4137件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊賀市議会 2021-02-19 令和 3年第 1回定例会(第3日 2月19日)

8割以上の子供たちがストレスを今抱えているような状況が続いているんですけども、今、伊賀市内子供たち様子教室内での様子とか業間、給食時にどんな様子、今現状なんでしょうか、お教えください。 ○議長近森正利君)  教育長。 ○教育長谷口修一君)  教育委員会谷口です。どうぞよろしくお願いいたします。  

伊賀市議会 2021-02-18 令和 3年第 1回定例会(第2日 2月18日)

そして、もう一台、後で走ってる車ありますけど、何というたらええんかな、黄色の膏薬っておかしいけど、貼って痛々しいということで、子供たちがあれを、何と言ったかな、そういうような膏薬の名前を言って走ってきた走ってきたと言ってますもんで、あれも痛々しいなと思って見てるんですけれども、2年たったと思います、ちょうど。

伊賀市議会 2021-02-10 令和 3年第 1回定例会(第1日 2月10日)

学校教育については、子供たちが安心して学べるよう、子供個性を大切にしつつ、学力保障に向けた取組を進めています。  そのため、伊賀市が大切にしてきた、学力・人権・キャリアの取組を柱として、1人1台のタブレット端末等ICT機器を有効に活用し、子供たち一人一人の個性に応じた教育を一層推進していきます。  

鈴鹿市議会 2021-01-22 令和 3年文教環境委員会( 1月22日)

では,最初の写真で御覧いただけますように,整備していただいたパソコンについては,子供たちは非常に興味津々で,しっかりと活用しているところでございます。指先がちょんちょんと当たっているところが写真に写っておりますけれども,タッチパネル方式でスマホのような形で操作ができますので,習熟するのもとても早く,子供たちはしっかりとのみ込んでくれています。  

桑名市議会 2020-12-28 令和2年第4回定例会(第7号) 本文 開催日:2020-12-28

その他、多世代共生型社会の実現に向けた全市的な計画保育所の再編や建て替え、民営化に関する計画の有無を問う質問があり、地域福祉計画という福祉全般を総括する計画があるので、その中で位置づけていくこととなり、高齢者や障がいのある子供たちといった各分野に対する計画方向性を参照しながら検討していくとの説明がありました。  

伊賀市議会 2020-12-24 令和 2年第 6回定例会(第5日12月24日)

3.我々は、子供たちがいかなる状況の中でも学びを続け、友達周りの人を大切にして元気に生活できるよう、市、市民とともに応援します。  4.我々は、感染者等に対する心のケアに努め、市、市民と一体となって感染症の克服を目指します。  以上、決議する。  令和2年12月24日三重県伊賀市議会。  以上、よろしく御賛同賜りますようお願い申し上げます。 ○議長近森正利君)  説明が終わりました。  

桑名市議会 2020-12-18 令和2年第4回定例会(第6号) 本文 開催日:2020-12-18

本市では、子供たちの9年間の学びと育ちを支えていくため、小・中一貫教育を今年度より実施しております。  昨今、子供たち成長がおよそ2年早まっていると言われており、成長に合わせた学年段階の区切りは、次世代に生き抜く子供たちの育成にとっては重要な課題と捉えております。  

桑名市議会 2020-12-17 令和2年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2020-12-17

次に、2)今後の展開についてでございますが、保護者子育ての負担を軽減し、全ての子供たちが安心して育つことができるためには、レスパイトサービスの充実を図っていく必要があると考えております。とりわけ医療的ケアが必要な子供たちやその保護者支援は欠かせない状況であると捉えております。

桑名市議会 2020-12-16 令和2年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2020-12-16

もう既に来ているという考え方に立っても、今後、そうした社会をしっかりと生き抜けるような子供たちに力をつけていきたいと、その素地を育成するのが就学前教育だというふうに認識をしておりますので、公私、それから幼保の垣根を越えて、桑名市として、桑名市の子供たちを育てていくというふうに考えておりますので、よろしく御理解賜りますようお願い申し上げます。                   

伊勢市議会 2020-12-16 12月16日-06号

それに併せて、その研修した内容に応じて教育委員会のほうとしてもそのスケジュールといいますか、伊勢市版の子供たちへのICTの活用授業の実践ができるように指針を来年度早々に示せるようにしまして、子供たち活用を進めていくというような形で考えておるところでございます。以上でございます。 ○議長浜口和久君) 西山議員。 ◆20番(西山則夫君) ありがとうございます。

伊勢市議会 2020-12-15 12月15日-05号

私は、少子高齢化が進む中、将来を担う子供たちに大きな足かせを残すのではないかと思っております。 そこで、数点お聞きしたいと思います。 家賃の問題については各議員から厳しい質問が出されたが、結局、坪8,000円、管理・共益費合わせて10%というところが、交渉の結果さらに増額になったと、そういう形になったことをどう思っているのか。 家賃交渉については3年に1回とあったが、交渉できると思っているのか。 

伊勢市議会 2020-12-14 12月14日-04号

ですから、引き続き積極的に今までの取組を進めていただき、高齢者の方や障がいのある方、子育て世代の方や子供たちなど全ての人々が安心して暮らせるよう、そして伊勢市に住んでよかったという市民を増やしていってほしいと思っております。 さて、駅前再開発ビル整備予定保健福祉拠点施設については、平成28年度から4年間、市議会へもその都度情報提供をしていただき、議論してまいりました。

名張市議会 2020-12-11 12月11日-05号

このGIGAスクール構想につきましては、私ども一日も早く児童生徒子供たちタブレットでもって学校授業等活用いただくべく、今日まで鋭意努力をさせていただいてます。中でも中学3年生の生徒さんにおかれましては、この年明けの3学期からは進路指導というようなこともありますので、非常に授業活用する機会も少のうございます。

名張市議会 2020-12-09 12月09日-03号

でも、子供たちが遊ぶ場所というのが名張市にはない。かぼちゃ公園とかね、いろんなところで遊ばれてるんですけども、他市、宇陀市へ行けばいろんな施策でやはり公園整備をされている。 私は今、この体育館の周り等も、国体も含めてですけども、昔あったんですけども、子供森構想ってあったんですね。ずっと、ここから上がっていったところ、ずっと子供たちが遊べる場所にしていきましょうということで。