3744件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鈴鹿市議会 2020-01-08 令和 2年広報広聴会議( 1月 8日)

山口副議長  これに関しては日本共産党,それから鈴和にもちょっと御意見を聞きたいと思います。 ○石田議員  条例そのものの内容についてはいいと思うんですけども,条例の趣旨とか精神に沿った運営の仕方というのは,いつも各派代表者会議でも議会運営委員会でもその都度その都度,必要なことを議論して変えるべきところは変えているということですから,それでいいと思います。  

桑名市議会 2019-12-24 令和元年第4回定例会(第6号) 本文 開催日:2019-12-24

日本共産党、多屋真美です。  会派代表しまして、今議会に上程されました議案のうち、7議案に対して反対の立場で討論を行います。  今回の大きな問題点は、2020年4月から導入されます会計年度任用職員制度です。会計年度任用職員制度は非正規職員の待遇を改善するものとされていますが、この制度自体に非正規雇用を固定化するという問題があることをまず指摘します。  第1に、雇用形態についてです。

鈴鹿市議会 2019-12-20 令和元年12月定例議会(第7日12月20日)

〔19番 高橋さつき君登壇〕 ○19番(高橋さつき君) 議席番号19番,日本共産党,高橋さつきです。  日本共産党鈴鹿市議団を代表しまして,本定例議会に提案されました諸議案への態度を表明いたします。  反対する議案は,議案第93号 令和元年度鈴鹿市一般会計補正予算(第4号)です。その他の議案には賛成いたします。  

亀山市議会 2019-12-20 令和元年12月定例会(第5日12月20日)

○9番(福沢美由紀君)(登壇)  日本共産党代表して、議案第90号亀山市国民健康保険条例の一部改正について、及び議案第96号から第116号までの指定管理者の指定についての22議案に反対の立場で討論します。  まず、議案第90号亀山市国民健康保険条例の一部改正です。  この改正は国民健康保険税の基礎課税額の課税限度額を58万円から61万円に引き上げるものです。

いなべ市議会 2019-12-20 令和元年第4回定例会(第5日12月20日)

○13番(衣笠民子君)  13番議員日本共産党の衣笠民子です。  議案第21号、いなべ市職員給与に関する条例等の一部を改正する条例修正案に対して、賛成の立場で討論します。  議案第21号、いなべ市職員給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定は、人事院勧告に基づく市職員給与改定とともに、議員報酬の期末手当特別職の期末手当も引き上げようとするものです。

伊賀市議会 2019-12-18 令和元年教育民生常任委員会(12月18日)

多分子供さんが今どんなことをして、どういう状況に今子供たちはゲーム日本中、世界中とつながるんですね。その中でいっぱい被害にあってるっていう子供、自分が体験しないとこれわからないです。私も知らなかったんです、こんなことは。本当に今、でもSNSで子供だけじゃなくて今はもう本当に被害いろんな詐欺被害も今全部SNSに変わってきてますから、子供たちがまたこれに被害にあうようになってきますよね。

伊賀市議会 2019-12-17 令和元年総務常任委員会(12月17日)

○委員(生中正嗣君)  私、9月議会に申し上げて名前を変えていただいたら賛成しようかなと思ったんですけれども、全く先ほど申し上げたように、日本語が英語になったようなミュージアムになったということから、ほとんど変更がない中で我々市民に説明責任がある。これどうやって生中、反対が賛成したんやって、何の説明もできない。

鈴鹿市議会 2019-12-12 令和元年総務委員会(12月12日)

そうすると,この文言からいくと「超高齢社会日本において」というのは非常によくわかるんですが,「少子」が入ると,ちょっとその辺のところの文言があるのかどうか,その点だけちょっと気づいたんですけど。 ○宮本議員  御指摘ありがとうございます。この請願趣旨の中にはかなり請願者の思いの部分が強く入っていて,そこら辺までなかなか検証できなかったのかなと。おっしゃるとおりでございます。

