1849件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桑名市議会 2019-09-17 令和元年決算特別委員会総務安全分科会 本文 開催日:2019-09-17

次に、一般管理費3,105万6,403円につきましては、消防本部桑名市消防署、西分署、大山田分署職員の貸与被服費650万8,309円、次の消防関係経費であります消防業務関係の物品購入や消防資機材の点検料等の経費420万3,495円、次の救助業務関係の各種経費であります救助関係経費78万6,634円、救急業務関係の医療材料を初めとした物品購入費等の業務経費であります救急関係経費481万3,885円、

桑名市議会 2019-09-17 令和元年決算特別委員会総務安全分科会 名簿 開催日:2019-09-17

                   棚 田 徳 博  中央図書館長兼                        会計管理者兼  ふるさと多度文学館長兼         永 冨 庸 子    会計管理室長                    柴 田 真由美  長島輪中図書館長                                 消防次長兼  消  防  長             杉 山 伸 司    消防本部消防救急課長

桑名市議会 2019-09-17 令和元年総務安全常任委員会 名簿 開催日:2019-09-17

諏訪 輝富    委  員   渡辺 仁美     委  員   仮屋 武人    委  員   満仲 正次     委  員   畑  紀子    委  員   倉田 明子     委  員   南澤 幸美    委  員   伊藤 研司 4.欠席委員(なし) 5.説 明 員                         消防次長兼  消  防  長     杉 山 伸 司    消防本部消防救急課長

桑名市議会 2019-09-17 令和元年決算特別委員会教育福祉分科会 本文 開催日:2019-09-17

備考欄の大項目、上から二つ目の救急医療対策事業費5,084万3,269円のうち救急医療対策事業費4,209万5,269円につきましては、桑名医師会への一次救急医療体制運営委託料、市内四つの二次救急病院への輪番制病院運営費補助金、AED借り上げに要した経費などでございます。  次の小児救急医療対策事業費874万8,000円につきましては、小児救急への応援体制のための経費でございます。  

伊賀市議会 2019-09-11 令和元年第 5回定例会(第4日 9月11日)

私が聴覚障がい者の方に困っていることを尋ねたところ、電話をかけることができないので、救急車や消防車を呼ぶことができないので不安だという答えが返ってきました。伊賀市では、そうしたことに対して、どんな対策をとっているのか、お聞かせください。  あとは自分の席で質問させていただきます。どうぞよろしくお願いします。 ○議長(中谷一彦君)  消防長。               

桑名市議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-09-11

救急の受け入れ体制の強化につきましては、新病院では救急部に救急専門医を配置し、各診療科と密接に連携をしながら救急医療を提供しています。平成29年度、旧3病院での月平均救急車受け入れ件数は287件でしたけれども、新病院となった平成30年度では月平均349件と増加をしております。  心臓血管外科手術につきましては平成30年5月から開始をいたしました。

伊賀市議会 2019-09-10 令和元年第 5回定例会(第3日 9月10日)

それについては、やっぱり当然救急搬送とか火事の消火、その辺の到着時間のこともありますので、その辺をしっかりした上でやっぱり説明しやなあかんので、少し時間がかかってるものだと私は思ってます。 ○議長(中谷一彦君)  森川議員。 ○14番(森川 徹君)  これ、いろんな部局が集まってこの会議をされてると思うんですよ。

桑名市議会 2019-06-25 令和元年総務安全常任委員会 名簿 開催日:2019-06-25

                   棚 田 徳 博  中央図書館長兼                        会計管理者兼  ふるさと多度文学館長兼         永 冨 庸 子    会計管理室長                    柴 田 真由美  長島輪中図書館長                                 消防次長兼  消  防  長             杉 山 伸 司    消防本部消防救急課長

桑名市議会 2019-06-20 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-06-20

市内の小学校でも、先月熱中症の疑いで児童救急搬送されました。たしか気温は25度、26度あたりで、もちろん帽子もかぶらせ、水筒を持たせ、往復1キロ程度の中で、休憩もしてお茶も飲んでいた状態で熱中症で7人救急搬送されました。  かつての当然が正解とは限りません。柔軟な対応が必要です。  そこで、2点お伺いいたします。  

桑名市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2019-06-18

このような状況の中、消防救急活動では地震発生から3日間、72時間を超えると生存率が著しく低下すると言われており、初動体制が重要です。  南海トラフ巨大地震発生時への対応として、とりわけ津波浸水想定区域にある消防庁舎、その体制、あるいは車両、救助資器材などの高台移転などが必要と考えています。これは決して消防本部だけではなく消防団もありますし、市の公用車もそうでしょう。  

伊賀市議会 2019-06-14 令和元年第 3回定例会(第3日 6月14日)

音声による119番通報が困難な聴覚障害者の方や言語機能障害者の方が、先ほどおっしゃいましたようにスマートフォンなどから通報し、ウエブサイトにアクセスして、それからスマートフォンの画面を見て火災、あるいは救急の種別、あるいは自宅にいるか、あるいは外出先でいるか、そういう位置情報を入力すれば、即座に消防本部に通報がつながり、詳細を確認する仕組みになっております。

桑名市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第1号) 本文 開催日:2019-06-13

主な内容といたしましては、二次救急までを地域で完結できる中核病院として、地域医療機関からの紹介患者及び救急搬送患者の積極的な受け入れを継続しながら、効率的な病床運用を実施し、救急車搬送患者受け入れ病床の確保に努めるなど、受け入れ体制の整備を進めるほか、地域医療連携の推進につきましては、医療から介護福祉への切れ目のないサービスを提供できる体制の整備を進め、急性期病院として在宅医療の支援を行うことが

志摩市議会 2019-06-10 令和元年第1回定例会(第2号 6月10日)

○市長(竹内千尋) 坂口議員から自治体病院労働実態アンケートの調査結果に基づいて、志摩市病院労働実態はどうなっているのかということでお尋ねをいただいておりますけれども、医療関連の業務については、事前に想定がしにくい救急の業務でありますとか、あるいは、深夜勤務も含めて、全体的にいうと、やはり、不規則労働環境にはあるということであります。