1924件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊賀市議会 2019-09-30 令和元年第 5回定例会(第5日 9月30日)

また、文化振興経費青山讃頌舎美術館開館準備経費に関しましては、当局からの説明では、文化振興ビジョンに基づいて美術館を設置すると言われていますが、文化振興ビジョン検討委員会の中で明記されているビジョン推進に向けてでは、伊賀市文化振興条例を制定し、伊賀市文化振興審議を設置して具体的に取り組むための伊賀市文化振興プランの策定が必要と明記されています。

伊賀市議会 2019-09-11 令和元年第 5回定例会(第4日 9月11日)

計画期間終了まで残り1年半ということになりましたので、目標達成に向けて、課題を検証しまして、総合計画審議での御意見も伺いながら、成果指標を達成できるよう、あるいは少しでもこの成果指標に近づけるように、あと1年半の努力を続けていきたいと、こういうふうに思っております。 ○議長(中谷一彦君)  田中議員

亀山市議会 2019-09-11 令和元年 9月定例会(第3日 9月11日)

学校給食など学校の徴収金について、学校教師の本来的な業務ではなく、地方公共団体が担っていくべきであるとのことし1月の中央教育審議の答申を受け、文部科学省は給食費などの徴収管理業務について、地方公共団体が行う公会計化を導入するよう求める通知を各都道府県教育委員会に出したとありました。

伊賀市議会 2019-09-10 令和元年第 5回定例会(第3日 9月10日)

○23番(安本美栄子君)  審議というのは、まずは生活者の意見、そしてプラス専門家の意見というふうに構成をされているんです。その委員会の内容ですよね、内容によっては専門家ばっかりが必要な部分もあります。審議に行くまでに生活者の意見が十二分に欲しいなと思うそういう内容であれば、審議をつくるまでにまちづくりアンケートを何年かに1回やってます。

伊賀市議会 2019-09-09 令和元年第 5回定例会(第2日 9月 9日)

それと、このすばらしいというのかいいのは、やはり今、審議とか庁内で会議あった場合、皆さんやっぱりテープとって、それを文字起こしするのに、また打ち直しというかしてくださっている、この手間というのは非常に、やはり職員さんの負担になってるんじゃないかなと思います。

鈴鹿市議会 2019-09-01 令和元年9月定例議会委員会発議案第3号

また,平成31年1月の中央教育審議の「新しい時代の教育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について(答申)」のように,教職員の長時間勤務も課題となっている。教職員定数の改善によって少人数学級の実現や専科教員児童生徒支援教員の配置促進が期待でき,教員の長時間勤務の解消にもつながると考えられる。

鈴鹿市議会 2019-09-01 令和元年9月定例議会請願文書表第3号

また,2019(平成31)年1月の中央教育審議の「新しい時代の教育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について(答申)」のように,教職員の長時間勤務も課題となっています。教職員定数の改善によって少人数学級の実現や専科教員児童生徒支援教員の配置促進が期待でき,教員の長時間勤務の解消にもつながると考えられます。

亀山市議会 2019-08-30 令和元年 9月定例会(第1日 8月30日)

まず、「快適さを支える生活基盤の向上」についてでございますが、都市づくりの推進のうち、都市づくり戦略推進事業による都市計画道路の見直しにつきましては、先月、都市計画道路国道1号線及び当該路線に関連する都市計画道路に係る住民説明会を開催するとともに、計画変更素案のパブリックコメントを実施いたしましたので、今後、都市計画審議での審議等を経て、本年度中の計画変更に向け進めてまいります。  

伊賀市議会 2019-06-24 令和元年総務常任委員会( 6月24日)

○委員(市川岳人君)  理念的なところで市長も文化の、伊賀市文化憲法だっておっしゃってたと思うんですけど、そのあの実際それいろんなことを進めていくために条例を制定していくっていうことですけども、そのあたりのそのスケジュールがどのように進んでいくのか、審議であったりプランを策定するっていうことですので、ちょっとそのあたりもう少し説明していただきたいと思います。

菰野町議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第4日目 6月17日)

さて、老後の資金が年金だけでは2,000万円足らない、必要とした金融庁審議の報告書に、国民は大きな衝撃を受け、怒りを募らせています。100年安心と今から16年前、2003年の選挙のときに、自民、公明の与党は言ってきたのに、人生100年時代になったら、老後は自己責任、貯蓄や資産運用に励め。年金は当てにするな。自己責任で貯金をせよというのは、話が違うのではないかと、国民の怒りが高まっているのです。

亀山市議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会(第4日 6月17日)

これは旧関町時代から、関宿、関宿言いますけれども、その関宿を車で横断させないような形にするために関宿の北側に木崎新所線というのを整備して、その路線上に観光駐車場もきちんと整備をすることで、関宿内での渋滞とかそういうのもなくそうとか、その辺の話もあったんですけれども、ちょっとこの間も都市計画審議で、これを見直す、多分廃止するとか、そんな話が出ておりました。  

菰野町議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第3日目 6月14日)

一度、都市計画審議に、このように進めますって報告したんが1月ですよね。4月になって勝手にね、変えたらだめですよ。都市計画ってそんなもんじゃないんです。これね、多分、まちづくり室長ね、はっきり言ってね、4月に異動になってきて、ここまでチェックするっていうのはちょっと難しいと思います。  そして、彼の場合ね、事業系はほとんど経験ありません。もちろん都市計画に携わったこともない。

伊賀市議会 2019-06-13 令和元年第 3回定例会(第2日 6月13日)

国では、本年4月17日に文部科学省が中央教育審議小学校での教科担任制のあり方についても諮問を行って、今後、検討を進めるということになりました。三重県でもまだ検討は進んでない状況であり、伊賀市としては、今後、国や県の動向を見ながらそのものを注視していきたいというふうな状況でございます。  働き方改革につきましては、今後も進めていかなければいけないというふうには思ってるとこでございます。

四日市市議会 2019-06-02 令和元年6月定例月議会(第2日) 本文

計画作成に当たっては、住民意見の反映に努めるとともに、協議会組織できるとなっており、文化審議の答申においては、市町村の単位で地域住民と緊密に連携をしながら、消滅の危機にある文化財の掘り起こしを含め、文化財を総合的に把握し、そこから多様な発想を得て地域一体で計画的に保存、活用に取り組んでいくことが極めて重要だとされています。

亀山市議会 2019-05-31 令和元年 6月定例会(第1日 5月31日)

また、文部科学省は先月、学校における働き方改革の答申において検討事項として上げられていた小学校高学年教科担任制の導入推進について、中央教育審議に諮問しています。  なお、今年度の全国学力・学習状況調査が先月実施され、国語と算数・数学は、基礎知識と活用力を一体的に問う新形式で、中学3年生については、初めて英語が加わりました。調査結果の公表は本年7月とされております。  

伊賀市議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会(第6日 3月22日)

こうした指摘を受け、厚生労働省は昨年12月に平成31年1月1日からの妊婦加算の凍結を告示するとともに、改めて中央社会保険医療審議で妊婦が安心できる医療提供体制の充実や健康管理の推進を含めた総合的な支援を議論することとした。そこで、妊婦が安心して医療を受けられる体制の構築のために、下記の事項に取り組むことを求める。