194件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊賀市議会 2018-09-12 平成30年第 4回定例会(第4日 9月12日)

沢を流れる水なんて、本当にきれいだと思いますし、悪臭もなければ音も静かであったりします。私は、岡本市長が就任されて約5年余り、ずっと当面の市政に対する考え方とか、施政方針演説、予算についての調整方針等々、もう一度、だっとめくり返してみたんですけれども、余り自然環境についてというくだりというのが見受けられなかったんです。

伊賀市議会 2018-09-10 平成30年第 4回定例会(第2日 9月10日)

こういったことから大きな地震にも耐えられるような下水道整備は急務と考えておりまして、このような状況にございます上野市街地での下水道事業の役割は、悪臭や害虫の発生防止及び感染症の発生を予防いたしまして、トイレの水洗化を通じて衛生的で快適な生活環境を確保するだけでなく、雨水を排除し、浸水を防止すること、また現在の老朽管を取りかえまして地震に強い下水道管に取りかえるという役割がございます。  

四日市市議会 2018-08-01 平成30年8月定例月議会(第2日) 本文

議員からもご指摘がございましたけれども、災害廃棄物、とりわけ水害といった場合は、放置しておきますと腐敗や悪臭の発生を招きます。それに加えまして、道路啓開の支障となり、緊急車両の通行の妨げになるなど、市民生活に大変大きな影響を与えてしまう、そういったこととなります。  

伊賀市議会 2018-06-13 平成30年第 3回定例会(第4日 6月13日)

悪臭を規制する法律として悪臭防止法があり、規制地域では悪臭の原因となる物質の空気中の濃度に基準値が定められています。悪臭の苦情の多くは、堆肥を農地へ入れることによりますが、基準値を超えておらず、多い箇所でも1年に数回の作業であるため、作業自体をとめさせることができないのが今の現状でございます。  

伊賀市議会 2018-06-12 平成30年第 3回定例会(第3日 6月12日)

主な機能といたしましては、水質検査や悪臭測定がありますが、検査機器は耐用年数が過ぎており、故障すれば部品がないため修理ができない状況でございます。しかし、これらの検査機器を全て更新するには多額の費用がかかるため、今のままの機能を維持するのは難しくなっているというのが現実でございます。  

伊賀市議会 2018-06-11 平成30年第 3回定例会(第2日 6月11日)

また、例えば、奈良県香芝市では環境配慮型企業定着促進補助金があるのですが、内容は騒音、振動、悪臭を低減、防止するための設備導入、改良、建物改修を行う場合の要した経費の4分の1、上限150万円を市が補助するというものです。  四日市市では中小企業省エネルギー設備更新等事業費補助金があります。内容は照明器具、給油設備、空調設備、ボイラー設備の導入に関し、補助対象経費の4分の1を補助します。

志摩市議会 2018-03-15 平成30年予算決算常任委員会( 3月15日)

お尋ねいただきました臭気測定業務委託料につきましては、これについては、畜産系の悪臭とか、そういうふうなものの苦情が発生したときに、測定をするというようなところで、委託料として置かせていただいております。  平成27年度、平成28年度、平成29年度については、畜産系とかの悪臭の苦情等が入っておらなかったので、執行ということはやらなかったということです。  

いなべ市議会 2018-03-02 平成30年第1回定例会(第2日 3月 2日)

○市長(日沖 靖君)  ①市が再出発と捉える事業の詳細は、②市が再出発に当たりどのような計画を持っているのかでございますけれども、過去からの再出発ということでは、先ほど説明させていただきましたように、梅戸北の圃場整備が完了し、篠立の養鶏場、40年来、悪臭とハエで本当に悩まされたところが、障がい者の就労施設、そして都市との交流の農園に変わります。

伊賀市議会 2017-12-11 平成29年第 6回定例会(第4日12月11日)

それよりも一旦建設残土が持ち込まれて土壌汚染や地下水、農業用水の汚染や悪臭、土砂流出や土砂崩れ、それから自然環境が破壊されたときに、それに対してかかる対策費用、回復費用、莫大なものになりますし、これは違法業者が負担することはないと思いますよ。結局私たち市民の税金が使われることになります。市長に一度お尋ねしたいんですけども、そういったことに対して今の理念条例で本当にいいとお考えですか。

桑名市議会 2017-09-15 平成29年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2017-09-15

