53件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊賀市議会 2020-06-17 令和 2年総務常任委員会( 6月17日)

当該土地についてですが、平成9年に山﨑勝年氏と大山田村との間で売買契約を締結し、5月に土地代金支払いを済ませました。  平成10年2月に境界確定に関する確約書を交わし、平成11年4月に温泉施設の供用を開始しました。  ところが、平成26年に温泉譲渡等計画に関連し、私有地の登記状況確認を行った際、当該土地所有権移転の未了が判明しました。  

志摩市議会 2019-09-19 令和元年予算決算常任委員会( 9月19日)

奥の部分の、それじゃあ公有財産土地を貸している貸し賃というか土地代金はどのようになっておりますか。 ○副委員長渡辺友里夏) 観光商工課長。 ○観光商工課長鈴木 隆) 観光商工課鈴木です。その部分については、阿津里浜リゾート開発株式会社契約のほうをしておりまして、年額120万円で貸し付けをしております。以上です。 ○副委員長渡辺友里夏) 西﨑委員

伊賀市議会 2018-03-26 平成30年伊賀神戸駅前バス待機場用地に係る賃貸借契約に関する調査特別委員会( 3月26日)

丸中産業さんが土地代金もらいはったんと、NRKエナジーさんが利益を供与されただけです。市民は誰も特してませんよ。その辺しっかり理解してください。今おっしゃってる論点は違うんです。市民が損してるんですよ。首ふってはるけど、もうこれ答えは結構です。これだけは言っておきます。 ○委員長岩田佐俊君)  岡本市長。最後です。

志摩市議会 2015-09-25 平成27年予算・決算特別委員会( 9月25日)

しかしながら穴川の部分には土地代金として、それぞれ相当の何百万という土地代金はずっと20年間支払われることになっております。そういうことも加味しまして、やっぱりちゃんと売上を現在の状態を把握して、やっぱり申し入れるようにですね、重ねて頼んどきます。 ○委員長(谷口 覚) 商工観光部長

亀山市議会 2015-06-23 平成27年予算決算委員会( 6月23日 産業建設分科会)

土地代金6,654万7,000円のうち7割の4,658万2,000円を27年度に、補償費といたしまして建物移転料工作物移転料動産移転料移転雑費立木補償費営業補償費を合わせた金額4億8,491万3,000円のうち、3億3,943万8,000円を27年度に支払うものでございます。総額は5億5,146万円でございます。  

鈴鹿市議会 2015-06-16 平成27年各派代表者会議( 6月16日)

登記簿記載土地所有者昭和22年に亡くなっておりますが,現在まで法定相続人方々から買収土地代金支払い要請を市が受けたことはなく,また,固定資産税課税措置もなされておりませんでした。さらに,法定相続人の1人が旧学校敷地近隣に居住されてみえますことから,聞き取り調査を行いましたが,祖父母父母等から旧学校敷地内に自己所有地が残っているとの話は聞いていないとのことでありました。

鈴鹿市議会 2014-11-17 平成26年全員協議会(11月17日)

登記簿記載土地所有者昭和22年に亡くなっておりますが,現在まで法定相続人方々から買収土地代金支払い要請を市が受けたことはなく,また固定資産税課税措置もなされておりません。さらに,法定相続人の一人が旧学校敷地近隣に居住されてみえますことから聞き取り調査を行いましたが,祖父母父母等から旧学校敷地内に自己所有地が残っているとの話は聞いていないとのことでありました。

津市議会 2012-12-07 12月07日-05号

それであっても、やはりそれだけの税金を納めておるということと、狭隘な道路を広げたい、広げようという世話をする人が、入り口方々寄附をしてくださいと言うよりは、あなたの評価額はこれぐらいですよ、それは個人しかわかりませんが、それぐらいでも寄附をと言うよりは、税金を納めておる評価額固定資産評価額だけでも出しますという形で、あるところの話では、入り口の方を御承諾いただくのについては、奥の方が自分の土地代金

