12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鈴鹿市議会 2017-03-03 平成29年 3月定例会(第4日 3月 3日)

その後は,国の計画改定に合わせまして,毎年改定を行っていましたが,平成23年3月の東日本大震災と,これに続きます東京電力福島第一原子力発電所事故によって,日本エネルギー政策の見直しが迫られてきたことなどから,地球温暖対策推進本部が新たな地球温暖化対策計画の策定に至るまでは現行と同等以上の取り組みを推進すると決定したことに合わせまして,本市も改定は行わず,既存の計画の取り組みを続けてまいりました。

四日市市議会 2016-06-05 平成28年6月定例月議会(第5日) 本文

また、平成23年度より市長を本部長とした四日市市エネルギー地球温暖対策推進本部を設置しました。この中で、本庁舎、総合会館の電力使用量の削減について毎年度目標を定め、その効果検証に取り組んでおります。ちなみに昨年度の本庁舎及び総合会館の電力使用量は、平成22年度比15.7%の削減でございました。  

鈴鹿市議会 2016-03-09 平成28年予算決算委員会文教環境分科会( 3月 9日)

○勝田環境政策課長  この辺につきましては,先ほど言いましたように環境省補助事業でございまして,これにつきましては,毎年,市のほうでも実行計画はつくっておったんですけども,国のほうが平成27年7月の地球温暖対策推進本部で決定された「日本の約束草案」,それに掲げられた日本の2030年度の温室効果ガス排出削減目標で,地方公共団体については40%の削減を目指すというような形になっております。

四日市市議会 2012-08-04 平成24年8月定例月議会(第4日) 本文

本市におきましては、市長を本部長とする四日市市エネルギー地球温暖対策推進本部を設置しまして、節電対策に積極的に取り組んでおります。  ことしもこれまでの取り組みに加えまして、節電掲示板による職員への電気使用量の周知を週ごとに行ったり、ライトダウンを月2回から毎週にふやすなど、さらなる節電に努め、平成22年度比で8%の使用量を削減することを目指しておりますことは、議員紹介のとおりでございます。

四日市市議会 2011-11-02 平成23年11月定例月議会(第2日) 本文

本市におきましても、この夏には四日市市エネルギー地球温暖対策推進本部を設置し、節電対策を徹底するなど、市みずからが率先した省エネルギーを初めとした地球温暖化対策に取り組むとともに、家庭に対する太陽光発電システムの導入支援や、中小企業事業者に対する新エネルギー設備の導入、そして、省エネルギー設備への更新支援など、温室効果ガスの削減対策に取り組んできたところでございます。  

四日市市議会 2011-09-02 平成23年9月定例月議会(第2日) 本文

特に、東日本大震災以降は、四日市市エネルギー地球温暖対策推進本部を設置いたしまして、市としましても、クールビズはもとより、全庁一斉のライトダウン、あるいは階段による上りおりの励行といったような、みずから積極的な節電に対する取り組みを行っておりますとともに、市民の皆様に対しましても、地区市民センター等におきまして節電講座を開催するなど、ライフスタイルの見直しを含めた節電対策の呼びかけを行ってきたところでございます

松阪市議会 2008-06-24 06月24日-03号

そして、福田総理は6月17日の地球温暖対策推進本部の会合におきまして、北海道洞爺湖サミットの象徴として、開催初日の7月7日をクールアースデーとして、一斉消灯など地球温暖化防止に向けた国民的な取り組みを毎年行う日とすることを正式に決定していただきました。 さらに、公明党三重県本部青年局は、6月20日、野呂知事に同趣旨の要望書を提出させていただきました。

伊勢市議会 2000-12-11 12月11日-02号

京都議会の後、政府は、内閣総理大臣本部長とする地球温暖対策推進本部を設置し、1998年6月に、同本部で地球温暖化対策推進大綱を決定いたしました。1999年4月には、地球温暖化対策の推進に関する法律施行され、京都議定書の公約を達成するための総合的な取り組みが進められているのであります。 我が国のエネルギー需給構造は、石油依存度、輸入依存度が諸外国に比べ高く、極めて脆弱であります。

  • 1