6778件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊賀市議会 2021-03-10 令和 3年第 1回定例会(第5日 3月10日)

産業振興部商工労働課長    前 川 博 善 君   建設部長           山 本   昇 君   消防長            吉 川   泉 君   市民病院院長[事務部門]   松 田 克 彦 君   会計管理者          瀧 川 司 篤 君   上下水道事業管理者職務代理者   (兼上下水道部長)      高 木 忠 幸 君   教育長            谷 口 修 一 君   教育委員事務局長

伊賀市議会 2021-02-25 令和 3年教育民生常任委員会( 2月25日)

赤堀久実、川上善幸北森徹西口和成桃井弘子、生中正嗣、百上真奈、北出忠良 4.欠席者 なし 5.委員外議員 なし 6.理事者 山本総務部長藤山総務部次長(兼公民連携推進監兼行財政改革推進課長)、石田総務部法務総括監百田財務部長田中健康福祉部長中出健康福祉部次長医療福祉政策、障がい福祉、子育て、保険年金担当)、横尾健康福祉部次長生活支援介護高齢地域包括健康推進担当)、谷口教育長、中林教育委員事務局長

伊賀市議会 2021-02-22 令和 3年第 1回定例会(第4日 2月22日)

人権生活環境部長       田 中 克 典 君   健康福祉部長         田 中   満 君   産業振興部長         東   弘 久 君   建設部長           山 本   昇 君   市民病院院長事務部門)  松 田 克 彦 君   上下水道事業管理者職務代理者   (兼上下水道部長)      高 木 忠 幸 君   教育長            谷 口 修 一 君   教育委員事務局長

伊賀市議会 2021-02-18 令和 3年第 1回定例会(第2日 2月18日)

人権生活環境部長       田 中 克 典 君   健康福祉部長         田 中   満 君   産業振興部長         東   弘 久 君   建設部長           山 本   昇 君   市民病院院長[事務部門]   松 田 克 彦 君   上下水道事業管理者職務代理者   (兼上下水道部長)      高 木 忠 幸 君   教育長            谷 口 修 一 君   教育委員事務局長

亀山市議会 2021-02-15 令和 3年第1回臨時会(第1日 2月15日)

  4 議案第1号 令和2年度亀山一般会計補正予算(第11号)について 第  5 議案第2号 亀山監査委員選任同意について 第  6 議案第3号 亀山監査委員選任同意について 第  7 議案第4号 亀山公平委員会委員選任同意について 第  8 議案第5号 亀山公平委員会委員選任同意について 第  9 議案第6号 亀山公平委員会委員選任同意について 第 10 議案第7号 亀山教育委員委員

伊賀市議会 2021-02-10 令和 3年第 1回定例会(第1日 2月10日)

          滝 川 博 美 君   伊賀支所長          前 澤 和 也 君   阿山支所長          川 瀬 正 司 君   大山田支所長         狩 野 守 正 君   青山支所長          澤 田 之 伸 君   上下水道事業管理者職務代理者   (兼上下水道部長)      高 木 忠 幸 君   教育長            谷 口 修 一 君   教育委員事務局長

鈴鹿市議会 2021-01-22 令和 3年文教環境委員会( 1月22日)

        亀井 正俊         教育委員事務局参事          木村 元彦         教育委員事務局参事教育政策課長   竹下 直哉         教育指導課長              堀之内宏行         鈴峰中学校長              米川 寿美         深伊沢小学校長             佐藤  麗 6 事務局   書  記  山本 

伊賀市議会 2020-12-24 令和 2年第 6回定例会(第5日12月24日)

人権生活環境部長       田 中 克 典 君   健康福祉部長         田 中   満 君   産業振興部長         東   弘 久 君   消防長            吉 川   泉 君   市民病院院長[事務部門]   松 田 克 彦 君   上下水道事業管理者職務代理者   (兼上下水道部長)      高 木 忠 幸 君   教育長            谷 口 修 一 君   教育委員事務局長

津市議会 2020-12-23 12月23日-05号

---------             議事日程第5号第1 川口和雄議員緊急質問の件第2 承認第7号及び議案第97号から第118号まで-各常任委員長報告質疑討論表決第3 市長提出議案上程-提案説明質疑委員会付託討論表決    議案第128号 令和2年度津市一般会計補正予算(第11号)第4 市長提出議案上程-提案説明質疑委員会付託討論表決    議案第119号 津市教育委員委員