家屋に大量のごみをため込むごみ屋敷には、悪臭や害虫の発生などにより生活環境の悪化を招くことが考えられますが、その背景には、その家屋に暮らしている御本人の状態によることが見受けられます。例えば、高齢に伴う体力低下、心身の状況などによる生活意欲低下により、身の回りのことが不十分になることが見受けられます。

伊賀市議会 2017-09-15 平成29年決算常任委員会( 9月15日)

○環境政策課長(水瀧房吾君)  環境センターで今、職員が実際、水質検査とか悪臭検査とかやってるんですけども、その部分については縮小方向ですけど、環境政策課という課としては縮小するというわけではないんです。ですので、その分できっちりと監視、指導をしていきたいと考えてます。 ○委員(田中 覚君)  委員長、終わります。 ○委員長(嶋岡壯吉君)  ほかにございませんか。  西口委員。

いなべ市議会 2017-09-12 平成29年第3回定例会(第4日 9月12日)

次に、⑧担当部で検討されていた高温微生物による分解、再利用のプラント導入について検討したかにつきましては、先ほども答弁しましたように、7月に視察に行き、施設のメンテナンスの問題ではあるんですが、プラント内の個体は電力によってモーターで攪拌(かくはん)し、分解処理するものですが、頭数を入れ過ぎてしまったなど、モーターの故障等で停止があった場合、固体分解の際の脂等がプラント内の部品にこびりつき、相当な悪臭

志摩市議会 2017-09-08 平成29年第3回定例会(第3号 9月 8日)

集積所の違反ごみや不法投棄は景観上見苦しく、悪臭や害虫が発生するなど周辺の生活環境に悪影響を及ぼすにもかかわらず、後が絶えないというのが現状であります。  不法投棄された廃棄物については、その土地の所有者の方に管理上の責任があるということから、基本的に土地所有者において、回収と処分をお願いすることになります。

志摩市議会 2017-03-06 平成29年第1回定例会(第3号 3月 6日)

空き家の発生による問題として、防災性・防犯性の低下、ごみの不法投棄、衛生の悪化、悪臭の発生、風景・景観の悪化、雑草の繁茂、落ち葉の飛散など、いろいろ問題が生じています。  そこで、志摩市の空き家対策についての御所見をお伺いいたします。  現状、志摩市の空き家の戸数、全体のどれくらいで何%発生しているのか。また、空き家に対する現状把握はどこまでされているのか、お聞かせください。

桑名市議会 2016-12-16 平成28年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2016-12-16

生ごみの悪臭、飛散するごみ、見た目でも気分を害する状況などを考慮し、個人が社会全体に与える影響度を考えるとごみ問題に対処できる条例制定が必要ではないかと考えております。空家対策特措法でも所沢市が条例制定に踏み切ってから市民のためにやる気のある市町村が条例制定を行い、国を動かし、特措法ができたわけであります。ほかの市町村でも条例化され、今では時期尚早ではないと私は思います。  

松阪市議会 2016-12-09 松阪市 平成28年 12月 環境福祉委員会-12月09日−01号

説明欄2飯南火葬場管理事業費468万7000円の増は、平成28年7月9日飯南火葬場2号炉を使用した際、バグフィルターの根詰まり及びバイパスダンパー、エアシリンダーが切りかわらず、突然、建物内にばい煙と悪臭が発生する事態となり、可動不能となったため、機器部品等の交換が必要となったものでございます。  

松阪市議会 2016-10-11 松阪市 平成28年  9月 定例会(第4回)-10月11日−07号

のどかな地域でありました下蛸路や虹が丘町、南虹が丘町の住宅地に何と300メートルという極めて近い場所におきまして牛舎建設の計画が進められようとしており、悪臭や農業用水への排水などの水質の問題、ひいては隣接する櫛田川にも影響が出てくるものと推察でき、櫛田川漁業組合も相当な危機感を持っておるのが現状でございます。

菰野町議会 2016-09-12 平成28年第3回定例会(第4日目 9月12日)

第4にPCBの廃棄物の飛散、流出、地下浸透、悪臭発生の防止のための措置を行うこと。他のものが混入することがないように仕切りを設けるなど必要な措置。第5にネズミ、蚊、ハエ、その他害虫が発生しないようにする。腐食の防止を行う等々、きめ細かく規定がされております。