95件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桑名市議会 2019-06-20 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-06-20

ただし、市街化調整区域における工業系の土地利用につきましては、5ヘクタール以上のまとまった規模で地区計画を定めることで可能になっており、要件としましては、上位計画の三重県都市計画マスタープランにおける位置づけが重要であるほか、本市の総合計画都市計画マスタープランの土地利用計画に位置づける必要があります。  

桑名市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2019-02-26

議員から御指摘をいただきましたインターチェンジ周辺の土地利用が進んでいない原因につきましては、主にインターチェンジ周辺は市街化調整区域が多く、製造系の工業団地としての土地利用を行うには都市計画による地区計画の決定手続が必要であり、この手続に時間を要しますほか、5ヘクタール以上の面積規模や地権者の全員同意が必要であること、また、周辺の土地の多くが農振農用地となっており、その除外手続に時間を有することなど

川越町議会 2018-12-04 平成30年第4回定例会(第1日12月 4日)

今回、私が問うのは古川地区でございますので、古川地区は御存じのように調整区域、建物が建たない、ああいう状況ではありますけども、その全域に網をかぶせて調整区域としているのを、状況をよく把握いただいて、将来を見据えて用途の変更をし、線引きの見直しなど地区計画を立案して推進すべき時期に来ているんじゃないかなと思われますので、町長の所見をお伺いしたいと存じます。  2項目でございます。

菰野町議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第3日目 9月11日)

やはりこれをね、編入って言うんですか、手法は地区計画になるんか、わかりませんけれど、これについて誘導してるような気がしてなりません。やはり開発ですから、県の許可をとって彼らがきちんとされると思います。そういうことをやっていただいてね、許可になっていくんであれば、私たち町会議員が言うものではない。やはりそこに今現在ですと、100戸という話が出ております。

桑名市議会 2018-06-20 平成30年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-06-20

一方、市街化調整区域における工業系の土地利用につきましては、地区計画の決定により可能となっておりますが、要件としましては、上位計画である三重県都市計画マスタープランにおける位置づけが必要なほか、本市の総合計画都市計画マスタープランの土地利用計画に位置づけが必要となり、かつ一定規模以上の開発が必要となってまいります。  

菰野町議会 2018-06-15 平成30年第2回定例会(第3日目 6月15日)

具体的に申し上げますと、(仮称)菰野インターチェンジ西側工業系の立地誘導を推進するエリアについては、地区計画制度の活用などにより、周辺環境に配慮した良好な工業専用街区の形成、またインターチェンジ東側の住居系の立地を促進するエリアについては、国道477号バイパス整備と整合を図りながら、市街化区域への編入を前提に、土地区画整理事業などの面的な整備を行うことを示しております。  

桑名市議会 2017-09-15 平成29年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2017-09-15

企業誘致の課題というお尋ねかと思いますが、市街化調整区域におきまして工業団地を開発する場合には、地区計画を定めまして、開発行為または区画整理事業の手法で実施することが一般的であります。そこで、企業様の御相談を見てみますと、立地の際には、工業専用地域であるということが決め手となる傾向があります。

桑名市議会 2017-09-14 平成29年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2017-09-14

富士通東側、それと富士通西側、それぞれということで、この箇所につきましては、地区計画をまず立てていただくような都市計画法上の手続を進めていただくことになろうかと思います。その地区計画を立てる上での御相談という形でお話は伺っておりますが、具体的な形、内容等々というところまでまだお聞きしていない状況でございますので、このような状況であるということを御報告させていただきます。

松阪市議会 2017-09-13 松阪市 平成29年  9月 決算調査特別委員会・建設水道分科会-09月13日−01号

都市計画変更事業費112万7520円は、松阪都市計画の決定内容について、地区計画の変更に関する資料及び図書の作成を行いました。  報告書の238ページをお願いいたします。  中川駅周辺区画街路整備基金積立金1035万8037円につきましては、将来的に区画街路を整備する目的で、基金として積み立ていたしました。なお、財源としましては、土地貸付収入及び基金利子を充当しております。  

桑名市議会 2017-03-07 平成29年第1回定例会(第5号) 本文 開催日:2017-03-07

もう一つは地区計画住宅建築を規制されているエリア、もう一個は市として守るべき緑、4個目としては将来の人口密度地域特性というふうになっています。  私もそのとおりだなと思って、特に災害の場所と人口密度地域特性については非常に重要かなというふうに考えているんですが、桑名市としてどのような考え方で設定していくのかということを教えてほしいなというのが1番です。  

桑名市議会 2017-03-02 平成29年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2017-03-02

また、三重県都市マスタープランとの土地利用の整合性も踏まえた上で、現在でも市街化調整区域における工業系の開発は、三重県におきましては5ヘクタール以上の区域面積要件のほか、接道要件など、一定の基準を満たす場合、都市計画法に基づく地区計画の設定により開発が可能でありますが、計画地が農地法による農振農用地区を含む場合などは特に調整が必要となってまいります。  

菰野町議会 2016-12-15 平成28年第4回定例会(第5日目12月15日)

もう1つは、川北工業地区地区計画についてです。  地域の声として、「川北の北部が工業地区に指定されたはいいが、なかなか工事も始まらず、宙に浮いてしまっているのではないか」という心配の声が出ています。  現在の状況と今後の予定について、御答弁いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長(矢田富男君) 廣田直己議員の一般質問に答弁を願います。  

桑名市議会 2016-12-15 平成28年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2016-12-15

中心市街地の活性化につながる商業施設等を誘導する方法としましては、土地所有者や利害関係者皆様の意見をもとに作成する地区計画制度などの手法があり、区域内の住民や地権者の皆様の合意形成が必要になりますことから、先進地の事例等を参考とし、関連する所管と情報共有を図り検討してまいりますので、よろしく御理解賜りますようお願い申し上げます。                   

桑名市議会 2016-09-15 平成28年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2016-09-15

以前の駅西まちづくり委員会で決めた閑静な住宅地にするため地区計画をつくろうということになっていましたが、どうなっておりますか。そして、今度は公園用地に高層ビルを建てようという案が出ております。意向調査の結果を踏まえて、この公園を仮換地して高層ビルを建てる仮換地の変更はできるのでしょうか。  

松阪市議会 2016-09-14 松阪市 平成28年  9月 決算調査特別委員会・建設水道分科会-09月14日−01号

都市計画変更事業費236万5200円では、松阪都市計画の決定内容について、区域区分、用途地域地区計画等の変更に関する資料の作成、地区計画の見直しや検討や都市公園等の実態等の把握を行いました。  中川駅周辺区画街路整備基金積立金1036万744円につきましては、将来的に区画街路を整備する目的で、基金として積み立ていたしました。

菰野町議会 2016-03-10 平成28年第1回定例会(第3日目 3月10日)

そして町はその付近に区画整理事業や地区計画の手法を用いて51ヘクタール土地を整備する方針を出されました。  本年度予算書のポイント説明では、「インター周辺の土地利用を策定し、事業化に向けて地権者に提案を行い、無秩序な開発の抑制と計画的な土地利用を図る」と明記されて、600万円の予算計上です。  

桑名市議会 2015-09-08 平成27年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2015-09-08

そこで、この駅西土地区画整理事業土地利用方針を基本としたまちづくりに関しましては、平成14年度に地区内の権利者の方々と有識者を交え、駅西まちづくりの会が設立されたことにより、平成15年度から平成24年度の間アンケート調査、地区内の権利者を交えての勉強会等を実施し、基本計画及び土地利用方針を定め、地区計画案の作成等を行ってまいりました。