1075件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桑名市議会 2019-09-27 令和元年決算特別委員会 本文 開催日:2019-09-27

同じく教育振興費中、「確かな学力」向上非常勤講師配置事業費について、事業目的とその評価を問う質問があり、学力の確保と向上が目的であり、全国学力学習状況調査の結果にも学力の向上があらわれている。今後も授業改善の一環として加配教員を活用していきたいとの説明がありました。  

亀山市議会 2019-09-12 令和元年 9月定例会(第4日 9月12日)

○11番(鈴木達夫君)(登壇)  私は、調査を何もやったらあかんということでなくて、今までの例えば学力調査とかさまざまなアンケートの中で、貧困の実態というのは、言ってみれば全国的に、あるいは県内的に一定の傾向は見えているのではないかと。それよりも大切なのは、その対応とか対策をどうやってスケジュールを立ててきめ細かく研究していくか、そこに注力すべきだと私は発言をしたんです。  

桑名市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-09-12

それでは、再質問ですが、ただいま教科担任制は子供たちの深い学びにつながるというような御答弁を頂戴いたしましたが、学力向上にもなりますし、先生方の働き方改革にもつながると思っていますので、改めまして教育委員会のトップとして、教育長のお考えをお聞かせいただきたいと思います。

伊賀市議会 2019-09-11 令和元年第 5回定例会(第4日 9月11日)

これは学力テストの結果ではなく、残念ながら三重県での虫歯のある子供の割合です。文科省学校保健統計調査によると、県内で虫歯のある子供の割合は調査対象となっている5歳から17歳までで、おおむね5%ほど、全国平均より高い。この傾向は10年以上前から変わっていないといいます。虫歯の本数も全国平均より多い。  平成30年度の県内の調査によると、12歳の虫歯は平均0.84本で、全国平均より0.1本多かった。

亀山市議会 2019-08-30 令和元年 9月定例会(第1日 8月30日)

次いで、学力向上に関しまして、全国学力学習状況調査の結果が先月に公表されました。  本年度は、小・中学校あわせて全5教科の調査が実施されましたが、本市の状況といたしましては、小学校国語において、全国・県の平均正答率を上回ることができました。他の4教科につきましては、全国・県の平均正答率は下回りましたが、その差は0.6から2.8ポイント以内におさまることとなりました。  

伊賀市議会 2019-07-31 令和元年第 4回臨時会(第1日 7月31日)

そのためにも伊賀市教育方針にありますように、確かな学力仲間とともに高まり合う力、自立と共生が大事で、将来を切り開く力、キャリア教育が必要であるというふうに思っております。伊賀市がこれまで大事にしてきた学力人権キャリアの三本柱を一層進めていかなければならないというふうに思っております。  2020年に新しい学習指導要領の本格実施が始まります。

伊賀市議会 2019-06-17 令和元年第 3回定例会(第4日 6月17日)

例えば、一例を挙げさせていただきますと、子供たちが使う図書館の整備も先生だけはなかなかできないということもございますし、子供たちのためにということで保護者の方に整備をしていただいて協力して新書を選んだりして、そして学校とともに子供の読書量を上げていく、そのことが学力向上につながるというようなことも一緒に取り組ませていただきました。

菰野町議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第3日目 6月14日)

今後とも、機会あるごとに、生徒に対しては、身体的な能力学力ともに、向上心を刺激するようなメッセージを期待したいと思います。  菰野町の宝物である学生たちの安全に関する質問でもありますので、どうぞよろしくお願いいたします。  それでは、通告に従いまして、質問をさせていただきます。  まず、安全道路網の整備について、お聞きをいたします。  

伊賀市議会 2019-06-14 令和元年第 3回定例会(第3日 6月14日)

学校へ戻るわけですけれども、その学校に在籍する外国につながりのある子供たちが日常の学習の中で日本語の力がつけられるように、また、そういう学習を支援していけるようにということで、市費で外国人児童生徒日本語指導補助員というのを雇用しておりますし、県でも県費で外国人児童生徒教育対応の教員を配置していただいておりまして、各校ではその教員を使いながら教育課程を工夫して個別な指導も行いながら、全ての子供たちに学力補助

亀山市議会 2019-06-14 令和元年 6月定例会(第3日 6月14日)

そういうことで、2番目の今後求められる生徒像、学校像及び教師像というところに入りますが、生徒像ということで、非常に教育という幅の広い、あるいは奥の深いテーマの中では、きょうの質問は亀山市学校教育ビジョンの体系の中の3つのつけたい力の中で、「確かな学力、健やかな身体と心を基盤に、自らを高め、新しい時代を生き抜く力」、そして基本目標に上げられた「確かな学力を基盤にした生きる力をはぐくむ教育」、そして基本方針

志摩市議会 2019-06-13 令和元年第1回定例会(第3号 6月13日)

教育長はもちろん、三重県の子どもたちの学力、そして、志摩市の子どもたちの学力は重々に御承知かと思っております。今やっている内容の精度を上げるということは、どこの教育委員会でもやっていることで、これでは到底ほかの自治体の子どもたちに追いつくことはできませんし、まして差をつけることはできない。  私は、志摩市の子どもたちの学力を上げるべきと常に主張しております。

菰野町議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第2日目 6月13日)

中学校では、小学校から引き続いて、学力の3要素の育成を目指し、国語は語彙を豊かにする指導、論理的思考力を育てる情報の扱い方の指導に力を入れます。外国語は学ぶ語彙数を大幅にふやし、関心のある事柄について、互いの考えや気持ちを即興で伝え合う活動を重視、授業は外国語で行うことを基本としています。  私が知るところでは、教育改革で変わる3つのポイントは、1番目、学校教育改革。

いなべ市議会 2019-06-12 令和元年第2回定例会(第4日 6月12日)

議案第6号、平成31年度(令和元年度)いなべ市一般会計補正予算(第1号)の、学力フォローアップ事業の御質問につきまして、教育委員会から答弁をさせていただきます。  (1)国からの委託事業とあるが、どのような内容かについてですが、文部科学省の事業名は学力向上のための基盤づくりに関する調査研究であります。  

いなべ市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第3日 6月 7日)

こうした子どもたちの学力の定着を図るため、学校ではわかりやすい授業と安心して過ごすことができる学級づくりを進めております。あわせて、これまで説明させていただいた小中9年間の途切れのない教育の取り組みを進めているところで、これまで以上にこの部分をより確かに強く推進していこうと思っておるところでございます。  以上です。 ○議長(林 正男君)  福祉部長佐野英明君。

いなべ市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第2日 6月 6日)

商売としてはありがたいことなんですけれども、これ以上はっきりしたことは言えませんけど、端的に言えば、レベルがちょっと問題があるんじゃないかなという気がいたしまして、学力に対して質問させていただきます。  @現在の学力についての認識と問題点は。  A学力についての目標はどのようなものか。