4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

亀山市議会 2011-03-14 平成23年 3月定例会(第5日 3月14日)

教員免許更新、これが一番注目の的だったんじゃないか、当時の安倍総理のときの公布なんですが、物事の例えがまずいですが、さびたものでは素直に切れませんわね、さびついたら終わりです。民間でいいますと、この時期、国の資格制度というのが当然幾つかあるんですが、資格を持っていないと、特に男性についてはなかなか就職にありつけないと。ある部分、国家試験の、入社はしたけども、資格を持っていると。

桑名市議会 2010-06-17 平成22年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2010-06-17

12番目に、岡崎市で、教員免許更新で独自の無料講習が実施されると報道されましたが、何よりも即時更新制廃止を要望されるべきであると考えますし、そのような予算があるのであれば、教員版政務調査費として自由にお使いいただいたほうがよいのであります。  13番目に、車内に残された子供が、火事、熱中症等で亡くなる事故が後を断ちませんが、私も時々放置された子供を見かけます。

志摩市議会 2007-12-10 平成19年第4回定例会(第2号12月10日)

教育長(前田藤彦) 教員免許更新の講習内容につきましてお答えいたします。  教員免許状は、これまで特別の事情がない限り終身有効とされてきましたが、その時々で教員として必要な資質能力が保持されるよう定期的に最新の知識技能の習得を図る制度として、平成21年度から教員免許更新制度が導入されることになりました。

志摩市議会 2007-06-12 平成19年第2回定例会(第3号 6月12日)

2006年7月11日中央教育審議会が導入を提言した教員免許更新について伺います。教員免許に10年の有効期限をつける、最終答申案が言われておりますが、この問題に対する教育長の所見を伺います。また、この問題とも多少の関連は生じますが、文部科学省の調査で指導力不足と認定された教員が問題になっておりますが、この実態が正確に把握されておらないとの指摘もあり、今後の展開が注目をされます。

  • 1