1685件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

亀山市議会 2019-09-27 令和元年 9月定例会(第6日 9月27日)

学級編制について国際的に比較すると、日本の1クラス当たりの児童生徒数は、小学校27人、中学校32人(2018年 経済協力開発機構(OECD)の公表値より)、OECD加盟国1クラス当たりの児童生徒数は小学校21人、中学校23人と大きく上回っています。三重県でも、小学校25.1人、中学校30.2人(平成30年度学校基本調査、単式学級)と、やはりOECD加盟国平均を大きく上回っています。  

桑名市議会 2019-09-18 令和元年決算特別委員会都市経済分科会 本文 開催日:2019-09-18

事業成果としまして、平成30年度は4月に2件の国際会議を誘致し、464名の方々が桑名市を訪れていただきました。この際の経済波及効果としましては、本市を中心に県内で約3,500万円と試算をしております。市内の飲食店には多くの参加者が訪れていただきました。  以上、決算成果報告書から2事業の説明をさせていただきました。  

桑名市議会 2019-09-17 令和元年決算特別委員会総務安全分科会 本文 開催日:2019-09-17

少年国際交流事業費25万円につきましては、青少年海外研修に対する助成費でございます。  放課後子ども総合プラン事業費455万3,822円につきましては、市内小学校8校で実施した放課後子ども教室の開設経費でございます。また、文化振興費へ25万円の流用につきましては、観光文化課が所管します石取祭に関する裁判費用の一部として流用しております。  次に、210ページ、211ページをお願いします。  

菰野町議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第4日目 9月11日)

また、経済社会グローバル化の進展に伴い、諸外国との交流形態が多様化し、住民が国際理解を深めていくための取り組みが求められていることも背景としてはございます。  このため、当町においても、異なる文化や習慣を尊重し合う多文化共生社会のための環境づくりを進めていかなければならないと感じているところでございます。  

桑名市議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-09-11

平和に関する教育につきましては、教育基本法教育目的として、平和で民主的な国家及び社会の形成者を育成すること並びに教育基本法学校教育法の目標の中に国際社会平和と発展に寄与する態度を養うものとして明記をされております。  これらに基づき、各校では総合的な学習の時間や行事などを中心として、戦争体験者による講話や絵本の読み聞かせなどに取り組んでおります。

菰野町議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第3日目 9月10日)

1993年には、国際がん研究機関が胃がんの原因の1つは、ピロリ菌との結論を出しています。  日本においては、2011年2月に、公明党秋野公造参議院議員が胃がんとピロリ菌との関係を踏まえ、がん対策に関する質問主意書を国に提出しております。厚労省は、胃がんの発生原因の1つはピロリ菌であると明確に認め、回答が出ております。

桑名市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2019-09-10

学級編成について国際的に比較すると、経済協力開発機構(OECD)加盟国の1クラス当たりの児童生徒数が小学校21人、中学校23人であるのに対し、日本の1クラス当たりの児童生徒数は小学校27人、中学校32人、三重県は、小学校25.1人、中学校30.2人と、OECD加盟国の平均を大きく上回っています。(2018年)。  

伊賀市議会 2019-09-09 令和元年第 5回定例会(第2日 9月 9日)

日本国際的になるという意味でも、そして誰もが自分らしく生きるという意味においてもユニバーサル社会をつくり出すという意味でも大変重要なことだと思っています。これについては、しっかりと言うべきことは言う、いうふうなスタンスでございますので、変わりはございません。 ○議長(中谷一彦君)  西口議員。 ○4番(西口和成君)  わかりました。市長のお立場はわかりました。  

亀山市議会 2019-08-30 令和元年 9月定例会(第1日 8月30日)

ところで、本市は、都市の住民の健康を守り、増進することを目的とした国際ネットワーク健康都市連合」の三重県内唯一の加盟自治体であり、加盟後10年目の節目を迎えることとなりました。  こうした中、先月30日・31日の両日、香川県高松市において、第15回健康都市連合日本支部大会が開催され、亀山市食生活改善推進協議会など市民団体代表者の方々とともに出席いたしました。

伊賀市議会 2019-06-24 令和元年総務常任委員会( 6月24日)

主体協働してさせていただくようにはなってるんですが、19ページの3行目のところにまちづくり国際交流、福祉医療教育観光産業など各主体の特性を効果的に云々って書いてあるんですが、この各主体となってくださるところの人であったり、団体であったりにインタビューをさせていただいてプランを策定していきたいと思っております。プランにつきましては年度末に前半のプランを策定したいと思っております。

伊賀市議会 2019-06-17 令和元年第 3回定例会(第4日 6月17日)

国旗及び国歌の意義並びにそれらを相互に尊重することが国際的な儀礼であることを理解させ、それらを尊重する態度を育てるよう配慮することというふうになっております。  まずは、国旗についてなんですけれども、ただ、その国旗に対して、前回の4年前にも質問をさせていただきました。今副教育長が、入学式それから卒業式の際には国旗は掲揚していますよという答弁をいただきました。

亀山市議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会(第4日 6月17日)

また、多文化共生や国際化に関する業務につきましても、昨年4月の組織機構の再編から、同じ部署で行っているところでございます。 ○議長(小坂直親君)  豊田議員。 ○8番(豊田恵理君)(登壇)  昔から亀山市というのは外国人人口が多い市として知られておりますけど、現在も変わらず亀山市でお住まいの外国人の方がたくさんいらっしゃいます。

伊賀市議会 2019-06-14 令和元年第 3回定例会(第3日 6月14日)

○10番(赤堀久実君)  約420トンの食品ロスということで、計算の仕方が2年前とちょっと違うんかなというふうにも思わせていただくんですけれども、今回、食品ロス削減推進法では、前文食品ロスの削減は国際的にも重要で、大量の食品輸入し、食料の多くを輸入に依存している我が国として真摯に取り組むべき課題と記しております。