津市議会 2012-03-14 03月14日-04号

大体全体からの土地代金は1.8%、施設全体の土地の1.8%。当然補償は違うけどもというようなことが書いてありました。 これが高いか安いかは、監査委員さんにしっかり監査をしていただいて、お答えしてもらうほかには方策はないのかなと思っておりますが、正直言って、下之川皆さんにいつも接してみえる青木理事、この辺のところ、どんな感じで下之川は思ってみえるんか、ちょっとお聞かせ願えませんでしょうか。

いなべ市議会 2012-03-01 平成24年第1回定例会(第2日 3月 1日)

ですが、例えば3億円の土地代金があったときに、大まかに考えて2億円は交付税措置をされるということです。ですから。 ○議長太田政俊君)  市長、岡君の教育関係の答弁が残っておりますので、お急ぎください。 ○市長(日沖 靖君)  はい、済みません。何が利益かと言われるとその土地開発公社所有地合併特例債をして、市が整備をすることによって、交付税措置をされるということが利益

鈴鹿市議会 2010-06-16 平成22年 6月定例会(第5日 6月16日)

その一般財源部分事業費につきまして,5億1,200万円につきましては事業実施期間中に支出をいたしまして,残りの金利のかからない土地代金等につきましての7,600万円につきましては,先ほどの期間の15年間の割賦返済ということで考えております。  以上でございます。 ○議長野間芳実君) 森川ヤスエ議員。               

いなべ市議会 2010-06-09 平成22年第2回定例会(第3日 6月 9日)

三つ目土地代金23万円の未解決はどうしてくれますか。4番目、仮裁判費用補償金30万円も未解決でありますが、どうしてくれますか。5番目、赤道と宅地に関する未解決部分をどうしてくれますか。6番目、関係者への人権無視をした発言の「病気だ」と発言されたことについては、撤回と謝罪及び心証を害した態度に市長の強い反省を求めますが、いかがですか。  次に、獣害の対策についてであります。

いなべ市議会 2010-06-04 平成22年第2回定例会(第1日 6月 4日)

今回は、当年度を見ていただきますと、1,758万7,000円、これにつきましては、隣接地用地代、それと農林水産省からの払い下げを受けておりますので、その土地代金でございます。  続きまして、前林工業団地、全体事業を16.4haという形で進めております。当年度につきましては787万5,000円、これにつきましては、測量設計費でございます。以上が、平成21年度の事業でございます。  

菰野町議会 2009-12-14 平成21年第4回定例会(第4日目12月14日)

それをすべて実行して、その土地代金を払い、分筆登記を町で行っていけば、狭小道路はすべて解決できる。新たに道をつける必要はない。それが日常生活皆さん利便性に一番期待する現実の道路の確保だと思います。  ですから、町が計画決定されてる道路基幹街路ですね。菰野町は4つしかつくらなかった、その1つの大事な基幹街路なんです。今、課長やかが説明会のときに言われた、初めて。委員会では言ってないんですね。

亀山市議会 2009-12-11 平成21年産業建設委員会(12月11日)

葛西豊委員  この問題につきましても、予算委員会でかなり協議もされて、審議もされた問題ですから、土地代金とか、いろいろ家屋の老朽化の問題もあって、いろいろな問題がありましたよね。ですから、そういうような点も十分と配慮しながら、今後の方向づけを持っていっていただきたいなあと、かように思います。  

津市議会 2009-09-07 09月07日-02号

これも、その一つだと思いますけれども、この件につきましては、土地代金を支払った関係書類があるにもかかわらず、登記を怠った結果であります。これまでの経過についてお聞きをしておきます。また、体育館建設時における土地所有権確認はなされていなかったのかもお聞きをしておきます。 以前にも御指摘をしましたように、未登記物件の解消に向けた取り組みを早急にされますように再度申し上げておきます。