39件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

桑名市議会 2020-03-05 令和2年予算特別委員会都市経済分科会 本文 開催日:2020-03-05

先ほど2点目の御質問宅地耐震化推進事業内容ということですけれども、宅地耐震化推進事業内容につきましては、基礎資料整理ということで、造成された年度等調査整理を行いまして、現地調査を行い、第2次スクリーンという地盤調査安定計算を今後行うものの優先順位等整理する宅地カルテというものを作成する業務になります。  

伊賀市議会 2019-09-19 令和元年予算常任委員会( 9月19日)

第4項、第1目幼稚園費園管理経費では、72万4,000円を増額していますが、幼児教育保育無償化に伴う副食費徴収免除対象者の副食費を支出するための賄材料費42万円や、28、29ページをごらんいただき、桃青丘幼稚園受水槽まわり地盤が沈下しているため、原因調査のための地盤調査業務委託料30万4,000円を計上しています。  

伊賀市議会 2019-09-02 令和元年第 5回定例会(第1日 9月 2日)

物件費では、全体で8,498万3,000円を増額していますが、主なものは、各地区市民センター管理用パソコンを更新するための管理用備品購入費690万4,000円、(仮称)汚泥再生処理センターの試運転を10月から開始することに伴う光熱水費及び廃棄物処理委託料等に係る経費として5,290万8,000円、桃青丘幼稚園受水槽周り地盤が沈下しているため、原因調査を行う地盤調査業務委託料30万4,000円

亀山市議会 2018-03-23 平成30年予算決算委員会( 3月23日)

そのうち、地盤調査補助対象外がございまして、それが194万4,000円ということで、それを除きますと9,201万6,000円ということになります。  国補決定額におきましては、先ほど委員がおっしゃられましたとおり2,727万6,000円で、市の負担額も同額で、準備会補助金関係でございますけど、負担としては3,746万4,000円という形になっております。  

伊賀市議会 2018-03-13 平成30年予算常任委員会( 3月13日)

今、百上議員さんからのお尋ねで、事前地盤調査等をやっているのかということでございますけれど、これ今建設に係る前に地盤ボウリング調査等は行っておりますので、また2月までに全部地下の、昔に一時あった施設地下で埋没してたものも全て改修した中で新たに建設を3月から実施しておりますので、問題はないと考えておりますのでよろしくお願いいたします。 ○委員長嶋岡壯吉君)  百上委員

伊賀市議会 2015-12-10 平成27年第 5回定例会(第4日12月10日)

地盤調査を含めた、こういった再度やり直すというボーリングのあり方と、そういったものも検討された、そういう経過の中、宅地造成地の考え方は、三重県他市に比べて格別な注視を図って取り組んできたという経緯もあります。  今回、修正された対策項目公助として位置づけられる中の被災建築物応急危険判定士、並びに災害宅地危険度判定士、この養成が強く求められているところもございます。

四日市市議会 2015-08-04 平成27年8月定例月議会(第4日) 本文

これまでの状況としましては、平成25年度に三重県が利活用検討を進めるための基礎調査といたしまして国内の先進事例調査地盤調査を実施いたしました。さらに、三重県では地域住民から広く意見をいただくためにワークショップを開催し、さまざまな意見を伺いつつ幾つかの利活用案検討されましたが、いまだ内容は流動的であると認識しております。

鈴鹿市議会 2014-09-04 平成26年 9月定例会(第3日 9月 4日)

平成12年に地耐力に応じた基礎構造の規定,地盤調査義務化壁配置のバランス,継ぎ手仕様の特定などの改定が行われ,より耐震性が強くなりました。  このことを踏まえて現在の昭和56年以前の木造住宅耐震化を進めるとともに,昭和56年から平成12年までの木造住宅対象耐震診断も進めるべきと考えますが,いかがでしょうか。 ○議長原田勝二君) 防災危機管理担当理事

伊賀市議会 2014-02-27 平成26年産業建設常任委員会( 2月27日)

工事着手時における建物基礎工事のための地盤調査として試掘を行った際、旧清掃工場ごみピットが存置していることを確認しましたため、これを撤去する必要が生じたものでございます。  お手元には、平面図配置図以下、資料1から3まで添付をさせていただきました。  資料3の基礎断面図をごらんください。

伊賀市議会 2013-12-13 平成25年第 7回定例会(第5日12月13日)

あわせまして平成24年度に地盤調査委託費用、これが発生したかなあ。そして、23年度同年に大規模改修工事基本設計委託料、この3点については記憶をしているところでもございます。ただ、実施計画委託料につきましては、出来高払いというんか、53%、2.5%内外のものが出来高払いとして支払われたということも記憶しております。

伊賀市議会 2013-09-20 平成25年庁舎整備特別委員会( 9月20日)

自分の家建てるときに、やっぱり基礎地盤調査しますよ、特にこんなん、何十年もたってるのに。自分のことと置きかえるのが、市長の言うてる市民目線と違いますの、自分の家建てるときにはどのように思うかいうたら、まず基礎でしょう。基礎がしっかりしてるところに建ててくれっていうのが僕は当たり前やと思いますけどもね。それに、ああいうたら、お金どんだけかかるかというのもわからへんしやね。

桑名市議会 2013-06-18 平成25年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2013-06-18

しかしながら、本年3月5日に口頭で、また、本年3月13日に文書事業者より総合医療センターに対し地盤調査が完了する本年3月29日に概算工事費を提出したい旨、協議があり、本年3月15日、総合医療センターより事業者に対し文書で同意をいたしました。この間、総合医療センターより市に対し、今後、新病院整備事業費の増額を要請する可能性がある旨、報告されました。

津市議会 2012-03-14 03月14日-04号

若干ちょっとあれなんですけど、この基本計画の中に地盤調査というのがあったり、施設建設の中で、美杉の石名原ですかな、あそこと同じ傾度で、丹生俣についても山が崩落したということがあったわけでございますが、そんな中で、この中に地盤調査ボーリングを7カ所ということで、その辺のところでやられたんですけども、ボーリング調査でちょっと若干気がかりなとこもある。

鈴鹿市議会 2012-01-25 平成24年文教福祉委員会( 1月25日)

それから,先ほど調査の件につきましては,当然,今,現況がほとんど山でございますので,その開発行為関係もありますので,その地盤調査とか,それから環境アセス等も含めた調査が1年かけて行う必要は生じてくると思っております。以上でございます。 ○伊藤委員長  よろしいでしょうか。  藤浪委員。 ○藤浪委員  済みません。

鈴鹿市議会 2011-09-26 平成23年防災安全特別委員会( 9月26日)

その太田委員おっしゃられる小学校につきましては,先ほども御説明いたしましたけれども,設計の段階で地盤調査事前に行いまして,液状化危険度の高いところについては,そういった工法で建設をさせていただいておるということでございます。 ○水谷委員長  よろしかったです。 ○太田委員  はい。 ○水谷委員長  中村委員

  • 1
  • 2