月14日)

教育長(北口幸弘君) 小学校のまず、食育につきましてはですね、栄養教諭栄養士が入ってですね、給食のほうを進めさせていただいておるところでございます。  また、授業の中でもですね、食育についての学習をしておると。こんなふうに認識しております。  以上でございます。 ○議長(矢田富男君) 中山文夫議員

伊賀市議会 2019-06-14 令和元年第 3回定例会(第3日 6月14日)

私もこの取り組みの中に入って皆さんの声を聞くんですけど、実現には値段のこととか野菜規格、サイズのこと、あるいは誰が配達をするんだという問題、そういういろんなハードルがあって、それをクリアしなければならなくて、今回、本当に農家さんとか栄養教諭さん、そして調理員さんに本当に頑張っていただいたなというふうに思っています。  

亀山市議会 2019-06-14 令和元年 6月定例会(第3日 6月14日)

栄養職員というのはどういうことをやるのかというと、給食の献立を考えて栄養管理を行ったり、調理場の衛生管理などを行うのが栄養教諭なんですけれども、ところがこの方が給食調理員の穴埋めで入るというんですね。そういう事態になる。つまり、さっき言われた管理栄養士が入るのと同じことなんです。そういうことになると、今度は栄養教諭の方の本来の仕事ができなくなる。こういう問題があります。  

志摩市議会 2019-06-13 令和元年第1回定例会(第3号 6月13日)

なお、子どもたちには、これらの情報を給食時の校内放送を活用しまして、耳からも情報を入れて理解を促すとともに、栄養教諭が各学校の担任教諭等と協力をしまして、給食に含まれる栄養素等について学ぶ食育栄養指導授業を行っているところです。授業終了後には、子どもたちがどう理解できたかを確認するため、振り返りシートに意見や反省等を記入させて、効果の把握を行っております。

四日市市議会 2019-02-09 平成31年2月定例月議会(第9日) 本文

配送や積み込みなどに時間がかかることから、食缶方式では、輸送中に食材の温度が低下し、味が落ちること、栄養教諭の配置が少なく、食に対する教育が手薄になること、関係車両の増加に伴う住民の負担が大きく、交通安全対策等を求める陳情書が提出されていることなどから、経済効率を優先して、議論が十分にされていないと考えるため、反対するとの意見表明がありました。  

桑名市議会 2018-06-19 平成30年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2018-06-19

さらに、調理室の衛生点検、指導を行っている栄養教諭栄養職員等を対象に、再発防止に向けた研修会を開催しました。研修の成果をもとに、各学校の巡回指導において調理室の確認を行いました。  今後も、安全・安心なおいしい給食の提供を行うために、調理環境の整備及び適切な調理業務の推進に一層努めてまいります。よろしく御理解賜りますようお願い申し上げます。                   

いなべ市議会 2018-06-08 平成30年第2回定例会(第3日 6月 8日)

例えば、大安給食センターでもアンケート、リクエストをとっておりますし、藤原の給食センターでは、ランチルームで中学生が一つの大きなところで食べるんですが、そこのところに栄養教諭が入っていって、いろいろ要望などを聞いていると。  それから、北勢地区は自校式といいまして、それぞれの小学校で給食調理をしておりますが、給食調理室の前にお手紙ボックスを置いて、子どもたちからの意見を伺うようにしております。  

亀山市議会 2018-06-01 平成30年 6月定例会(第1日 6月 1日)

次いで、学校給食につきましては、県費栄養教諭1名の増員が実現したことに伴い、より一層の安全・安心な学校給食の提供と食育指導の充実に努めてまいります。  次に、学習環境の厳しい生徒を対象とした学習支援事業につきましては、本年度、3中学校合わせて25名の生徒の参加により順調なスタートを切っております。引き続き該当家庭への周知を進め、受講生徒数の拡大に努めてまいります。  

菰野町議会 2018-03-12 平成30年第1回定例会(第3日目 3月12日)

教育課長(諸岡克博君) まず、デリバリー給食とランチサービスの違いについてということですが、デリバリー給食はですね、町の栄養教諭栄養バランス等を考慮した献立を考えることとなります。  また、使用する食材につきましても、菰野町産でありますとか三重県産の食材等を優先して指定し、原則、地産地消を踏まえ、生産者の顔の見える安心できる献立で給食を提供いたすことになります。  

伊賀市議会 2018-03-09 平成30年第 1回定例会(第5日 3月 9日)

の中だけで注文してますけども、それを農協さんとか生産者の方との窓口がある農林振興課と連携して、彼らのノウハウを利用するということで、より安全で、より安価な食材を調達できるのではないかという話でございまして、1つ四日市市での取り組みを紹介しますが、事業名が学校給食地産地消推進事業と言いまして、学校給食向けの食材の組織的な生産体制というのを確立した仕組みなんですが、具体的には教育委員会、農林振興課、栄養教諭

四日市市議会 2018-02-03 平成30年2月定例月議会(第3日) 本文

献立につきましても、現在の小学校給食と同様に栄養教諭が中心となりまして、文部科学省が定める学校給食実施基準に基づいた栄養バランスの整った中学生にふさわしい献立を作成してまいりたいと考えております。  また、各学校への配送でございますが、保温性能にすぐれた二重構造のステンレス製の食缶を使用することを予定しております。  

いなべ市議会 2017-12-12 平成29年第4回定例会(第3日12月12日)

この会議には管理職(校長教頭)、担任、養護教諭栄養教諭参加し、情報共有しております。  養護教諭保護者との面談を行い、状況や要望を聞き取り、学校の状況を説明いたします。個別の取り組みプラン作成のため関係職員で協議をし、保護者の了承を得た後、教育長宛てにアレルギー対応の申請を出します。そして、教育長許可により対応を開始いたします。その後も必要に応じ見直し等を行っております。  

志摩市議会 2017-12-07 平成29年第4回定例会(第2号12月 7日)

学校職員といいますと、介助員の方々や、それから、学習支援員の方、それから、用務員の方、あるいはALT、それから、学校栄養教諭、全ての方を対象にアンケート調査をしました。  対象となった人数は433名です。そのうち、約320名からの回答を得ることができました。その割合は73.9%になります。教職員に限定した場合には、もっと割合はふえるというふうに思っております。  

志摩市議会 2017-09-08 平成29年第3回定例会(第3号 9月 8日)

先ほどお答えしましたように、食育の重要性、そして、学校教育の果たす大きな役割を理解して、栄養教諭による食育授業というものを、平成28年度は55回実施いたしました。また、食育に通じて、地元の産業でありますとか、食材の理解、感謝の気持ちを育むために、ふるさと給食を年間3回計画しております。

四日市市議会 2017-08-07 平成29年8月定例月議会(第7日) 本文

また、大きな課題である食物アレルギー対策を担う栄養教諭の配置の見直しや養護教諭の複数配置、教員授業に専念できる環境整備のための事務補助員の配置とチームとしての学校を実現されるのニーズは多岐にわたります。  一方、国による教職員定数改善計画は、平成17年を最終年度とする第7次を最後に策定されておらず、チームとしての学校の実現を各自治体で行うには余りにも大きな財政負担が生じます。