1254件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

名張市議会 2022-06-19 06月19日-03号

それならば地元の事業者の入札資格者がある方が数十社あるわけで、名張市に公共事業、また給食に係るお金は名張市に落として、継続して維持管理もしてもらい、調理員さんもしっかりと安定雇用を図って、子供たちにとって一番いい安心の心のこもった手づくりの、自校方式の地産を進めてやっていこうじゃありませんか。ぜひともお願いしたいと思います。 

名張市議会 2022-06-19 06月19日-03号

それならば地元の事業者の入札資格者がある方が数十社あるわけで、名張市に公共事業、また給食に係るお金は名張市に落として、継続して維持管理もしてもらい、調理員さんもしっかりと安定雇用を図って、子供たちにとって一番いい安心の心のこもった手づくりの、自校方式の地産を進めてやっていこうじゃありませんか。ぜひともお願いしたいと思います。 

名張市議会 2020-12-11 12月11日-04号

みんなエシカ消費ということで、エシカルというのは日本語訳すると倫理的なとか、そういうような意味があるそうなんですけれども、エシカ消費というのは顔の見える消費というような言い方もされるようで、地産を積極的に取り入れていこうとか、障害者がつくられたものであったりというのもしっかりと消費していこうということで、買い物しながらこのSDGsを達成していくというのも考えていくのがこのエシカ消費の考え方

名張市議会 2020-12-11 12月11日-04号

みんなエシカ消費ということで、エシカルというのは日本語訳すると倫理的なとか、そういうような意味があるそうなんですけれども、エシカ消費というのは顔の見える消費というような言い方もされるようで、地産を積極的に取り入れていこうとか、障害者がつくられたものであったりというのもしっかりと消費していこうということで、買い物しながらこのSDGsを達成していくというのも考えていくのがこのエシカ消費の考え方

名張市議会 2020-12-10 12月10日-03号

生産者と消費者との距離を縮める地産のお店として運営されています。その中でも伊賀米コシヒカリは平成23年から3年連続特Aを受賞し、平成30年度産米の食味ランキングで昨年に引き続き特Aをいただき、2年連続の栄誉をいただきました。伊賀米コシヒカリは伊賀地域伊賀市と名張市が産地であり、伊賀米と一言で済ませるには名張として残念なことだと感じています。

名張市議会 2020-12-10 12月10日-03号

生産者と消費者との距離を縮める地産のお店として運営されています。その中でも伊賀米コシヒカリは平成23年から3年連続特Aを受賞し、平成30年度産米の食味ランキングで昨年に引き続き特Aをいただき、2年連続の栄誉をいただきました。伊賀米コシヒカリは伊賀地域伊賀市と名張市が産地であり、伊賀米と一言で済ませるには名張として残念なことだと感じています。

名張市議会 2020-09-09 09月09日-04号

加えて、食生活改善推進協議会や食に関するボランティア団体である楽食会の活動を通したボランティアによる食育の推進も活発に行われてきており、またさまざまなイベントを通した地元商品の流通促進、地産の促進にも取り組んでまいりました。 さらには、環境社会、人に優しいエシカ消費の普及や食品ロスがテーマの料理教室の実施など、近年新たな取り組みも始まっております。 

名張市議会 2020-09-09 09月09日-04号

加えて、食生活改善推進協議会や食に関するボランティア団体である楽食会の活動を通したボランティアによる食育の推進も活発に行われてきており、またさまざまなイベントを通した地元商品の流通促進、地産の促進にも取り組んでまいりました。 さらには、環境社会、人に優しいエシカ消費の普及や食品ロスがテーマの料理教室の実施など、近年新たな取り組みも始まっております。 

桑名市議会 2020-03-02 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2020-03-02

温泉を核としたライトスポーツ拠点として、また、地産、地場産業活性の場としてすばらしい施設となりますよう、工事安全を願いつつ、オープンを心待ちにいたすものであります。  それでは、通告に従い、併用方式で質問をいたします。今回の質問は、市政の課題を中心に大きく五つ質問いたします。また、さきの議員質問と重複することもありますが、私なりの観点で質問いたしますのでよろしくお願いします。  

桑名市議会 2020-02-28 令和2年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2020-02-28

また、議員からは、様々な道の駅の取組を御紹介いただきましたが、最近では地産など食への関心の高まりとともに、民間事業者による地元農産物を販売する施設が市内でも開設され、にぎわいを見せております。道の駅では、こうした地元ならではの特産品をそろえる農産物直売所は市外からの観光客を呼び込むには効果があると思われます。  

亀山市議会 2020-02-27 令和 2年 3月定例会(第1日 2月27日)

なお、地産を推進する「かめやまっ子給食」については継続して取り組み、一層のメニュー充実を図るため生産者の方々との連携に努めてまいります。  次に、教職員の働き方改革の取組といたしまして、国の指針や県が示す公立学校の教師の勤務時間の上限方針を参考にしつつ、本市としての上限方針を策定し、本年4月から運用してまいります。

松阪市議会 2020-02-27 02月27日-03号

その他、エネルギー事業として松阪新電力株式会社を立ち上げ、松阪市クリーンセンターで発電された再生可能エネルギーの電気を中心に市の公共施設供給しており、7「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」に該当し、エネルギー地産地域の活性化等に役立っていると考えております。 続いて人権男女共同参画課といたしましては、5「ジェンダー平等を実現しよう」でございます。 

四日市市議会 2020-02-03 令和2年2月定例月議会(第3日) 本文

学校給食は、保護者の皆様から預かった限られた給食費の中で、必要な栄養素栄養量を確保しつつ、質が高く、旬の食材を用いることや、地産、行事や郷土料理を取り入れるなど、多様な食材に親しむこと、食物アレルギーのある子供への配慮など、さまざまな観点から食材を選び、献立を立てています。  

四日市市議会 2020-02-02 令和2年2月定例月議会(第2日) 本文

次に、中学校給食については、成長期にある中学生によりふさわしい給食を提供するとともに、給食を通じて食育地産を推進するため、令和5年4月の給食センターの供用開始に向け、整備を進めていきます。  令和2年度は、PFI事業者の選定、事業契約締結を行い、いよいよ給食センターの設計・整備に着手いたします。  

四日市市議会 2020-02-01 令和2年2月定例月議会(第1日) 本文

学校給食センターと一体整備を行う農業センターにおいては、栽培、収穫から調理体験まで、地元農産物に触れる体験の機会を設けるほか、給食への地元食材の利用拡大を図るなど、地産食育推進に取り組んでまいります。  続いて、超高齢社会におけるさまざまな課題に対応していくプロジェクトであります。  まずは、認知症への対応についてであります。