5028件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊賀市議会 2021-02-25 令和 3年教育民生常任委員会( 2月25日)

介護高齢福祉課長(中映人君)  まず今御質問がありました周知の方法ですけれども、3月の中旬にケアマネジャー実施研修会がありますので、そこで居宅については周知させていただくのと、あと集団指導が3月の後半にございますので、事業所等についてはそちらのほうでまた周知させていただきまして、それ以後についても事業所と密に連絡を取りながら、この制度については市のほうからもですね、十分啓蒙啓発に努めていきたいとこのように

伊賀市議会 2021-02-22 令和 3年第 1回定例会(第4日 2月22日)

その後、何度も住民自治活動についての啓発活動も行われてきたところですけれども、役員の任期が1年と短い、こういったところも多く、住民自治の理念が広く地区住民にまで浸透しているとは言い難い状況というふうに考えています。  今地域へ出向き、補完性の原則というのを持ち出しますと、行政事務地域への押しつけやろうと捉えられることがまだ非常に多くございます。

いなべ市議会 2021-02-18 令和 3年第1回定例会(第1日 2月18日)

他のリサイクル品目啓発と併せ、再度、分別収集啓発指導に努めます。  1-9【藤原最終処分場の整備】  いなべ市の廃ガラス陶磁器類最終処分場は、現在、大安町と藤原町の2か所で運営していますが、大安最終処分場残余容量は僅かで、近い将来、埋立処分ができるのは藤原最終処分場のみとなります。  

伊賀市議会 2021-02-10 令和 3年第 1回定例会(第1日 2月10日)

引き続き、障害者差別解消法ヘイトスピーチ解消法部落差別解消推進法人権三法に関して、法の趣旨、内容について周知を図るなど、市民の皆さんや企業に対し、電子媒体を活用した人権情報の提供をはじめとし、様々な媒体を使って人権啓発に取り組みます。  多文化共生については、本市の、伊賀市の在住外国人総数は1月末現在でおよそ5,600人、外国人比率はおよそ6.2%となっています。

菰野町議会 2020-12-22 令和 2年第4回定例会(第6日目12月22日)

総務財政常任委員会委員長益田和代君) 委員会の中でも、今まで公助だけというわけではなくて、みんなで一緒にやっていこうという中で、啓発の意味で、このような形でしたっていうことで、この「今後も」、この「基本目標−共通」っていうところが中心になっての審議で、あとは評価をされているところでした。

桑名市議会 2020-12-18 令和2年第4回定例会(第6号) 本文 開催日:2020-12-18

まずは自助と共助によって救える限りの命を救うことが大切であり、この津波避難誘導デッキは目の前の命を救うための最後のとりでだということを今後も繰り返し啓発してまいりたいと考えております。御理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。                   

松阪市議会 2020-12-18 12月18日-06号

次に、議案第157号令和2年度松阪市一般会計補正予算第9号のうち、歳入と歳出第2款総務費、同第4款衛生費についてでありますが、衛生費に関しまして、「新型コロナウイルスワクチン接種事業費について、イギリスで重篤な副作用が出ていると聞くが、接種は任意か」との質疑に対して、「ワクチンの接種は勧奨を行うが、最終的には本人または保護者の同意に基づき行われるものであり、正しい情報周知啓発に努める」との答弁があり

伊賀市議会 2020-12-17 令和 2年予算常任委員会(12月17日)

センターどうせするんだったら、私はセンター土日センターが集約したところでやってますよ、支所や本庁は休みですから、そこへというようなことを市民に一応啓発をしていたわけでしょう。それで土日だけは本庁へ来てくださいっていうようなことに、そんなふうな情報市民にいってるわけですか。 ○委員長市川岳人君)  戸籍住民課長

志摩市議会 2020-12-15 令和 2年第4回定例会(第4号12月15日)

市民生活部参事環境課長濱口真吉) これまでも広報やケーブルテレビ等啓発活動は行っております。一つ今、考えさせていただいておるというのが、ごみ対策課分別等説明会を開いたり、小学校へ出向いて、そういった事業に取り組んだりしておりまして、関連するようなところがございましたら、浄化槽のことも広く子どもから普通の社会のところまで、説明をこれからもしていきたいというふうに思います。以上です。

桑名市議会 2020-12-15 令和2年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2020-12-15

そうした観点から、市民への防災啓発はとても重要と考えており、広報くわなにも、くわな防災教室というコラム欄を設け、毎月市民事業者皆様防災面でのトピックをお伝えするなど、様々なツール、メディア等を活用し防災啓発に取り組んでいるところでございます。  市民皆様への啓発には、大きく二つの啓発があると考えております。

志摩市議会 2020-12-14 令和 2年第4回定例会(第3号12月14日)

ある社会づくりを進めるためを掲げておりますが、さらに男女が共に意見を出し合い、政策方針計画決定過程の場などに生かしていくことが大切であり、固定的な性別、役割分担意識を払拭し、多様な価値観や生き方を尊重しながら責任を分かち合う、そして一人一人自らの個性と能力を伸ばす、こういうことが男女共同参画社会を実現することによって非常に重要であるということを認識しているとともに、今後も男女共同参画に関わる意識啓発

伊勢市議会 2020-12-14 12月14日-04号

コロナの影響もあろうかと思いますが、おかげバス環状線も対象となってまいりますことから、今後の推移を見守りますとともに利用の推進に向けて、さらなる周知啓発に努めてまいりたいというふうに思っております。 ○議長浜口和久君) 久保議員。 ◆2番(久保真君) ぜひよろしくお願いしたいと思います。 それでは、おかげバスの再編で不便になった地域の今後の対応について教えてください。