1053件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

亀山市議会 2020-03-11 令和 2年 3月定例会(第4日 3月11日)

皆様ご承知のように、本日3月11日で東日本大震災の発生から9年を迎えます。この大震災により犠牲になられた方々に対し、謹んで哀悼の意を表すため、会議終了後、黙祷をささげたいと思いますのでご承知おきください。  本日の議事につきましては、お手元に配付の議事日程第4号により取り進めます。  日程第1、諸報告をします。  

伊賀市議会 2020-03-09 令和 2年第 1回定例会(第5日 3月 9日)

大規模災害が発生した際は、避難に支援が必要な障害者高齢者外国人などの皆さんは災害時要配慮者とされ、東日本大震災の教訓を踏まえ、平成25年に改正された災害対策基本法では、各自治体に要配慮者の名簿作成が義務づけられました。現在、名簿は、全国の9割を超える自治体で作成されていますが、このうち具体的にどう支援していくかなどを示す避難計画を策定していている自治体は約半数にとどまると言われております。  

四日市市議会 2020-02-05 令和2年2月定例月議会(第5日) 本文

ただ、これを、もう9年になりますけれども、東日本大震災のときに消防団員が多くの命をなくされた。だけど、こういう協定を結んでいただいている方々は、責任感があって、地域のために我が家も顧みず防潮扉を閉めに行っていただく、そういう責任感のある方だからこそ何とかして閉めようと、地域のために閉めようと強い責任感を持ってみえる方が多いと私は思っています。

四日市市議会 2020-02-03 令和2年2月定例月議会(第3日) 本文

その後、東日本大震災の教訓等を生かして市の防災力を向上させるための増員を図っております。  平成24年度からは自衛隊職員OBを採用し、危機管理監内の組織強化を図り、また、平成25年度からは嘱託職員による宿日直を開始しまして24時間体制をとっております。  現在の職員数は、再任用、嘱託、臨時職員を含めて17人という状況でございます。  

四日市市議会 2020-02-02 令和2年2月定例月議会(第2日) 本文

東日本大震災があった後さまざまなことがあって、人がたくさんいなくなった。そうすると人が減っていくときの、これから四日市も減っていくであろうというときの課題が20年ぐらい先にあらわれているんですよね、東日本は今。もう一個言えるのは、私の住んでいる地域、同和地区、ここもそういう意味では皆さん方の困ったことが20年ぐらい前にもう起こっております。

鈴鹿市議会 2019-12-20 令和元年全員協議会(12月20日)

その理由といたしましては,上段に(1)から(4)までに掲げておりますとおり,市民アンケート意識調査において,学校教育における平等感は高いが,就労や地域の分野の平等感はまだまだ低いことや,女性の職業生活における活躍を推進し,豊かで活力のある社会の実現を図ることが必要であること,人口構造の変化により女性の潜在労働力への期待が高まっていること,東日本大震災以降,非常に備え,平時から地域の自助力の重要性や女性参画

志摩市議会 2019-12-20 令和元年第3回定例会(第5号12月20日)

本案は、東日本大震災等に伴う合併市町村に係る地方債の特例に関する法律の一部を改正する法律施行に伴い、合併特例債を起こすことができる期間合併年度及びこれに続く20年度とされたことから、引き続き、合併特例債を活用するため、新市建設計画を変更することについて、議会議決を求めるものであった。  

志摩市議会 2019-12-17 令和元年議会運営委員会(12月17日)

本案東日本大震災等に伴う合併市町村に係る地方債の特例に関する法律の一部を改正する法律施行に伴い、合併特例債を起こすことができる期間が「合併年度及びこれに続く20年度」とされたことから引き続き、合併特例債を活用するため、新市建設計画を変更することについて、議会議決を求めるものであった。

亀山市議会 2019-12-10 令和元年12月定例会(第3日12月10日)

東日本大震災は本年3月に発生から8年を迎えました。その5年後の2016年4月16日には熊本県で、現在の震度階級では最高の震度7が48回も継続していました。東日本大震災での被災者は、本年3月現在で死亡者が1万5,897人、行方不明者が2,533人という大惨事になりました。この地方では、いつ起きてもおかしくないと想定される南海トラフ巨大地震です。

亀山市議会 2019-12-09 令和元年12月定例会(第2日12月 9日)

東日本大震災の藤沼池ですか。ここでは、これが決壊をして多くの方が亡くなっていますし、昨年の7月の広島、岡山でも死者が出ております。本当にけたたましい土砂が流れて民家を襲い、人命を奪った、非常に悲惨な地獄のような風景でした。29年より始めたこのため池に対する防災事業、13カ所を指定したんですね。今のところ、その13カ所のうち堤体の耐震とか、あるいは整備が完了した事業があるんですか。

志摩市議会 2019-12-09 令和元年第3回定例会(第3号12月 9日)

場所をそこに移して、いわば地震津波等の、その当時はまだ東日本大震災の前ではありましたですけども、そういった将来の災害を見通した中で、一番高いところに子供たちが長く過ごす小学校を移転しようという、それはやっぱり地域の若い世代についての今後、将来のことを考えたゆえの結論だというふうに思っておりまして、そういった経緯、経過を踏まえると、浜島町の皆さんにとってはそういった高台へ、より安全施設をつくるということは

志摩市議会 2019-12-06 令和元年第3回定例会(第2号12月 6日)

また、令和元年11月24日、磯部生涯学習センターにおきまして、東日本大震災の教訓に学ぶをテーマに震災時に消防団として、遺体安置所の設置やヘリコプター対応などの救助活動を行った芳賀潤さんの講演がありました。その中でも、復興のための用地利用時に、所有者調査をしたところ、相続登記がなされていない土地が多くあり、大変御苦労なさったとい話もございました。