4210件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊賀市議会 2021-02-22 令和 3年第 1回定例会(第4日 2月22日)

しかしながらですね、文学振興会さんのほうもですね、人材の面、年齢的な部分で若い人たちの育成の部分、そういったとこ課題を抱えておられるというようなことも伺っておりまして、なかなか行政が全て運営もやるものというような視点から抜けられなかった部分もあってですね、これでは具体的に行政として前へ進めて持続可能な公共施設としての運営というところが、まだ中途半端な状態になってしまっているというような状況でございます

伊賀市議会 2021-02-19 令和 3年第 1回定例会(第3日 2月19日)

さらには、進学の時期でございますので、受験生への配慮というのもとても大事な状況でございますので、12月以降、異年齢の交流の見直しをしようと、異年齢で中で感染していますと受験ができないというふうなこともございますので、特に、感染防止に、受験生にとっては感染防止に気をつけてきたとこでございます。

伊賀市議会 2021-02-18 令和 3年第 1回定例会(第2日 2月18日)

この背景と申しますか、要因でございますけども、私ども兄弟が同じ園を利用していただくというのは一番いいことということで、入所の調整をしておるんですけども、兄弟による採点基準保育必要度を点数化しておるんですけども、その際、加点もしておるんですけども、希望される保育園で受入れできる人数が保育室の面積であるとか、年齢ごとに保育士配置基準ございますんですけども、保育士配置基準により限定されることから、

桑名市議会 2020-12-16 令和2年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2020-12-16

厚生労働省は、平成30年度にヤングケアラーの実態に関する調査研究を実施し、その中で、ヤングケアラーを、年齢や成長の度合いに見合わない重い責任や負担を負って、本来大人が担うような家族介護や世話をすることで自らの育ちや教育に影響を及ぼしている18歳未満の子供と定義しております。  子供は、大人に見守られながら育つものであり、大人に愛されることで、互いに信頼感を身につけていくものでございます。

桑名市議会 2020-12-15 令和2年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2020-12-15

また、企業誘致のその他の効果として、地域雇用創出設備投資に伴う地域経済活性化、さらに魅力ある企業の進出は転入を促進し、転出を抑制する効果があると言われておりますので、生産年齢人口の定着も期待できると考えております。都市計画マスタープランの改正によって、生産物流地域拡大したことにより多度南部地区における工業系地区計画申請可能区域拡大いたしました。  

志摩市議会 2020-12-15 令和 2年全員協議会(12月15日)

次に、歳入の設定条件として、まず、自主財源の主要な市税について、令和2年度に56億円を見込んでいますが、生産年齢人口減少等に伴い、年々減少し、令和6年度には、3億円減少し、53億円と推計しました。また、令和3年度は、新型コロナウイルス感染症影響により、令和2年度との対比で約2億円減少すると見込んでいます。  2ページから3ページを御覧ください。  

伊勢市議会 2020-12-15 12月15日-05号

また、地域の中では、ひきこもり状態にある方やその御家族を心配される一方、どのように寄り添っていくべきか分からないといった声や高齢化に加えて、定年退職年齢延長など雇用形態の変化により、地域の担い手である自治会さんの役員や民生委員さんを受けていただける方が見つからない、そういった声も非常に増え続けております。 

志摩市議会 2020-12-14 令和 2年第4回定例会(第3号12月14日)

幸福度は、個人年齢社会的立場、また経済状況などにより大きく変化し得るため、一概に指標を設けてはかるのは難しい面もございますが、選挙公約で掲げました様々な施策の30%アップを達成することが市民幸福度をアップするために必要なことであると思っております。一つ一つ施策で具体的に取組を進めていく中で、持続的に調査検討、またアンケート等を行いながら進めていく必要があると思っております。

伊勢市議会 2020-12-14 12月14日-04号

57台による年齢等、また取付け率も教えていただければ、お願いします。 ○議長(浜口和久君) 都市整備部長。 ◎都市整備部長森田一成君) 申請が想定より少ないという、これにつきましては様々な要因が考えられます。取付けができなかった一つとして、車種や年式、また形式により設置できない車両を所有されていたということも伺っております。 

菰野町議会 2020-12-14 令和 2年第4回定例会(第4日目12月14日)

平成10年から菰野パークウェイ構想があり、整備を進めていましたが、その整備箇所を利用し、菰野インターチェンジから鈴鹿山麓観光地をめぐるレクリエーション道路として、またインターチェンジ間をつなぐ産業アクセス道路として、鈴鹿山麓パークウェイ構想と併せて、田光・杉谷山麓部の新たな産業誘致地域企業誘致計画を進めることにより、先に述べた人口減少少子高齢化の進行による生産年齢人口減少という人手不足

菰野町議会 2020-12-11 令和 2年第4回定例会(第3日目12月11日)

対象年齢を高校生まで拡大をしているっていうことが箕面市のほうでなされています。これも町長のほうに見といてねっていうことで、渡しました。見といてって言ったんやで、見といてくれたんやろうと私は思ってるんですけども、まず子ども家庭課長、こういうふうな事業展開を今後進めていく、それとも、もっと違う意味で、子育て日本一やって言われるような施策を考えているかいないかだけで結構です。

伊賀市議会 2020-12-10 令和 2年第 6回定例会(第4日12月10日)

また、個人のほうにつきましても年齢性別居住地という発表をされているところになっております。これらにつきましては、クラスターが発生した場合にはクラスター事業所につきましては、感染のおそれが高いということで、県のほうでも事業所のほうとそこでの場所を発表しているという状況になっております。  

菰野町議会 2020-12-10 令和 2年第4回定例会(第2日目12月10日)

さらに、同じ同率1位、子ども医療費無料化年齢拡大。これは窓口の無料化、含んでいます。  休校による、3番目が、第2番目で同率で、休校による学習の遅れと格差の解消。通学路整備です。  2番目、福祉の問題では、第1順位、国民年金で入れる特養施設の増設。第2位が国保税引き下げです。第3位が介護家族負担軽減となっています。  3番目の暮らし、地震防災では、第1位が上下水道料金引き下げです。

名張市議会 2020-12-10 12月10日-04号

あと5年後ですが、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者に達する、そのために名張市の人口構成の予測として、人口の2.8人に1人が65歳以上、5.0人に1人が75歳以上で、高齢者生産年齢人口の比率が1対1.5となる。これは大変なことであり、また子育てや出産の中心となる若い女性に着目すると、20歳から39歳の人口は約5,800人で、総人口に占める割合は7.8%となります。

桑名市議会 2020-12-09 令和2年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2020-12-09

生産年齢人口減少による働き手不足少子高齢化による医療介護需要の増加、公共建築物老朽化の進展など、複雑化、多様化した行政課題に対し、限られた財源の中で最適な手法を選択し、持続的に市政を運営していく必要性が求められております。  このような中、私が3期目に当たり市民の皆様との約束として掲げ、今後スピード感を持って対応を進めていく事業について申し述べたいと思います。