20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

四日市市議会 2019-06-06 令和元年6月定例月議会(第6日) 本文

明石市は、新卒やブランクがあった潜在保育士さんに新規採用の場合、最大30万円の一時金、福島相馬では、修学資金の貸し付けを、これは社協とかそういうのではなく市独自で、ほかもたくさんございますが実施しており、卒業後、市内の保育園や幼稚園で業務に従事された方は貸付期間に相当する期間、仕事に従事すれば返済が免除されると、多くの自治体で保育士確保のために力を入れていらっしゃいます。  

伊賀市議会 2015-12-07 平成27年第 5回定例会(第2日12月 7日)

南相馬は、御案内のとおり、東日本大震災災害、同時にその放射能汚染でいまだに約2万4,000人の方が相馬以外に避難をされております。そうすると、相馬の方は、相馬は何を考えるかというと、南相馬情報、例えば除染情報、そういうあたりの情報なんかはその市外の、市外避難されてる方に届けようと努めてらっしゃる。また、市外避難されててふるさとか恋しい。

いなべ市議会 2015-12-01 平成27年第4回定例会(第2日12月 1日)

平成26年度は市内福祉施設福祉サービス職員49名の参加を得まして、実際に相馬被災した福祉施設を運営されておりますNPO法人の代表の方に災害時の施設状況職員行動について御講演をいただきました。被災時の職員行動、残された施設状況を赤裸々に語っていただきまして、非常に参考になったところでございます。  以上が、これまでの実施状況でございます。  

鈴鹿市議会 2014-06-13 平成26年 6月定例会(第3日 6月13日)

しかし,全体的に被害が大きかった地域ではその傾向が高かったものの,釜石市,また相馬市ではほぼ同率,相馬,双葉町など,逆に低いところもありました。  資料消してください。               〔資料の提示を終了〕  何よりも,「一人の犠牲者も出さない」との強い思いと,そのための取り組みが大事であります。  特に,情報の伝達,避難支援避難後の生活をしっかりと考えておくことが必要です。  

菰野町議会 2014-06-12 平成26年第2回定例会(第2日目 6月12日)

また、同県の相馬桜井勝延市長も、すばらしい判決だというふうに判決を評価して、判決の一方で、エネルギー基本計画で政府が原発を重要なベースロード電源と位置づけていることについて、海外に原発を営業するための判断だろう。被災した住民の視点は全く含まれていないと批判をしています。  また、多くの新聞報道によると、首長、市長さんが発言しているんです。

名張市議会 2012-09-10 09月10日-03号

そんな中、8月に福島経由相馬に行ってまいりました。放射線と暮らす生活除染状況、そして風評被害など、直接耳で聞いて、目で見て、肌で感じてまいりました。現地では避難区域再編除染インフラ復旧などの大きな課題に立ち向かっていかなくてはなりません。今私たちに必要なことは、放射線汚染に苦しむ福島県の現状を正しく理解することだと思っております。

名張市議会 2012-09-10 09月10日-03号

そんな中、8月に福島経由相馬に行ってまいりました。放射線と暮らす生活除染状況、そして風評被害など、直接耳で聞いて、目で見て、肌で感じてまいりました。現地では避難区域再編除染インフラ復旧などの大きな課題に立ち向かっていかなくてはなりません。今私たちに必要なことは、放射線汚染に苦しむ福島県の現状を正しく理解することだと思っております。

桑名市議会 2012-06-22 平成24年第2回定例会(第5号) 本文 開催日:2012-06-22

議員からは派遣した職員健康面での御心配をいただいており、内外部被曝線量は計測しているのかとの御質問でございますが、専門機関のホームページによりますと、被曝検査、外部の汚染検査をしてほしいのですがという問いに対しまして、福島第一原子力発電所に近い相馬中心部の相双保健所では8,000人以上を検査したが、除染を必要とする基準値を超えた人はいなかったとの報告や、放射線医学総合研究所で福島第一原子力発電所

菰野町議会 2011-09-08 平成23年第3回定例会(第2日目 9月 8日)

また、避難所運営支援としまして、福島相馬住民の方が避難しておりました新潟三条市へ、行政職3名、さらに避難所健康管理、心のケアを目的に保健師1名を岩手県陸前高田市へ派遣しております。  社会福祉協議会からもボランティアコーディネーターとして職員岩手県大槌町に2回派遣しております。  

菰野町議会 2011-06-14 平成23年第2回定例会(第3日目 6月14日)

世界5月号で、作家高橋卓志さんは、「風下の悲しみ、再び」と題した中で、相馬市民総合病院都知事選のニュースを見てのことをこう語っておられます。「候補者それぞれの主張を聞いていて愕然とした。ほとんどの候補者災害に強い町をつくると力強く語っていたのだ。彼らはまだ湯水のように資源を使い、エネルギーを消費する社会を基盤として政治をしようとしている。そうじゃないだろう。

伊賀市議会 2011-06-10 平成23年第 5回定例会(第3日 6月10日)

先日は、被災地相馬から被災者を受け入れている二本松市の議員から電話があり、被災者生活のため自転車を送ってほしいとのお電話がありました。このように支援の方法はさまざまです。被災地に行けなくとも、義援金、支援物資を送るなど支援はできます。私も引き続き、できる限りの支援を続けていきたいと思っております。  このたびの震災より想定外という言葉が使われるようになりました。

菰野町議会 2011-06-06 平成23年第2回定例会(第1日目 6月 6日)

さらに、福島相馬被災者避難しております新潟三条市の避難所運営に係る協力要請に応じ、一般事務職員3名を派遣いたしました。また、4月12日、町社会福祉協議会とともに、菰野町災害支援ボランティアセンターを設置し、被災者のためのボランティア活動への登録を開始し、5月末日現在で個人39名、2団体の登録を受けつけております。  

鈴鹿市議会 2011-05-23 平成23年建設水道委員会( 5月23日)

住所地宮城県の気仙沼市,宮城県石巻市,福島県の相馬でございます。  以上でございます。 ○森(喜)委員長  下水建設課長。 ○大薮参事下水建設課長  下水管理課下水建設課業務につきましては,関連いたします部分が多くございますので,両課の事業につきまして,私から御説明申し上げます。  それでは,16ページ,17ページをごらんいただきたいと存じます。  

亀山市議会 2006-12-12 平成18年12月定例会(第3日12月12日)

福島県小高町、今現在は合併によって相馬になっていますが、そこで「おだかe-まちタクシー」というのを走らせています。これは、バスより便利でタクシーより安い、そして「戸口から戸口まで」といううたい文句で、商工会議所実施主体となり、行政からの運営補助金と旧町内のタクシー会社協力を得て運行しています。

  • 1