2544件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

名張市議会 2022-06-19 06月19日-03号

そのときに地域社会貢献度を評価して優先発注などのインセンティブを与える方法はないでしょうか。 次に、医療的ケア児への対応について質問をいたします。 医学進歩背景として、医療的ケアが日常的に必要な子供の数は全国で1万8,000人を超えているそうです。このような医療的ケアが必要な子供たちや、その家族への支援は、医療福祉保健子育て支援教育等の多職種連携が必要不可欠です。 

名張市議会 2022-06-19 06月19日-03号

そのときに地域社会貢献度を評価して優先発注などのインセンティブを与える方法はないでしょうか。 次に、医療的ケア児への対応について質問をいたします。 医学進歩背景として、医療的ケアが日常的に必要な子供の数は全国で1万8,000人を超えているそうです。このような医療的ケアが必要な子供たちや、その家族への支援は、医療福祉保健子育て支援教育等の多職種連携が必要不可欠です。 

名張市議会 2020-12-11 12月11日-04号

高齢者はもとより、全ての市民方々が意欲的にみずからの知識能力を発揮して、いつまでも健康で生きがいを持って地域社会担い手として活躍できるまちを目指しているというところでございまして、これらのことを通しまして、教育委員会といたしましても、この総合戦略中心に進めていきたいと考えているところでございます。 ○議長富田真由美) 荊原広樹議員一般質問休憩後とし、暫時休憩いたします。

名張市議会 2020-12-11 12月11日-04号

高齢者はもとより、全ての市民方々が意欲的にみずからの知識能力を発揮して、いつまでも健康で生きがいを持って地域社会担い手として活躍できるまちを目指しているというところでございまして、これらのことを通しまして、教育委員会といたしましても、この総合戦略中心に進めていきたいと考えているところでございます。 ○議長富田真由美) 荊原広樹議員一般質問休憩後とし、暫時休憩いたします。

亀山市議会 2020-03-13 令和 2年 3月定例会(第6日 3月13日)

産業建設部参事久野友彦登壇)  西野公園につきましては、現在、公益財団法人亀山地域社会振興会管理者指定して管理を行っていただいております。今後も早めの除去、あるいは剪定、管理をしていただきますように指定管理者にも要請させていただきますし、市としても管理を続けていきますので、よろしくお願いいたします。 ○14番(前田耕一登壇)  ありがとうございました。終わります。

亀山市議会 2020-03-12 令和 2年 3月定例会(第5日 3月12日)

その舞台の一つが、市内全域で立ち上げていただきました地域まちづくり協議会ではなかろうかというふうに考えておりまして、様々な考え方があろうかと思いますけれども、相互理解協働によりまして、地域課題の解決やコミュニティ再生の実践を積み重ねていくということは、大変難しいことではありますし、でも尊いことだと思っておりまして、その結果、持続可能な本当に地域社会が形成されていくものというふうに考えておるところであります

名張市議会 2020-03-10 03月10日-04号

基本目標人権尊重視点、全ての市民が安心して平等に暮らせる地域社会づくりノーマライゼーション実現に向けて、どのような計画を進めていかれるのかをお伺いいたします。 最後に、ファーストメディカルラリー大会についてお伺いいたします。 新聞報道とこの市役所ホール玄関ホール総合案内所前のテレビ地域話題で、なばりジュニアメディカルラリーという大会が開催されたことを知りました。

名張市議会 2020-03-10 03月10日-04号

基本目標人権尊重視点、全ての市民が安心して平等に暮らせる地域社会づくりノーマライゼーション実現に向けて、どのような計画を進めていかれるのかをお伺いいたします。 最後に、ファーストメディカルラリー大会についてお伺いいたします。 新聞報道とこの市役所ホール玄関ホール総合案内所前のテレビ地域話題で、なばりジュニアメディカルラリーという大会が開催されたことを知りました。

菰野町議会 2020-03-09 令和 2年第1回定例会(第2日目 3月 9日)

現状では、認知症地域支援推進員を配置し、地区巡回型の個別相談会を定期開催し、また本人や家族の方が気軽に交流していただける場所として、一度、私も参加させていただきましたが、「けやきでお茶のみ会」等を開催し、認知症相談意見交換ができ、地域社会つながり活動が広がる場所を設けるなどの取り組みを行っております。  

亀山市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会(第2日 3月 9日)

これを日本でやるとか亀山でやるというのは非常に難しい状況理解をしておりますが、行政だけでなくて地域社会の中で様々な人たち関わりを組みながら、全体の子供たち、母子をバックアップしていくという取組が必要やと思います。  もう一つは、なかなか教育の現場に福祉が入れないというところもあります。

松阪市議会 2020-03-09 03月09日-06号

身近な地域社会で赤ちゃんとかかわっていないと、学ぶ機会すらありません。子育て知識や経験のないまま母親になって、出産後、孤立してしまうと、誰からも育児を学ぶことができないのです。 ここで、教育長に伺います。

松阪市議会 2020-03-05 03月05日-05号

教育長中田雅喜君) まず、小学校での交通安全教育につきましては、児童生徒が自分の命を守ることを第一にしつつ、地域社会の安全を守ろうとする態度を育成するために、各学校におきまして学校安全計画を策定し、それに基づき計画的、また継続的に進めているところでございます。 議員御紹介いただいた信号機のない横断歩道での一時停止率につきましては、私も大変憂慮をしておるところでございます。

津市議会 2020-03-04 03月04日-04号

そのようないろんな問題、先ほども言いました、核家族化が進み、地域社会との関わりとかも希薄化する中で、手助けをしてもらいたい、またそれを助けてと言えない状況人たちが多く、その中で、ネグレクトとか子どもを傷つけてしまうようなことが起きてしまう、切実なSOSに応える支援があれば救えた命もあったというふうに思われるということが、国の施策の基本だということであります。 

いなべ市議会 2020-03-04 令和 2年第1回定例会(第3日 3月 4日)

また、未来いなべ科では地域社会の一員として自覚を持ち、ふるさといなべを愛する子を育てるための学習を、今、計画的に重ねております。これは文部科学省が示している主権者教育の目的に資するものであると捉えております。特に主権者意識の醸成については、学校だけでなく、家庭地域との協働活動体験活動を充実させるとともに、社会全体で主権者教育を推進していくことが何としても重要であると考えております。  

津市議会 2020-03-03 03月03日-03号

いかなる災害が発生しても、最悪の事態に陥ることを防ぐためには、地域社会の基盤を強化していくことが重要であると思います。国土強靱化地域計画を策定する最も大きな意義は、この点にあると言えるのではないでしょうか。 施政方針でも、あるいは皆さん御承知のとおり、全員協議会でも触れられましたように、第一義的には、この国の交付金補助金等有効活用のための策定であることは理解をいたします。