379件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

亀山市議会 2020-03-26 令和 2年 3月定例会(第7日 3月26日)

今回の予算には、幼児教育保育の無償化に係る予算、このたびの学校休業に伴い、非常にお世話になった放課後児童クラブ運営支援の予算、井田川小学校増築工事や給食室の改修工事費用、地域のにぎわい、交流、情報発信の場として活用予定のJR加太駅舎改修事業費、自立した地域まちづくりの活動を支援する地域まちづくり協議会支援事業費、近年多発している豪雨災害などに対応するための浸水シミュレーションに基づく浸水対策計画の

亀山市議会 2020-03-10 令和 2年 3月定例会(第3日 3月10日)

これは学習の支援方策の一つとして、児童・生徒、保護者が自宅で活用できる教材とか動画を紹介されていまして、小学校中学校、高校、幼児教育、それぞれの学校別に、例えば小学校であれば、国語社会、算数、生活、それぞれの教科ごとに様々なサイトが紹介されておりますので、ホームページとか学校配信メールを通じて、このサイトの紹介等も行っておって、自宅学習の支援に役立てておるところでございます。

桑名市議会 2020-03-03 令和2年第1回定例会(第5号) 本文 開催日:2020-03-03

こういった点を踏まえながら、さきの成田議員にも御答弁をいたしましたが、特別な支援を要する幼児のための教育実践研究や質の高い幼児教育に係る諸研究などを進め、保幼小の連携、保護者子育て支援を行っていけるような園となるよう、関係所管とも連携しながら検討してまいりたいと考えております。よろしく御理解賜りますようお願い申し上げます。                   

桑名市議会 2020-02-28 令和2年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2020-02-28

さきの議会で答弁申し上げましたとおり、幼稚園での3歳児保育につきましては私立にお任せをし、公立幼稚園では引き続き長年公立幼稚園が培ってきた遊び学びとする教育活動の充実を基盤として、一つに特別な支援を要する幼児のための教育実践研究をリードすること、二つ目に保・幼・小の連携を進めること、三つ目に質の高い幼児教育に係る諸研究を進めること、四つ目に地域保護者子育て支援を行うことに力点を置いた園運営を考

亀山市議会 2020-02-27 令和 2年 3月定例会(第1日 2月27日)

さらに、幼児教育保育の無償化や障がい者サービスの利用増に対する経費など市民サービスの提供に必要な予算を確保するとともに、前期基本計画第2次実施計画の積極的な展開を図るため重点的な予算配分を行う中、亀山駅周辺整備事業や図書館整備事業、井田川小学校校舎増築・給食室改修事業に係る事業費などの増により、一般会計予算は過去2番目に大きな規模の予算額となっております。  

志摩市議会 2020-02-27 令和 2年第1回定例会(第1号 2月27日)

子育て支援策としましては、令和元年10月1日から開始された幼児教育保育の無償化制度と市独自施策の給食費無償化を継続することにより、子育て世帯経済的な負担を軽減します。  さらに、文部科学省の子どもの学習費調査では、中学3年生の年間学習費が最も多いとの結果が出ていることから、中学3年生を持つ保護者経済的負担を軽減するため、中学3年生を対象にした給食費の無償化を実施してまいります。  

桑名市議会 2020-02-20 令和2年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2020-02-20

なお、一般会計につきましては、幼児教育保育の無償化や医療費助成など大きな歳出増加要因がある中、総額で508.2億円、前年度比で2.0億円、0.4%の増で予算を編成することができました。  それでは、令和2年度当初予算の特徴について申し上げたいと思います。  令和2年度当初予算では、全国で相次ぐ自然災害を踏まえ、市民の命や財産をしっかりと守り、暮らしの安全・安心が確保されるまちを目指す。

鈴鹿市議会 2019-12-20 令和元年全員協議会(12月20日)

43ページ以降の各事業の計画のうち特筆する点といたしましては,幼児教育保育の無償化の影響や,47ページの地域子育て支援拠点事業の休日の事業実施のニーズが高いこと,53ページ,55ページでの一時預かり,病児・病後児保育の各事業で令和2年度から新たな西条保育所で実施すること,56ページの放課後児童クラブでは,保護者の就労状況の変化により利用者数の増加が見込まれることなどの点を踏まえまして,量の見込みと