伊勢市議会 2020-12-23 12月23日-07号

この定例会一般質問でも、教育で苦しむ方の相談教育委員で、障がいを持つ方は障害サポートセンターが3か所ある、高齢者相談は6か所に配置された包括支援センターとの答弁であったと思います。今まで伊勢市になかったものであれば仕方がないと思いますが、あるのであれば、相談を受け、割り振ることだけになってしまわないか危惧するところであるし、そんなに簡単に済む問題ではないと考えております。

志摩市議会 2020-12-22 令和 2年予算決算常任委員会(12月22日)

委員長金子研世) 教育委員事務局調整監兼学校教育課長。 ○教育委員事務局調整監兼学校教育課長澤田真仁) 整備の途中でして、本日、最終の納品の予定となっております。以上です。 ○委員長金子研世) 大西委員。 ○委員大西美幸) それでは、整備された学校数、それから、まだこれからというところの数字、分けてお願いできますか。 ○委員長金子研世) 大西委員

菰野町議会 2020-12-22 令和 2年第4回定例会(第6日目12月22日)

それから、教育委員の中でもスタッフを強化して、ICT教育を県へ要請するという報告もいただきました。  Wi−Fi環境を整えるということは、確認しております。  以上です。 ○議長中山文夫君) 伊藤 敦議員。 ○9番(伊藤 敦君) すみません、質問に対する答えになっていないんですけど。再度、答弁お願いします。 ○議長中山文夫君) 伊藤 敦議員

桑名市議会 2020-12-21 令和2年教育福祉常任委員会 本文 開催日:2020-12-21

なお、議案第112号 令和2年度桑名一般会計補正予算(第11号)第1条 歳入歳出予算所管部門は、当委員会におきまして、教育委員及び保健福祉部子ども未来局所管部門が含まれておりますので、討論、採決は、保健福祉部子ども未来局所管部門説明及び質疑終了後に行います。  それでは、お手元に配付の日程案のとおり進めたいと思います。    

亀山市議会 2020-12-21 令和 2年12月定例会(第5日12月21日)

豊 田 達 也 君  会計管理者           米 津 ひろみ 君  消防長             平 松 敏 幸 君  消防部長            豊 田 邦 敏 君  消防署長            原   博 幸 君  地域医療統括官         上 田 寿 男 君  教育長             服 部   裕 君  教育部長            亀 山   隆 君  教育委員事務局参事

桑名市議会 2020-12-18 令和2年第4回定例会(第6号) 本文 開催日:2020-12-18

さきの議員にも御答弁申し上げましたとおり、平成29年4月に教育委員外部諮問機関として設置した桑名学校教育あり方検討委員会から、小・中一貫教育を推進する施設形態としては、各中学校区を基本として、施設体型小・中一貫校の設置が望まれるとの答申をいただいております。  

いなべ市議会 2020-12-18 令和 2年第4回定例会(第5日12月18日)

議案第54号 いなべ観光用駐車場指定管理者指定について 日程第 8 議案第55号 令和2年度いなべ市一般会計補正予算(第5号) 日程第 9 議案第56号 令和2年度いなべ介護保険特別会計補正予算(第3号) 日程第10 議案第57号 令和2年度いなべ水道事業会計補正予算(第2号) 日程第11 議案第58号 令和2年度いなべ市下水道事業会計補正予算(第1号) 日程第12 同意第 5号 いなべ教育委員

松阪市議会 2020-12-18 12月18日-06号

日程第4 議案第162号 教育委員委員任命について ○議長西村友志君) 日程第4 議案第162号教育委員委員任命についてを議題といたします。 提案理由説明を求めます。     〔市長 竹上真人君登壇〕 ◎市長(竹上真人君) ただいま上程されました議案第162号教育委員委員任命について、提案理由説明させていただきます。 議案書の3ページをお願いいたします。 

桑名市議会 2020-12-17 令和2年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2020-12-17

漁業現場での体験を通じて、環境保全の大切さ、水産資源を守ることの難しさなどを一人でも多くの子供たちに学んでいただけるよう、教育委員と連携して事業に取り組んでおります。  今後とも漁協の御意見をお聞きしながら、三重県をはじめ各関係機関と連携しつつ、赤須賀の漁業など、市内の水産業を次世代に引き継いでいけるよう注力してまいります。