2467件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桑名市議会 2020-06-23 令和2年都市経済常任委員会 本文 開催日:2020-06-23

108 委員市野善隆)  市民満足度で聞くんですが、結果論からすると例えば固定経費である程度持っておいて、それをずっと自分たち地元要望連合会等としての要望、各地区の要望緊急性のあるものをやって、例えば総額を持っておって、先行的にやれば、これだけのいわゆる9月、12月、今回の予算の中で安全が保てなかったんだという認識はありますか。  

松阪市議会 2020-03-24 03月24日-08号

そういった中では、分析調査を行い、安全を確保した上で残土を産業廃棄物として処分いたしております。 なお、量でございますけれども、土も含めてでございますけれども、355トンを処理いたしております。 以上でございます。 ◆8番(田中正浩君) ありがとうございました。わかりました。 ○議長大平勇君) 他に質疑はありませんか。     

桑名市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会(第7号) 本文 開催日:2020-03-23

次に、議案第21号 桑名市道路の構造の技術的基準等を定める条例の一部改正については、自転車通行帯を導入することで歩行者安全が確保されるのかとの質問があり、自転車通行帯車道内の左側に設けるため、歩道内を自転車が通行することはなくなるが、車道内を自転車と自動車が併走することになる。道路幅員歩行者、車両の通行量を鑑みて運用について検討していきたいとの説明がありました。  

伊賀市議会 2020-03-13 令和 2年予算常任委員会( 3月13日)

環境政策課長環境センター所長水瀧房吾君)  来年度に限らずですけれども、特に入ってくるものの安全とかその辺はきっちり審査しまして、あと、相手方のどうしても入れなければいけないというような理由を書いてきて入れているわけなんですけれども、その辺の審査をきっちりとしたいと考えております。 ○副委員長上田宗久君)  宮﨑委員

名張市議会 2020-03-12 03月12日-06号

それで、まず安全に、これはもう問題は安全です。安全についてお尋ねします。三重県がフッ化物洗口マニュアルを出してますよね。ごらんになったことありますか。 ○議長富田真由美) 教育次長。 ◎教育次長高嶋正広) こうして持たせていただいてます。当然見せていただいてます。 ○議長富田真由美) 柏 元三議員。 ◆議員柏元三) その中にちょっと気になることがあるんですよ。

名張市議会 2020-03-12 03月12日-06号

それで、まず安全に、これはもう問題は安全です。安全についてお尋ねします。三重県がフッ化物洗口マニュアルを出してますよね。ごらんになったことありますか。 ○議長富田真由美) 教育次長。 ◎教育次長高嶋正広) こうして持たせていただいてます。当然見せていただいてます。 ○議長富田真由美) 柏 元三議員。 ◆議員柏元三) その中にちょっと気になることがあるんですよ。

名張市議会 2020-03-06 03月06日-02号

広く市民対象にした説明会は現在は行っておりませんが、今後広報紙等を通じて安全有効性について周知していただくようにしていきたいと考えておるところでございます。 なお、特に実施予定対象保護者皆様方につきましては、この説明会をなるべく早い時期に丁寧に実施をしてまいりたいと考えているところでございます。 

名張市議会 2020-03-06 03月06日-02号

広く市民対象にした説明会は現在は行っておりませんが、今後広報紙等を通じて安全有効性について周知していただくようにしていきたいと考えておるところでございます。 なお、特に実施予定対象保護者皆様方につきましては、この説明会をなるべく早い時期に丁寧に実施をしてまいりたいと考えているところでございます。 

桑名市議会 2020-03-05 令和2年予算特別委員会都市経済分科会 本文 開催日:2020-03-05

逆に言えば、あのときに対策せずに、この3年間の間に徐々にやれば安全が高まったことが、高まらなくって、ひょっとしたらその前2年間で事故を起こされた可能性もあるわけですよね。まだやり残しがあるのであれば、増やしてでもやるべきかと思うんですけれども。住民要望に、たしか最初は1か所100万円ぐらいでお願いしたいとかいううわさが、話がちらちら聞き漏れてきましたが、恐らく100万円以上のこともあるでしょう。

松阪市議会 2020-03-05 03月05日-05号

今回そのための予算として計上されておりますのが交通事故が多発している路線や交差点における安全を向上させるため、視認性を高める区画線路面標示等を整備するとして、事業として平成28年度から毎年度1000万円の予算で取り組まれましたが、今回の1億1000万円の予算での事業については、市民にとっては大変喜ばしいことと思います。

伊賀市議会 2020-03-04 令和 2年第 1回定例会(第2日 3月 4日)

その市場価格安全は、市民の目から見る簡易調査によってチェックされているところがたくさんあると聞いております。その市民の目によりまして空き家調査員は小まめに地元状況を見て調査するわけでございますが、一定の条件が必要でございますので、専門家簡易調査方法の指導を受け、一定基準でひび割れの有無や交通の便など、専用アプリで集めた基礎情報をもとに、空き家トリアージで分類しているそうでございます。