91件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊賀市議会 2020-03-25 令和 2年第 1回定例会(第7日 3月25日)

公益財団法人伊賀文化都市協会は、伊賀文化振興ビジョンの理念、基本方針を踏まえ、文化ホールを拠点にすぐれた文化芸術鑑賞機会の提供、人材の育成、文化芸術活動への支援を初め多様な文化まちづくり事業を実施するとともに、伊賀地域内の関係機関団体との連携地域市民との協働を一層推進しながら、文化財施設等を活用した各種事業の展開により、地域における広範な文化的資源や営みとの連携融合等による事業を展開し

伊賀市議会 2020-03-16 令和 2年総務常任委員会( 3月16日)

去る1月22日に開催されました指定管理者選定委員会においても、市の文化振興中心となって、総合的に取り組む団体として、伊賀文化振興ビジョンに位置づけられている公益財団法人伊賀文化都市協会指定管理者とすることは、市の文化施策の指針に合致していることから、適性であるとの御審査をいただきました。  

伊賀市議会 2019-12-25 令和元年第 6回定例会(第5日12月25日)

構成としては文化振興ビジョンにかかわっていただいた方や福祉、商工、観光などさまざまな分野の方に参加いただきたいと考えているとの答弁がありました。  また、委員からは、市立美術館計画を今後、策定するのか、それとも第10条の文化芸術振興計画の中に織り込むのかとの質疑があり、当局からは、伊賀文化振興審議会で議題となれば、そこで協議いただくことになるとの答弁がございました。

伊賀市議会 2019-12-02 令和元年第 6回定例会(第1日12月 2日)

また、6月議会定例会で議決いただいた伊賀文化振興ビジョンに基づき、文化芸術に関する施策を総合的かつ計画的に推進することを目的とした伊賀文化振興条例及び市民文化芸術に親しむことのできる美術作品等専門的展示施設として伊賀ミュージアム青山讃頒舎設置しようとする条例の2議案を今議会定例会に提出させていただきました。  

伊賀市議会 2019-09-30 令和元年第 5回定例会(第5日 9月30日)

また、文化振興経費青山讃頌舎美術館開館準備経費に関しましては、当局からの説明では、文化振興ビジョンに基づいて美術館設置すると言われていますが、文化振興ビジョン検討委員会の中で明記されているビジョン推進に向けてでは、伊賀文化振興条例を制定し、伊賀文化振興審議会設置して具体的に取り組むための伊賀文化振興プラン策定が必要と明記されています。

伊賀市議会 2019-09-24 令和元年総務常任委員会( 9月24日)

こうした御意見も踏まえ、今年度6月には伊賀文化振興ビジョン策定いたしました。このビジョンの中では、誰もが文化芸術に触れ合える機会を創出すること、子供たち文化芸術を体感できる機会を拡充すること、歴史と風土が育んだ文化芸術を継承し新たな文化芸術を創出すること、施設整備有効活用による文化芸術環境を整えることなど七つの基本方針を定めています。

伊賀市議会 2019-09-19 令和元年予算常任委員会( 9月19日)

文化交流課長垣内有美子君)  この美術館ですね、経緯としましては、2016年にこの財団さんのほうで私設の美術館として開館されていて、穐月さんが2017年に亡くなられてから、平成30年にこちら寄附をいただいて、その後、寄附をいただいてから後、平成29年に同じ年に国の文化基本法のほうも制定されまして、29年からことしの5月までに、文化振興ビジョン策定委員会というのを開いていただいて、5月に答申をいただき

伊賀市議会 2019-09-09 令和元年第 5回定例会(第2日 9月 9日)

伊賀市の持つ文化的なポテンシャルを考えますときに、市民が身近なところで芸術作品を鑑賞でき、親しむことができる美術館整備は必要であるということで、伊賀文化振興ビジョンにも美術館整備が位置づけられているところでございます。  また、同ビジョンでは、年齢や経済、社会的状況にかかわらず、全ての人が文化芸術に触れる権利を有することをうたっております。

伊賀市議会 2019-09-02 令和元年第 5回定例会(第1日 9月 2日)

文化芸術分野ですが、さきの議会で議決をいただいた文化振興ビジョンに基づき、日本画家の故穐月 明氏の御遺族から寄附を受けた資産の有効活用を図り、市民が広く美術芸術に触れることができる場として、伊賀市で初めての市立美術館となる、伊賀青山讃頌舎美術館の来年4月開館に向け、設置条例並びに必要費用に係る補正予算を今定例会に提出したところです。  

伊賀市議会 2019-06-28 令和元年第 3回定例会(第6日 6月28日)

               正について         議案第71号 伊賀市ゆめぽりすセンター設置及び管理に関する条例                の一部改正について         議案第72号 伊賀体育施設条例の一部改正について         議案第74号 伊賀火葬場設置条例の一部改正について         議案第87号 新市建設計画変更について         議案第88号 伊賀文化振興

伊賀市議会 2019-06-24 令和元年総務常任委員会( 6月24日)

ゆめぽりすセンター設置及び管理に関する条                 例の一部改正について        5.議案第72号 伊賀体育施設条例の一部改正について        6.議案第73号 伊賀駐車場条例の一部改正について        7.議案第74号 伊賀火葬場設置条例の一部改正について        8.議案第87号 新市建設計画変更について        9.議案第88号 伊賀文化振興

鈴鹿市議会 2019-05-23 令和元年文教環境委員会( 5月23日)

次に,音楽街事業費でございますが,本事業は,第2次鈴鹿文化振興ビジョンに掲げる重点施策音楽まち」に沿った2つの事業でございます。  1つ目は,鈴鹿街音楽祭開催でございます。本年で8回目を迎える鈴鹿街音楽祭は,鈴鹿市を中心に活動する音楽団体や個人が集まり,さまざまなジャンルの音楽を演奏する鈴鹿市独自の大変ユニークな企画となっております。  

四日市市議会 2018-11-07 平成30年11月定例月議会(第7日) 本文

これに対して、委員からは、市の考える施設活用方向性指定管理者からの提案を踏まえた上で、どういったところに市民ニーズがあるのか等について検討していくべきであり、指定管理者に全て任せ切りの運営になってはいけないと考えるがどうかとの質疑があり、理事者からは、現在、策定作業中の四日市総合計画四日市文化振興ビジョンなどの方針を確認し、指定管理者にも伝えた上で指定管理による運営を行っていきたいとの答弁

伊賀市議会 2018-09-19 平成30年予算常任委員会( 9月19日)

第7目文化振興経費では、目全体で206万9,000円を増額していますが、文化振興経費文化振興一般経費では、本年5月に設置いたしました伊賀文化振興ビジョン検討委員会委員報酬28万8,000円を計上するほか、文化庁の伝統文化親子教室事業委託金を財源に、上野天神祭おはやし体験を実施するため伝統文化親子教室事業委託料44万5,000円などを計上しています。