64件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

四日市市議会 2019-11-02 令和元年11月定例月議会(第2日) 本文

都市の先行事例では、政令指定都市では福岡市北九州京都市がありますが、自転車保険加入義務化している市は限られるそうで、名古屋市では当初、努力義務の予定が、所管事務調査で議員から意見が出て、義務化に至ったそうです。今回は罰則規定がありません。  当市、四日市市の同格市としては豊橋市が先ほどお見せしたように同様の条例を持ってみえます。  

志摩市議会 2019-09-06 令和元年第2回定例会(第2号 9月 6日)

自治体の例といたしましては、大分市北九州高松市大阪市など、県内においては伊賀市などが夏休みの短縮化を行っています。  また、宮城県松島市でも夏休みを短縮しましたが、短縮に踏み切った理由が新聞記事にありましたので要約して読ませていただきます。朝日新聞です。学力向上においては市議会でも対策をとるように求められていた。

四日市市議会 2018-11-04 平成30年11月定例月議会(第4日) 本文

少し他市の事例を紹介しますと、北九州静岡市の水素タウン、最近では宮城県の富谷市で既存の太陽光発電の電気から水素を取り出して、トラックで運び、一般家庭供給するという全国初の試みを環境省のメニューで実証中でありますし、直近では、川崎市の臨海部に世界初の水素ホテルという記事を見て、早速、同僚の樋口龍馬議員と行ってきました。  

鈴鹿市議会 2018-09-18 平成30年 9月定例議会(第2日 9月18日)

また,平成29年12月定例会の一般質問で,北九州や平塚市の知的・精神障害者の民間企業への一般就労を支援する取り組みとして,市庁舎内にワークステーションを設置していることを紹介させていただきました。その際,大変効果的な支援策であると認識しており,先進自治体の取り組み事例などを参考に,設置に向けて調査研究してまいりたいとの答弁がございました。  

四日市市議会 2018-08-02 平成30年8月定例月議会(第2日) 本文

紹介いただいたように、29都市が未来都市に選定されておって、北九州であるとかニセコ町とか、いろんな形のものが、10事業がモデル事業として選定をされているということでご紹介もいただきました。  じゃ、一方、本市はどうかということでございますけど、先ほど私も申しましたように、持続可能なということを大きく開発あるいは経済的な面で捉えてきておりました。

鈴鹿市議会 2017-12-05 平成29年12月定例会(第2日12月 5日)

北九州や平塚市では,知的・精神障害者の民間企業への一般就労を支援する取り組みとして,市庁舎内にワークステーションを設置しています。  資料3を映してください。             〔資料をスクリーンに示す〕  北九州は,平成27年から知的や精神障害者に市役所で業務を経験してもらおうと,障害者ワークステーションを保健福祉局内に設置しています。

四日市市議会 2017-11-02 平成29年11月定例月議会(第2日) 本文

平成23年2月に川崎市の呼びかけで開催されたこの第1回工場夜景サミットでありますが、当初は川崎市、四日市市室蘭市北九州の4都市であったのが、今回、第8回では、参加都市も10都市となり、日本10大工場夜景となっていると聞いております。  今回の第8回全国工場夜景サミットでは、各自治体の工場夜景を生かした取り組みや課題についても話し合われたと聞いております。  

桑名市議会 2017-09-13 平成29年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2017-09-13

10年間というのは、10年前に北九州で起こった餓死事件から昨今の生活保護バッシングや小田原市での「保護なめんな」ジャンパー事件などまでの10年間であります。  生活保護利用者は減ってきているように見えますが、実情はその他の世帯が見せかけの雇用の改善で減ったものの、高齢者障害者世帯はふえております。桑名市生活保護支援と困窮者自立支援事業に一生懸命取り組んでいただいております。

桑名市議会 2017-09-12 平成29年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2017-09-12

