615件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桑名市議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-09-11

ことしは伊勢湾台風60周年を迎える年であり、近年の異常気象などで豪雨被害、またいつ起こってもおかしくない東南海地震に向けて市民の方一人一人が危機意識を持つためのさまざまな啓発、訓練などの取り組みがされていると思います。  先日9月4日には三重県を豪雨が襲い、桑名市でも豪雨被害があったばかりの状況です。

志摩市議会 2019-06-13 令和元年第1回定例会(第3号 6月13日)

○10番(上村秀行) 子どもたちの安全を守るために、しっかりとした防災教育をしてもらって、一人でも、万が一地震があったときに、東南海地震があったりしたときに一人の犠牲もないような、先生も子どもたちもないような体制をとってもらいたいと思いますので、よろしくお願いします。  教育方針の中で、学校教育では、得意や好きな教科を伸ばしたような教育もあろうかと思います。

桑名市議会 2019-03-04 平成31年総務安全常任委員会 本文 開催日:2019-03-04

皆さん、こういうことを言うとほとんど、いわゆる東南海地震とか、そういう地震が起きたときとか、そういうことの計画だと思っているんですよ。そんな戦闘機が来て、それとかイベント会場にゲリラが来て、ばーっと鉄砲をやるとか、潜水艦が桑名に来るとか、そんなこと誰も思っていないですよ。これって、どういう内容、真剣になってあなたも入っているんですか、これ。

桑名市議会 2019-03-04 平成31年予算特別委員会総務安全分科会 本文 開催日:2019-03-04

今ちょうど消防力適正配置のところで2点言われたもんで、確認だけするんですが、まず言われたのは、大山田分署が狭いので、それに対する調査研究、それと、本部が東海・東南海地震で浸水の危険があるから、それも移転も含めてってこれはもう前からどうするかということを言われた問題と思うんですが、それと、救急車両のかかる時間とか、災害の発生頻度とか、そういう項目ですよね。  

四日市市議会 2019-02-02 平成31年2月定例月議会(第2日) 本文

南海トラフ、東南海地震など、いつ起きてもおかしくない状況です。  コンビナート防災はいかに、例えばパイプラインなどは地下埋設であったり、露出している管もあります。各企業が取り扱っている化学物質などもわかっていない状況です。これらを聞くと、秘密事項に当たるから市では管理できない、このようなこともおっしゃいます。  大規模災害になると近隣地域だけではなく、多くの地域の方たちにもかかわってきます。

亀山市議会 2018-12-12 平成30年12月定例会(第4日12月12日)

早急にそれは、やっぱりいつ、きょうの朝日新聞にも東南海地震がいつ起こるかわからんと、80%以上の確率があると、30年以内と。だから、今起こってもおかしないという中で、検討するよりも、まず私がよく言うのは、考えるよりも行動せよというのが優先的なことやと思うんですけど。

四日市市議会 2018-11-01 平成30年11月定例月議会〔附録〕

本市においても、1707年の宝永地震昭和21年の南海地震などの南海トラフ震源とする巨大地 震及びそれに伴う津波によって、大きな被害を受けてきた過去があり、近い将来にもその発生が危 惧されています。また、本市の中心部にある養老-桑名-四日市断層帯が震源となる内陸直下型地 震は発生確率こそ高くないものの、南海トラフ地震を超える被害想定がなされています。

伊賀市議会 2018-10-15 平成30年産業建設常任委員会(10月15日)

地域の強みといたしましては、関西圏、大阪であるとか、中部圏、名古屋の中間に位置しておりまして、また名阪国道新名神高速道路などの自動車交通の利便性が高く、内陸に位置することから、近い将来発生が予想されております南海・東南海地震による直接の津波被害の心配もないことから、会社機能のリスク分散の見地からも、地理的有利性があると考えられます。  

伊賀市議会 2018-09-11 平成30年第 4回定例会(第3日 9月11日)

