1024件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桑名市議会 2019-09-19 令和元年都市経済常任委員会 本文 開催日:2019-09-19

第2条は用語の定義でございますが、第4号、情報通信業の後に第5号として宿泊施設を追加して、対象となる旅館ホテルを規定しております。除外施設として、桑名市モーテル類似旅館建築規制条例で規制する宿泊施設を明記しております。第5号を追加しましたことから、第12号を第13号として、第5号から第11号までを1号ずつ繰り下げております。  

桑名市議会 2019-09-17 令和元年教育福祉常任委員会 本文 開催日:2019-09-17

次に、第2条、定義でございますが、条73ページをお願いいたします。  第2条第1項の(9)から(11)の支給認定の文言を教育保育給付の文言へ改めるとともに、(12)から(16)に満3歳以上教育保育認定子ども及び満3歳未満保育認定子どもと対象者の定義の明確化等を追加しております。  

亀山市議会 2019-09-13 令和元年 9月定例会(第5日 9月13日)

やっぱり物事をするのには、市がやることは市が模範を示して、市民に空き家等の定義に書いてあることを市民の皆様方に協働してもらうというのが市政のあり方ではないかと思うのに、増改築して図面ができていないから、今になっておるんやというふうなのは言いわけですに。あなたはその条例をつくっただけで、物事を進めるための条例の重みというのはどこまで認識しているのか、私は不思議でしようがない。  

桑名市議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2019-09-13

市では、厚生労働省定義する待機児童はございませんが、希望する園に入れない方など、潜在的な待機児童存在していることは認識しております。また、働く女性が増加傾向となっていることや、本年10月1日より実施されます幼児教育保育の無償化が開始されることなどから、就学前施設の入所ニーズは今後増加すると予想されます。  

亀山市議会 2019-09-11 令和元年 9月定例会(第3日 9月11日)

まず、会計年度任用職員制度に移行するに当たりまして、会計年度任用職員は一会計年度を超えない範囲に置かれる非常勤の職と定義され、勤務時間によりフルタイムとパートタイムの2つの類型が設けられたとのことですけれども、亀山市ではこの会計年度任用職員に該当する方は全てパートタイムという理解でよろしいでしょうか。 ○議長(小坂直親君)  2番 中島雅代議員の質疑に対する答弁を求めます。  山本総合政策部長

亀山市議会 2019-08-30 令和元年 9月定例会(第1日 8月30日)

2つ目といたしまして、本条例使用する用語の定義を整備いたします。  3つ目といたしまして、特定教育保育施設及び特定地域保育事業所の運営に関する一般原則に、保護者経済的負担への適切な配慮を明記いたします。  4つ目といたしまして、市の認定を受けた満3歳以上の小学校就学前子供に係る利用者負担額がゼロとなったことに伴い、関係する条項の整理を行います。  

志摩市議会 2019-06-27 令和元年第1回定例会(第5号 6月27日)

今、私がこれを問題としているのは、この事情云々ではなくて、侮辱の見解、侮辱の定義です。本人が侮辱と思っていないことを、関係のない第三者が侮辱と騒いでも、それは、私は侮辱には当たらないと思っております。  ところが、今の話の中で、私が質問した中で、教育長から、その侮辱に対する抗議があったのかと質問いたしました。

桑名市議会 2019-06-25 令和元年総務安全常任委員会 本文 開催日:2019-06-25

同じく条33ページの第90条につきましては、概要の3番の身体障がい者等に対する軽自動車種別割の減免の見直しで、身体障がい者、戦傷病者、知的障がい者、または精神障がい者で、歩行が困難な者をあわせて身体障がい者等と改めて定義を行った上で、知的障がい者、精神障がい者の本人の所有運転を減免の対象にするものでございます。  

桑名市議会 2019-06-24 令和元年教育福祉常任委員会 本文 開催日:2019-06-24

まず、第2条、定義につきまして、これまで本条例において用語の定義を定めておりましたが、「この条例において使用する用語は法において使用する用語の例による」と改正をしております。  次に、第3条、災害弔慰金の支給につきましては、この条文における市民定義を「災害により被害を受けた当時、市内に住所を有する者をいう」と明確にするものであります。  

桑名市議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 開催日:2019-06-21

議員御案内のパーソナルモビリティーにつきましては、国土交通省平成24年6月に策定いたしました超小型モビリティ導入に向けたガイドラインの中で、自動車よりコンパクトで小回りがきき、環境性能にすぐれ、地域の手軽な移動の足となる1人から2人乗り程度の車両と定義されており、観光地域振興、地域の新たな交通手段、また、高齢者子育て世代の移動支援等、多様な効果社会的な便益が期待されております。  

桑名市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-06-19

それが納得いかなかったら、私、前に座ってみえる議員ともしゃべっていたんですけれども、一問一答の定義を変えればいいわけです。  私は、どんな法律、悪法でも法は法なんです。ですから、それは、議員バッジをつけてこなきゃいけないということも、これは申し合わせ事項で決まっています。ですから、それはやっぱりきちんと守っていただきたい。以上でございます。

菰野町議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第5日目 6月18日)

このサポーター養成講座等を通じまして、フレイルという新たな概念や、この重要性、定義を知っていただきましてですね、介護予防や認知症の早期発見につなげていきたいという形で、特にフレイルのサポーターをつくるというのではなしに、フレイルという概念を今のいろいろな見守りの体制の中でですね、認知をして、知っていただいて、認識をしていただいて、活躍を広げていただきたいというふうに考えております。

伊賀市議会 2019-06-17 令和元年第 3回定例会(第4日 6月17日)

もしくは、先生に言うていくんじゃなくて、保護者の皆様方がこういうモンスターペアレントの問題とかを自分たちで定義をして自分たちで議論をして自分たちで解決をしていく組織になっていく必要があると思うんですよ。  ですから、単位PTAだけじゃないですよ。そのさらに上のPTAにもそういったことを期待するんですけれども、なかなか単位PTAは単年度制なんですよね、残念ながら。

亀山市議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会(第4日 6月17日)

この3要素をあわせ持ったものであると定義されております。まさに丸ごと未来都市でございます。  ここが特に重要でございますが、このスーパーシティ構想は国家戦略特区でありますので、対象エリアに選ばれた際には必要なインフラ整備が国主導で迅速に推進されるなど、あらゆる支援を受けることができます。  資料15をごらんください。