桑名市議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2019-12-12

以前外国に住んでいらっしゃる方が日本にいらしたときに、桑名を引っ張ろうとしてもなかなか見つからなかったということで、ちょっとそれに関してはよくわからなかったんですけれども、英語対応のところでちょっと調べて見ていたんですけど、下に線が引っ張ってある記事のようなところに関しては全部英語になるんですけれども、例えばPRビデオのところは、これがPRビデオです、ごらんくださいみたいなことが書いてあるんですけど

伊賀市議会 2019-12-11 令和元年第 6回定例会(第4日12月11日)

まず、外国から日本に来た場合、初めて来たときには、日本語はもちろん学校の習慣もなじめませんので、伊賀市では初期適応指導教室通称チャレンジ教室上野小学校教室の一部に設置をしてございます。初期の日本語指導、そして学校への適応を中心に最長で50日程度、集中的にそこで勉強をするということになっております。それから、その後、各学校へ戻って学校で勉強するということになります。  

亀山市議会 2019-12-11 令和元年12月定例会(第4日12月11日)

○9番(福沢美由紀君)(登壇)  WHOは41以上でつけなさいと、日本の場合は70を超えないと補助が出ないという状況を示しているように、やはり補聴器の装着率というんですかね、所有率が欧米の半分以下の割合だということなんですね。全体の難聴の方の本当に少ない割合でしか、日本は14.4%と聞いていますけれども、少ししかつけていない。  

伊賀市議会 2019-12-10 令和元年第 6回定例会(第3日12月10日)

伊賀上野NINJAフェスタなどの従来からの取り組みに加えまして、広く強く忍者イコール伊賀市の発信を行ってきました結果、日本忍者協議会の設立ですとか、三重大学によります忍者学の取り組み、あるいは三重大学国際忍者研究センターの開設、また甲賀市とともに認定をいただきました日本遺産などの大きなうねりになってきたのでないかと思っているところであります。  

桑名市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-12-10

これまで日本土地制度は、地価が上がっていく土地神話に支えられ、資産価値を失わない前提でつくられています。よって、捨てることは想定されておらず、相続放棄をしてもそのまま国や自治体が引き取ってくれるわけでもありません。処分に困る土地がふえていることは、土地制度そのものが曲がり角に来ていることを意味していると思います。  

伊賀市議会 2019-12-09 令和元年第 6回定例会(第2日12月 9日)

○市長(岡本 栄君)  たびたび申し上げますように、私が何というふうに自分を表現しようが、日本文化の中でありますので、御そんたくを賜ればいいと思いますし、大事なことは、じゃあおまえ7年間何をやってきたのよ、その成果はどうなのよということを御評価いただくということしかないというふうに思いますし、私は、随分と着任してからいろんなことを改善もし、そして安心・安全の面でも尽くしてきたというふうには思っております

鈴鹿市議会 2019-12-09 令和元年12月定例議会(第6日12月 9日)

日本は,無電柱化については後進国であり,諸外国と比較すると,無電柱化率は極めて低いようであります。無電柱化は災害対策だけでなく,まちの景観が向上することや,歩道の有効幅員が広がるなどメリットは大きいと思います。しかし,ネックとなるのが工事にかかわるコストが高いということであります。  そこで,ハード対策として,無電柱化について,本市の現状と今後の取り組みについてお答えください。

亀山市議会 2019-12-09 令和元年12月定例会(第2日12月 9日)

○9番(福沢美由紀君)(登壇)  日本共産党の福沢美由紀でございます。  通告に従い質疑をさせていただきます。  まず第1点目、議案第90号亀山市国民健康保険条例の一部改正について、この改正について内容をまずお伺いしたいと思います。 ○議長(小坂直親君)  9番 福沢美由紀議員の質疑に対する答弁を求めます。  佐久間生活文化部長