伊賀市は、今後15年間料金据え置きということでございますが、東南海地震が予想される中、料金改定は15年以降になるということでございますが、この間、水道耐震化をどの程度進んでいるのか、お答えを願いたいと思います。 ○議長(岩田佐俊君)  上下水道部長。             (上下水道部長 清水仁敏君登壇) ○上下水道部長(清水仁敏君)  15年間値上げしないということで進めております。

いなべ市議会 2018-06-08 平成30年第2回定例会(第3日 6月 8日)

紀伊半島の東南海沖の南海トラフ沿いで起こる東南海地震紀伊半島から四国沖の南海トラフ沿いで起こる地震南海地震、二つの地震が同時に発生した場合、マグニチュード9クラスの巨大地震が発生となり、当市では震度5強の激しい揺れが発生すると予想されている東海地震に至っては、発生確率が高く、いつ発生してもおかしくないと言われています。  

いなべ市議会 2018-06-07 平成30年第2回定例会(第2日 6月 7日)

必ず来ると言われている東南海地震です。その間に、先ほど言いましたような、他の地域地震が起きておりますけれども、必ず確率が高く東南海地震が起きると言われております。この地震災害に対するいなべ市の基本的な備えについて質問いたします。  午前中の小川議員と重なるかもしれませんけれども、(1)避難所、水、食料備蓄の目標と達成度、その目標値の根拠について質問いたします。  

亀山市議会 2018-03-12 平成30年 3月定例会(第5日 3月12日)

三陸地震南海地震は、どちらかが発生すると10年以内にはもう一方が発生していることは過去の歴史が物語っています。東日本大震災から7年目を迎えた今、近い将来発生する可能性の高い南海トラフにおいて、大切な命を守る行動や防災に対して地域の皆さんと一緒に考える機会とさせていただきますというものです。  

志摩市議会 2017-12-08 平成29年第4回定例会(第3号12月 8日)

そこで、今回、大きな被害が懸念される南海トラフ地震については、東海・東南海・南海地震の3連動が予想をされており、この場合、神奈川県から九州東部まで、幅広い地域で大きな被害が予想されております。これらのことから、志摩市への応急救援についても、日数、時間を要することを覚悟しなければならないと危惧をしております。  

四日市市議会 2017-11-02 平成29年11月定例月議会(第2日) 本文

それは、安政元年1854年11月5日に発生した安政南海地震時に大津波から人々の命を救った濱口梧陵の逸話、稲むらの火にちなんで採用されたからであります。  安政南海地震から90年後に起きた昭和南海地震による津波が梧陵のふるさとを襲いましたが、梧陵が建設をした堤防が、人々の命、まちを救いました。これが稲むらの火の最終章であります。  

菰野町議会 2017-09-22 平成29年第3回定例会(第6日目 9月22日)

西日本地域では次の南海地震に向けた内陸地震の活動期に入ったのではないかとの議論もなされており、その対策は極めて重要です。  東日本大震災熊本地震では、多くの学校避難所となりました。地域避難所として、耐震・耐火性などの安全対策避難者の生活を支えるトイレや発電設備飲料水の確保等が求められます。  

菰野町議会 2017-09-14 平成29年第3回定例会(第5日目 9月14日)

西日本地域では、次の南海地震に向けた内陸地震の活動期に入ったのではないかと議論もなされており、その対策は極めて重要です。  東日本大震災熊本地震では、多くの学校避難所となりました。地域避難所として、耐震・耐火性などの安全対策避難者の生活を支えるトイレや発電設備飲料水の確保等が求められます。

菰野町議会 2017-09-11 平成29年第3回定例会(第2日目 9月11日)

これも、特に危惧されている東海・東南海・南海地震などが同時発生した場合の最大被害予測をもって、広域化を進めた場合、どうなるのか。このシミュレーションによってある程度の予測が立ち、先の財政シミュレーションにも生かすことができます。  この2つのシミュレーションを行うことによって、広域化を進める判断基準になり得ると考えますが、この2つの提案を考えていただけませんか。消防長、答弁を願います。