69件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鈴鹿市議会 2019-06-01 令和元年6月定例議会議案質疑一覧

無  所  属 1 議案第50号 令和元年度鈴鹿市一般会計補正予算(第2号)  (1) 歳入(P.11)第19款 繰入金 第1項 繰入金 第1目 一般繰入金 財政調整基金繰入金 8億3千万円について   ① 年度末の残高の予想について  (2) 歳出(P.21)第10款 教育費 第1項 教育総務費 第3目 教育振興費 教育情報化推進費

志摩市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第2号 2月28日)

(2)事務局学事一般経費では教育ネットワーク保守教育情報システムサーバー機器の更新などの経費として、2,736万3,000円を計上しております。(3)スクールバス運行管理事業では、閉校となった校区からの通学者のためのスクールバスの運行経費として、8,095万9,000円計上いたしました。

伊勢市議会 2018-03-05 伊勢市 平成30年  3月 定例会-03月05日−02号

まずは、大項目1の教育情報推進とICTについてであります。その中の(1)ICT機器の充実についてですが、今回、平成30年度でタブレット型PC、この機器の整備を行うということでありますけれども、このタブレットパソコンの現在の配置状況はどのようになっているのかちょっとお聞かせをいただきたいというふうに思います。 ○議長(西山則夫君) 学校教育部長

松阪市議会 2017-06-16 松阪市 平成29年  5月 定例会(第2回)-06月16日−06号

初めに、議案第56号平成29年度松阪市一般会計補正予算第1号のうち歳入、歳出第6款農林水産業費、同第7款商工費、同第10款教育費についてでありますが、教育費に関しまして、「次世代教育情報推進事業費100万円について、飯高中学校が入っていない理由は」との質疑に対し、「ICT機器を導入している三雲中学校、殿町中学校、飯高中学校がその候補となる。

松阪市議会 2017-06-12 松阪市 平成29年  6月 文教経済委員会-06月12日−01号

第1項教育総務費第3目教育指導費の説明欄1次世代教育情報推進事業費100万円の追加は、文部科学省からの委託による新規事業で、三雲中学校、殿町中学校においてタブレット端末を活用した教育情報化を実践していくため、教員のICT活用指導力の向上や主体的で協働的な学び研究、また、次期学習指導要領を見通した授業づくりの研究を進めるものでございます。  

松阪市議会 2017-05-31 松阪市 平成29年  5月 定例会(第2回)-05月31日−02号

2点目は、中田教育長の新体制となりました教育費関係の案件としまして、次世代教育情報推進事業費について質問させていただきたいと思っております。  まず1点目でございます。平成30年4月開所予定でございました私立保育園整備が中止となったということでございますけれども、保育園のニーズ、待機児童問題は全国的にも、この松阪においても当然大きな課題となる中での中止ということは、実に残念でございます。

松阪市議会 2017-05-25 松阪市 平成29年  5月 定例会(第2回)-05月25日−01号

第1項教育総務費、第3目教育指導費の1、次世代教育情報推進事業費100万円の追加は、文部科学省からの委託による新規事業で、三雲中学校、殿町中学校において、タブレット端末を活用した教育情報化を実践していくため、教員のICT活用指導力の向上や主体的で協働的な学び研究、また次期学習指導要領を見通した授業づくりの研究を進めるものでございます。  24ページ、25ページをお願いします。

桑名市議会 2017-03-21 平成29年予算特別委員会 本文 開催日:2017-03-21

また、教育情報化事業費について、プログラミン教育の必修化に向けたパソコンの整備状況を問う質問があり、平成32年度に小学校の新学習指導要領が全面実施となるため、平成31年度には小学校のパソコンの入れかえを完了させたい。また、同年度よりプログラミン教育に係る事前研究についても始めていきたいと考えているとの説明がありました。  

志摩市議会 2016-09-21 平成28年予算・決算特別委員会( 9月21日)

教育情報化関連経費ということで、第2期教育振興基本計画で示された概要としては把握をしております。それ以上のものではございません。 ○委員長(西﨑甚吾) 金子委員。 ○委員(金子研世) 国のほうは、この教育振興基本計画において、こうやりなさいというふうに目標を設定しております。そして、設定するだけではなく、予算のほうも4年間で6,712億円という巨額のお金を地方財政措置をされております。

鈴鹿市議会 2015-12-04 平成27年12月定例会(第3日12月 4日)

