53件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桑名市議会 2020-09-14 令和2年決算特別委員会総務安全分科会 本文 開催日:2020-09-14

203: 統括監兼市長公室長加藤眞毅)  すみません、先ほどの審査の中で1点ちょっとお答えできなかった部分で、野村証券の中でやりました講座の内容をということだったんですが、3件ありまして、「桑名石取祭とユネスコ無形文化遺産」というテーマでやっているのが一つと、あと、もう一つが「長島一向一揆と安濃というのが一つと、もう一つが「伊勢ゆかり日本画家・伊藤小坡の

伊賀市議会 2020-03-06 令和 2年第 1回定例会(第4日 3月 6日)

先ほど度会県等の話がありましたけど、あれは、昔は三重県できる前に安濃県と度会県があって、度会県って三重南部地域の県ですけども、南部地域の振興のために県が取り組む制度なんですけど、我々はそうじゃなしに、もっと周密な集まり、若者会議等を含めた取り組みをもっと発展したいということとあわせて、ことし地域絆づくりという補助金もつくりました。

津市議会 2016-03-14 03月14日-05号

実は、この話をさせていただくのは、昨年の8月4日に安濃ガイド会のメンバーの人から、津市に魚籃観音あるんやけれども、あれ光雲の作なんさな、どこ行ったんかなという話を受けて、え、魚籃観音て何とか、光雲て誰とかと思いながら、この知識のないのを反省しながらいろいろ調べさせていただいたんですけれども、魚籃観音、三十三観音一つに数えられる、魚を扱う美女の観音さんだと。

津市議会 2015-03-12 03月12日-04号

その後の実質稼働はどうなっておりますかということと、これが実際の産後ケアに結びついていっているのかということ、また中央保健センターでは、芸濃河芸美里安濃の5地区を管轄としていただきますけれども、この中央保健センター利用も定着している中で、3つ目質問になってくるんですが、今後の取り組みとして施設老朽化は切実な問題となっていると考えます。

津市議会 2013-12-05 12月05日-04号

津なぎさまちにつきましては、御承知のとおり、津はかつて安濃と呼ばれ、中国の書物で日本三津一つと言われた重要な港がございましたが、明応の大地震によりましてその機能を失ったと言われております。500年の歳月を経まして、平成17年2月に中部国際空港アクセス拠点として復興したもので、県都の海の玄関口として県域内外から広く御利用いただいておりまして、今イベント等の開催により利用促進に努めております。 

津市議会 2012-06-14 06月14日-05号

それと、先ほど、街の駅だいもんやら、安濃のギャラリーもございますが、本当にいいアイデアだなと思うんですけれども、やっぱりにぎわいがないのが現実のように思います。そのにぎわいを取り戻すためにはどういったことをやっていったらいいのかというのを、もっともっと思い切っていろんな人の知恵や力を集めてしていかないといけないなということを切実に私自身も思っております。

松阪市議会 2011-06-30 06月30日-05号

例えば、港町だった三重県津市ですけれども、安濃と言われていたところが、港が港湾都市としての機能が喪失したと言われている津波が来たのが1498年。1498年に津を襲った津波があります。それから、慶長地震、1605年、江戸時代になったばっかり。それから、江戸中期の1707年、そして先ほど今井議員のほうからも指摘のあった安政元年地震1854年。その間がおよそ100年、150年のサイクル。

津市議会 2010-06-09 06月09日-04号

給食のメニューですが、お米は安濃ロマン、美里でとれた季節ごとの野菜、イモ、豆、キノコなど、魚、海藻を組み合わせ、おいしさと栄養バランス抜群、ビタミン、ミネラル、食物繊維たっぷり給食です。 体験学習としては、地域の人の協力で学年ごと生産体験を実施し、1年生は大根の栽培、2年生はジャガイモの栽培、3年生・4年生は大豆栽培、これは美里在来品種大豆でございます。

伊賀市議会 2009-12-10 平成21年第10回定例会(第4日12月10日)

県内では津まつり安濃よさこい、四日市よさこい祭り鈴鹿フェスティバル、滋賀県の甲賀祭りなど、また学校の運動会や文化祭にも必ず登場してまいります。伊賀市をアピールするには、こちらから出かけていって、その地の祭りに参加したり、来てもらった方にも参加してもらう、このように行き来をして交流をし、親睦や友情を深めていくことが大事だと思います。  

津市議会 2009-09-09 09月09日-04号

第1に、平氏が伊勢、すなわち津を拠点に発展していったことは疑いのない事実であり、平家物語にも平忠盛の記述は明白になされ、安濃の港は平家物語に二度出てまいります。清盛の父、忠盛塚もあり、清盛の孫である維盛が芸濃の落合の里で没したという伝説も有力であります。平氏につきましては、清盛のおごりばかりが伝承されますが、平氏は文化的にすぐれた資質を持っていて優美な心を備えています。

津市議会 2009-03-16 03月16日-05号

安濃じゃないですか、もっといい場所があるんじゃないか、そこを何で目をつけてやらないかということですので、ぜひそういう視点でものを見ていただきたいと思います。ぜひそんながちがちな話しじゃなくて、百五さんにこんな話があるので、いろいろな意見をお互いに交換したらどうですか、そこから何かが広げてくると思いますよ。私はあそこを捨てがたいと思います。あそこおおむね6,000平米だと思います。

津市議会 2007-03-12 03月12日-02号

海に開かれた贄崎には、いにしえの安濃からの歴史があり、一志の寺社の言い伝えや美杉北畠神社、奈良を経て日本海側の舞鶴、そして朝鮮通信使でも、この津市にゆかりのある韓国へとつながる道、また本市の南には、伊勢神宮や斎宮の姫のあでやかな歴史もあり、さらに新しいところでは、谷川士清藤堂高虎のお城跡など、幾つもの物語歴史ウォークが考えられます。

津市議会 2005-12-09 12月09日-05号

幾星霜、安濃地域のために、また市民皆様の安寧を願われて、議論を展開された多くの方々に心からお礼を申し上げたいと思います。 それは、おかげをもちまして戦争、災害など多くの苦難もありましたが、今日の津市を築いてくることができましたという感謝の言葉でございます。その多くの方々のお気持ちは脈々として津市議会の伝統となって私たちもその気概の中で育まれ、そして仕事をしてくることができました。 

津市議会 2005-03-23 03月23日-06号

「また、贄崎地区におきまして、港とその周辺の防災性を高めるための避難場所となり、安濃にちなんだ歴史などのご案内もできるような地域コミュニティ施設整備に着手いたしますとともに、かねて心がかりでありました伊倉津地区におきましても、地域防災機能を有した施設整備に向けた取組を行ってまいります。」とあります。 

津市議会 2005-03-15 03月15日-05号

計画的なガイダンス施設整備につきましては、案内、啓発、情報発信等機能を有する有効的な施設と考えておりまして、当面贄崎地区安濃テーマとして展示機能を持つ地域コミュニティ施設整備されることになっております。しかし市町村合併が間近に控えている中では、他の地域での整備は今のところ考えておりません。 次に教育方針についての5点の御質問にお答えします。