これは北九州の八幡東区枝光地区というところであるようですが、交通空白地。空白地というのは、500メーター以上のところを空白地というんですかね、そんなような規定、国の方針の決まりがあるようですが、そこの地域を、これは八幡製鉄のあった跡地で、高齢化がどんどん進んで、急傾斜の多いところに住宅が建っている、そういうような話でした。

鈴鹿市議会 2017-09-07 平成29年 9月定例会(第2日 9月 7日)

徳島県では長寿命化により行政コストを2割以上削減,相模原市は30年間で20%の延べ床面積を削減,北九州では40年間で公共施設の保有量を20%削減,平成の大合併をした施設の重複が多く,人口減の直撃を受ける香川県三豊市では延べ床面積の40年間で50%削減,鹿児島県霧島市では60%削減と大きな目標を打ち出しておられます。  ある自治体での水道事業プランなんですけど,これは例えばの話です。

桑名市議会 2017-06-22 平成29年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2017-06-22

2)は、視察に行った北九州では、広域水道の取り組みを行っており、市民にうれしい水道料金の値下げが行われております。このまま市民の負担増を求めるだけではなく、物理的にコスト削減を行い、市民負担の増加につながらない物理的な解決策が求められております。広域水道の取り組みについてどのように考えてみえるのかお答えください。  

桑名市議会 2016-12-14 平成28年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2016-12-14

佐三は現在の北九州会社を旗揚げし、関門海峡を舞台に船で石油販売の土台を築いてまいります。関門海峡は1日4度、潮の向きが変わる難所であります。壇ノ浦の戦いでは、潮目の変化で源平の形勢が逆転した。佐三が身をもって潮の流れを感じ取ったことが後の会社経営に役立ったに違いありません。矢は石をも通す。洋上で日章丸の目的地を乗組員に告げたとき、佐三は檄文で訴えました。

桑名市議会 2016-09-16 平成28年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2016-09-16

名古屋市、それから太田市、柏市、新宮市、奈良市、門真市、北九州、久留米市、言えば切りがないぐらいというか、かなりの市町で、そして、大阪もたしか市長退職金を廃止いたしました。全国で本当に市長の退職金をいただかないという特例条例を求めたり、退職金制度そのものを廃止しているところがふえてきています。  

四日市市議会 2016-08-04 平成28年8月定例月議会(第4日) 本文

経済交流を中心とした戦略的姉妹都市提携ということでございまして、先行している北九州の例でいきますと、3年、4年ぐらい実績を積み上げた場合に、次の姉妹都市提携ということを北九州もやっておりますので、そういうことも次の目標に置きながら、対応を期待しておるところでございます。  なお、あわせて、国の計画投資省外国投資庁とも経済交流に関する覚書締結したところでございます。  

四日市市議会 2016-06-02 平成28年6月定例月議会(第2日) 本文

また、子ども食堂に対して積極的な先進自治体としては、事業者への補助を決めた福岡市大分県など、そして自治体みずからが運営を行うことを決めた北九州堺市などもあります。国においても、ひとり親家庭子供の生活向上を図るための居場所づくりとして、子供の生活・学習支援事業に対する自治体の取り組みを支援することを決めております。  そこでお伺いをさせていただきたいと思います。

鈴鹿市議会 2016-05-23 平成28年地域福祉委員会( 5月23日)

○森川委員  随分前にですけれども,視察に伺ったときに,北九州だったと思うんですけれども,専任の職員を数人つくって,地域へ出向いて行って――確かに職員が全員参加することは大事ですけれども,常時物事を考えるのを仕事の兼務みたいな形でさせるというのは余りいいことではないなというふうに思うんですね。

桑名市議会 2016-03-24 平成28年第1回定例会(第6号) 本文 開催日:2016-03-24

本案は、本年1月下旬の新聞報道等にありましたように、北九州において議員が長期にわたり本会議を含む全ての会議を欠席し、その間、議員報酬の全額が支払われていたことについて、市内外から批判の声が上がったことを踏まえて、本市議会においてこのような事例が生じた場合について、欠席期間及び理由に応じて報酬を減額する条例議員みずから整備するものであります。  以上、提案説明とさせていただきます。