42件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

亀山市議会 2019-12-09 令和元年12月定例会(第2日12月 9日)

簡単にまとめると、地域包括ケア病床をふやして化学療法室をなくし、一般病床を減らすということだと理解をいたしました。  まずは、今回なくなるこの化学療法室というのはどのような役割を持つ部屋なのか、お伺いをいたします。 ○議長(小坂直親君)  2番 中島雅代議員の質疑に対する答弁を求めます。  古田地域医療部長

亀山市議会 2019-11-29 令和元年12月定例会(第1日11月29日)

また、これにあわせて現在の化学療法室を一般病床の2人部屋1室(2床)に改修いたします。これらに伴い、合計病床数に変更が生じるため所要の改正を行うものでございます。  改正内容は、病床数を「92床」から2床減らし、「90床」といたします。  なお、施行日は令和2年4月1日といたします。  

四日市市議会 2019-08-01 令和元年8月定例月議会(第1日) 本文

また、平成29年度から実施している透析室ほか改修工事につきましては、旧透析棟に当たります外来診療棟3階の内視鏡室やX線TV室、診療棟1階の化学療法室の供用開始により、一連の移転拡充工事を完了しました。さらに、質の高い医療の提供と検査の待ち時間短縮を図るため、必要な改修工事を実施した上、3テスラMRI装置を導入し、供用を開始しました。

伊賀市議会 2018-09-03 平成30年第 4回定例会(第1日 9月 3日)

新たに赴任した女性の乳腺専門医が、主に、乳癌を含む乳腺疾患の診断と手術、化学療法、緩和ケア療法などの治療を担当します。男性医師の診察をちゅうちょされている女性の方も受診しやすくなりました。  外来診療に関しては、入院患者の診察や手術の日などを除いた月曜日、水曜日と金曜日に紹介状がなくても受診ができます。  

四日市市議会 2017-08-01 平成29年8月定例月議会(第1日) 本文

また、人工透析室、内視鏡・X線TV室の移転拡充と化学療法室の拡張整備に向けた改修工事に着手しました。  さらに、来院者の利便性向上のため、外来患者用院外南駐車場砂利敷きから全面アスファルト舗装への改修工事を進めました。加えて、患者安全、安心で高度な医療を提供するため、心臓血管造影X線診断装置や多用途透析用監視装置、内視鏡システムなどの整備を行いました。  

四日市市議会 2016-11-02 平成28年11月定例月議会(第2日) 本文

まず、新しい放射線治療効果ということでございますけれども、この放射線治療につきましては、手術、化学療法と並んでがん治療の大きな柱の一つとなっております。  当院では、この放射線治療の充実を図るために、本年度治療棟を増築いたしまして、三重県内では初めてとなる高精度放射線治療装置を導入いたしました。現在、来年度からの稼働に向けまして治療装置の調整作業を進めておるところでございます。  

桑名市議会 2016-06-24 平成28年教育福祉常任委員会 本文 開催日:2016-06-24

それが収益に反映してくるのと、新しい病院ができれば、理事長がおっしゃいます放射線治療によって、これまで名古屋市四日市市へ行かれておった患者さんが桑名で完結するという、完結というか、がん対策にとって放射線治療化学療法、外科学的療法、この三つが伴って収益が上がるというふうに見込んでおります。それが主な収益増の要素、目玉となる診療科となるというふうに考えております。

伊賀市議会 2015-12-14 平成27年予算常任委員会(12月14日)

なお、この大きな部屋をやはり患者さんが入院されたときに、どうしてもがんの患者さん、それから化学療法をされる患者さんで入院される患者さんが、やはり個室でいたいというようなニーズが非常に高くなってきておりまして、そこを患者さんに御満足をいただけるというようなことを考えますと、個室にいたしましてやっていきたいというふうに思っております。  

伊賀市議会 2015-12-08 平成27年第 5回定例会(第3日12月 8日)

やはりがんの患者さん、まずは手術をされて、本院でされる方もございますし、近隣の病院のほうで手術をされて、その後、化学療法的にがんサポートセンターに来られる方、それから入院されてやはり症状的に副作用的に大変なので入院をさせてほしいというような方がみえまして、そうしましたときに、やはりできれば個室というようなことをおっしゃられるというのを医師及び看護師のほうから常々伺っておりますので、このところ大きなところを

伊賀市議会 2014-03-05 平成26年第 2回定例会(第2日 3月 5日)

ただ、本人さん、御家族の方々が大きな手術されるときは大きな病院に行かれて、術後のケアについてはやはり近いとこの病院で通院されるという部分については、当院については化学療法であったり緩和ケアであったり、そういった診療を提供させていただいております。5階の改修につきましては、少し今おくれておりまして26年度に着工ということでやっております。

伊賀市議会 2014-02-27 平成26年第 2回定例会(第1日 2月27日)

がんの総合診療については、昨年8月、伊賀地域で初のがん診療連携推進病院の指定を受けましたが、平成26年度は5階病棟をがん療養病棟と改修し、外来化学療法栄養サポートとあわせて診療の充実に努めていきます。  また、訪問介護につきましても、昨年11月に訪問看護ステーションを本格稼働させたところであり、在宅看護の支援を進めています。  

桑名市議会 2013-03-18 平成25年新病院の整備等に関する特別委員会 本文 開催日:2013-03-18

この形態を有効に活用するため、外来化学療法室を配置する計画でございます。  既存のD棟のほうをごらんください。D棟には、医局や当直室などから構成された医療系の管理部門を配置します。現在、医局につきましてはB棟に配置されております。B棟が取り壊されるということが前提となっておりますので、こちらのD棟のほうに配置を考えております。  

伊賀市議会 2013-02-13 平成25年第 2回定例会(第1日 2月13日)

緩和ケアや相談機能の強化を図り、既に稼働いたしておりますがんサポート・免疫栄養療法センターでの外来化学療法栄養サポートとあわせて、がん総合診療の充実に努めているところです。  また、昨年開設しました大腸肛門病外来では、がんの早期発見・早期治療効果が出ているほか、認知症専門医によるもの忘れ外来でも早期の段階で効果的な治療を行い、認知症の軽減に努めています。  

伊賀市議会 2012-06-15 平成24年第 4回定例会(第4日 6月15日)

当センターではがん患者さんを化学療法免疫栄養療法の両面からサポートしておりまして、平成23年度、約800件の外来化学療法を行っております。センター内では抗がん剤を投与するための外来化学療法室を設置しておりますし、患者さんの栄養状態を正確に評価し、治療効率を上げるため、患者さんの状態に応じた栄養療法も展開しているというところでございます。以上でございます。 ○議長(北出忠良君)  空森栄幸君。