鈴鹿市議会 2019-12-12 令和元年地域福祉委員会(12月12日)

最後になりますが,本年10月から幼児教育保育の無償化が実施され,国では子ども・子育て会議において,公定価格の考え方及び方向性についても引き続き審議がなされており,それも含めまして今後の国の動きはまだまだ不透明な状況であると考えております。  説明は以上でございます。 ○藤浪委員長  説明は終わりました。陳情ですので,現状等を聞きおくのみとなっております。

鈴鹿市議会 2019-12-12 令和元年予算決算委員会地域福祉分科会(12月12日)

第3款民生費,第2項児童福祉費,第2目児童措置費の障害児通所支援事業費1億9,587万6,000円は,児童福祉法に基づくサービス利用経費のうち,児童発達支援に要した費用として,当初見込みより利用者が増加したこと及び一人当たりの利用金額が増額したこと並びに10月から開始された幼児教育保育無償化に伴う増加分に伴い,予算が不足したため3,213万2,000円の補正を,同じく放課後等デイサービス利用経費において

菰野町議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第4日目12月11日)

次に、大きな2つ目として、幼児教育保育の無償化による問題と解決についてということですが、今回は保育士にクローズアップした質問をいたします。  10月からの無償化によって、幼児教育から保育へ変わる人も実際にみえます。  事務局、資料をお願いいたします。  この表はですね、左が保育、右が幼稚園なんですけども、10月以降で、保育を受ける子どもが44人ふえております。

亀山市議会 2019-12-11 令和元年12月定例会(第4日12月11日)

幼児教育保育の無償化についてお伺いをしたいと思います。  その前に、私、ことしの11月16日から17日に第34回全国保育所給食セミナーというところに参加しました。皇學館大学で行われました。給食は保育の真ん中、食べることは生きること、食べることで人間関係をも構築していくと、保育所のさまざまな職種の方々と保護者参加して、学び交流しました。

菰野町議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第3日目12月10日)

大きな2番目ですが、幼児教育保育の無償化について、お伺いをいたします。  公明党の長年の主張が結実し、幼児教育保育の無償化が10月から始まりました。消費税率10%への引き上げによる増収分のうち、年約7,764億円を活用し、実施されました。対象は約300万人であります。幼保無償化は、3から5歳児の全世帯と0から2歳児の住民税非課税世帯が対象です。

桑名市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-12-10

この園児の減少につきましては、10月から始まった幼児教育保育の無償化、そして少子化共働き世代の増加等、社会の変化が大きく影響しているものと考えております。  最後に、今後の公立幼稚園のあり方についてでございます。  本市における就学前教育は、公立、私立の幼稚園保育所(園)等が互いに補完しながら努めてまいった、担ってまいったというところでございます。

菰野町議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第2日目12月 9日)

また、10月から幼児教育保育の無償化も始まり、保育に欠ける世帯への経済的支援が図られていますが、その対象は保育園や幼稚園に通う子どもたちに限定をされております。  町内でも、在宅での育児がなされている御家庭もありますが、今回実施される無償化施策の恩恵を受けることができません。  

志摩市議会 2019-12-09 令和元年第3回定例会(第3号12月 9日)

幼児教育保育の無償化に合わせまして、本年10月より3歳から5歳児を対象とした給食費の無償化を実施をしておりますが、保護者の方からは財政面や給食の質の低下等、心配する意見が一部あるものの、聞き取りを行った72%の方からはとてもありがたい、助かるといった声を聞かせていただいております。  

亀山市議会 2019-11-29 令和元年12月定例会(第1日11月29日)

また、本年10月にスタートした幼児教育保育の無償化につきましては、施設の確認や対象児の認定等の手続も順調に進み、保育所幼稚園及び認定こども園などの特定教育保育施設で968人、子ども・子育て支援新制度へ未移行の幼稚園認可外保育施設などの特定子ども・子育て支援施設等で321人の合わせて1,289人の児童が対象となったところであり、引き続き適切な対応に努めてまいります。