1161件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

亀山市議会 2019-09-12 令和元年 9月定例会(第4日 9月12日)

今回は、学校給食への異物混入時の対応についてということと、空き地対策についてという2つの点をお聞かせ願いたいと思います。  まず、学校給食への異物混入時の対応についてという項目をさせていただきます。  それに対する項目につきまして、まず6月26日に発生した学校給食における異物混入に対する教育委員会の対応についてということで通告をさせていただいております。  

亀山市議会 2019-09-11 令和元年 9月定例会(第3日 9月11日)

今回は大きく、防災減災対策について、2点目に学校給食等の徴収に関する公会計化等の推進について、そして若い世代の移住・定住対策についてお伺いしたいと思います。  災害列島と言われるほど、近年日本各地で大きな災害が続いております。北海道胆振東部地震から1年、大きな山が崩れた厚真町ではいまだに仮住まいの方がいらっしゃると報道されておりました。  

伊賀市議会 2019-09-10 令和元年第 5回定例会(第3日 9月10日)

財務部長(百田光礼君)  先ほどから、たばこ税のことなんですけども、6億5,000万という金額を、例えばどんな予算がそのぐらいの規模なんかということを森川議員がたばこを吸われる方に追い風になるようにという質問を考えていいますと、スポーツ施策や学校給食社会体育施設の維持管理費用ですね。そういう教育保健体育費の決算がほぼ同額ぐらいにはなってるということでございます。  

菰野町議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第6日目 6月26日)

そのような中で、まず教育課について、中学校給食事業、デリバリー方式についてですが、まず学校給食のあり方と中学校給食がこれから先どのようになるのか、計画性、そしてまた給食のあり方や事業実施に当たる根拠など、軸ぶれが目立ちました。今回の行政の説明や聞き取りの中では、デリバリー方式の提案は今回、時期尚早ではなかったのか、学校給食がどのようになるかわからないという委員からの意見が出ました。  

菰野町議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第4日目 6月17日)

食育学校給食でしかできないんですか。  先日の中山議員質問答弁では、残さず食べるのが食育とのお話が出ましたけども、私も残さず食べることはよいことと思っているんです。  ただ、それが学校給食でしかできないのかというところが疑問なんですよ。  食育ができてない理由、そして根拠を示してください。そちらのほうを重要視していただきたい。  町長に答弁願います。 ○議長(矢田富男君) 柴田孝之町長。

菰野町議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第3日目 6月14日)

続きまして、2点目のデリバリー給食を選択した根拠についての御質問でございますが、中学校給食につきましては、過去におけるアンケート結果や議会特別委員会の報告、給食検討委員会の答申を尊重した中で、支援が急務な家庭に対しての速やかな支援を実現するためのほか、食育地産地消等を取り込んだ中学校給食の実現を目指すための第一歩として、選択式のデリバリー方式での中学校給食を実施したいと考えておるところでございます

伊賀市議会 2019-06-14 令和元年第 3回定例会(第3日 6月14日)

学校給食についての質問です。きょう私、給食の質問をするということで、自分の弁当をつくってきて伊賀米を入れておいしかったという、自分で自画自賛しているんですけど、本当に気合いが入って頑張っていきたいと思います。済みません。  この質問では、中学校給食、そして小学校給食での地産地消の取り組みについての確認、また提案をしていきたいと思います。  

亀山市議会 2019-06-14 令和元年 6月定例会(第3日 6月14日)

このグラフは市内の小学校、それから関学校給食センターが、関小と加太小学校は給食センターになりますので、そこのいわゆる正規職員、非正規職員の数を表示してある。下の青いのが正規職員、これを見てもらいますとずうっと一緒の数字です。1人です。上の赤いのがいわゆる非正規職員ということになります。  やっぱりこれを見ますと、大きな学校が特に問題がありますね。井田川は7人中6人が非正規であると。

菰野町議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第2日目 6月13日)

柴田町長が選挙公報などで訴えた4大重点政策の中で、その第1番目が中学校給食の実現、2番目が子ども医療費無料化であります。  今回提案された補正予算案は、柴田町長のもとで策定された最初の補正予算です。町長の公約実現に町民の期待は大変大きいです。  第1に、柴田町長が公約をしている食育の推進、野菜など地元食材を活用した中学校給食を早期に実現するよう求めます。  

志摩市議会 2019-06-10 令和元年第1回定例会(第2号 6月10日)

まず、学校給食費無償化について、質問をいたします。  学校給食費無償化について、新しい教育長の見解を問います。  今、子育て支援、子どもの貧困対策などとして、学校給食費を無償にする自治体が全国的にふえてきています。志摩市においても、市全体の財政規模と児童生徒の人数から見て、実施可能ではないかと考えます。新教育長の見解を問います。  

菰野町議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第1日目 6月 6日)

さらに、中学校給食においては、学校給食弁当の選択によるデリバリー方式を採用するものとし、給食を希望する生徒に対して、栄養バランスのよい昼食を提供します。  このデリバリー給食に係る委託につきましては、令和4年度にかけて複数年にわたる契約を予定していることから、中学校給食調理等業務委託として、債務負担行為を設定しております。  

四日市市議会 2019-06-06 令和元年6月定例月議会(第6日) 本文

副食費の取り扱いにつきましては、内閣府の示された資料の中で、これまでも保護者保育料に含まれる形で負担してきたこと、在宅で子育てする場合でも生じる費用であること、授業料が無償化されている義務教育学校給食や、他の社会保障分野の食事も自己負担とされていることを踏まえて、今回の幼児教育保育の無償化においても実費徴収するとの考え方が示されておるところでございます。  

志摩市議会 2019-05-07 令和元年第1回臨時会(第1号 5月 7日)

一つ目、学校給食の問題を聞きました。学校給食の問題について、候補者は子どもの貧困の問題、あるいは、市の財政の問題、その点で述べられました。しかし、前教育長は、義務教育として、食育という教育として、学校給食の無償化は必要なんだということを言いました。この点から見ますと、大いに後退した考え方であります。私はこれには納得できません。  

志摩市議会 2019-05-07 令和元年全員協議会( 5月 7日)

一つは、この間、議会の中で、私も含めて何人かの議員が提案している学校給食の無償化の問題があります。この学校給食の無償化について、前教育長は、給食というのは、やっぱり食育という教育であると。義務教育は無償というのが原則だから、学校給食を無償にするという意見はもっともだというふうに、前教育長はおっしゃっていました。これ、議会の場で言っています。今度の候補者は、この問題について、どう考えるのか。  

菰野町議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第5日目 3月19日)

今までの議論で、中学校給食は選択式のデリバリー方式になっていくだろうと私は理解しておりましたけど、柴田町長が公約として掲げる中学校給食は、少なくともセンター方式での実現と明言しています。  町長の公約の実現のために必要な費用、人、場所、時間など、現時点で考え得る難点はどのようなものがありますか。端的、的確な答弁を教育課長に求めます。 ○議長(矢田富男君) 答弁を願います。