モデル校以外の学校のICT機器の整備状況といたしましては,学校教育情報推進事業により,モデル校2校を除く小学校28校にそれぞれタブレット型パソコンを20台と電子黒板機能つきプロジェクター1台を,中学校についてもモデル校1校を除く9校にそれぞれノート型パソコンを40台整備し,情報活用能力育成のための環境づくりを進めております。  以上でございます。

鈴鹿市議会 2015-09-17 平成27年文教環境委員会( 9月17日)

今後,教育情報化に向けては学校全体の情報化の方向性を示す基本方針を踏まえて,情報化の達成目標と時期,施策,工程等を定める情報化計画を策定し,その計画に基づいて教育用,校務用,それぞれの情報化の推進を図ってまいりたいと考えております。そのため,市議会から御提言にもありましたように教育現場でのICT化を総合的かつ効果的,効率的に推進するための専門部署の設置について検討してまいりたいと考えております。

鈴鹿市議会 2015-08-31 平成27年 9月定例会(第1日 8月31日)

272ページからの第2目教育振興費は,義務教育教材費や就学援助費,学校教育情報化推進費のほか,学びサポート環境づくり事業費などでございます。  274ページ,第3目学校建設費は,稲生小学校校舎に関する整備,栄小学校屋内運動場・プールに関する整備,国府,郡山及び長太小学校のつり天井改修などでございます。  276ページ,第3項中学校費でございます。

伊勢市議会 2015-06-29 伊勢市 平成27年  6月 定例会-06月29日−02号

また、今年度は教職経験のあるICTアドバイザー1名を新たに配置し、啓発講座、研修会の充実のほか、教職員児童生徒を指導するための情報モラル教育ガイドブックの作成など、これまで以上にネット上の安全教育情報モラル教育の充実に取り組んでまいりたいと考えております。  ネット上のトラブルによるいじめ案件は、昨年度、市内の中学校で3件ありました。

鈴鹿市議会 2015-06-19 平成27年文教環境委員会( 6月19日)

進捗状況でございますが,教育現場でのICT化を総合的かつ効果的,効率的に推進するための専門部署の設置について御提言をいただいておりますが,現在の進捗状況でございますが,教育委員会事務局といたしましても,昨年度から市政情報課及び情報統括補佐官――いわゆるCIO補佐官でございますが――とも協議する中で,現在の学校使用しているICT関連機器の使用,設置状況を全て把握するところから始めなければならないことや,教育情報化計画

鈴鹿市議会 2015-05-21 平成27年文教環境委員会( 5月21日)

次に,教育情報化推進費2,875万8,000円は,中学校職員使用する校務用パソコン188台を配備する経費と,学校ネットワーク保守管理,学校図書館及び学校ホームページ用パソコンの賃借に係る経費を計上しております。  一番下の外国人児童生徒サポート事業費5,011万6,000円は,外国人児童生徒への適応指導日本語指導学習支援,就学支援等に係る経費を計上しております。  

鈴鹿市議会 2015-03-19 平成27年予算決算委員会( 3月19日)

小学校費,及び,中学校費の教育振興費における学校教育情報化推進費について,今後,小中学校においてどのようにlCT機材を活用していくのか,その方法について等。  教育総務費の教育振興費における学校教育情報化推進費について,その内容や校務支援システムの導入への考え等について。また,学校図書館児童生徒が使うパソコンの充実という点が記述されていないが,どのような理由でその部分が外されているのか等。  

鈴鹿市議会 2015-03-10 平成27年予算決算委員会文教環境分科会( 3月10日)

8ページのほうは一番上の教育情報化推進費2千万,9ページのほうは下から六つ目ぐらいですかね,教育総務費の中の教育情報化推進費の875万8,000円と,これは校務用パソコンの整備に係る費用や回線使用料というふうなんですけども,少し詳しく教えてもらえますでしょうか。 ○中西委員長  教育総務課長。 ○前田教育総務課長  教育総務課所管分の教育情報化推進費は校務用パソコンのことでございます。

鈴鹿市議会 2015-03-03 平成27年 3月定例会(第3日 3月 3日)

なお,モデル校以外の整備状況ですが,学校教育情報推進事業により,小学校28校にそれぞれタブレット型パソコンを20台,電子黒板機能付プロジェクターを1台,中学校9校にノート型パソコンを40台整備し,情報活用能力育成のための環境づくりを進めております。  続きまして,モデル校における具体的な取り組み内容を説明申し上げます。