749件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

いなべ市議会 2019-12-20 令和元年第4回定例会(第5日12月20日)

以上から、議員報酬の期末手当特別職の期末手当を引き上げようとする第2条、第3条、第5条、第6条を削除する本修正案に賛成します。 ○議長(水谷治喜君)  ほかに討論はございませんか。                 (「なし」の声あり) ○議長(水谷治喜君)  これにて、討論を終わります。  

桑名市議会 2019-12-16 令和元年総務安全常任委員会 本文 開催日:2019-12-16

地方公務員法第22条第1項は、条件つき採用職員を規定しておりますが、今回の地方公務員法の改正により、第22条第2項以降が削除されたことにより第1項がなくなりましたので、第22条とするものでございます。  次の地域手当につきましては、今回の改正に合わせて手当名を修正したものでございます。  

志摩市議会 2019-12-16 令和元年産業建設常任委員会(12月16日)

○委員(金子研世) こちらに継続調査事件のところの一覧に書いてある、平成29年から令和元年度に書いてあります2番の産業振興諸施設のあり方に関する調査研究というのは削除するということでよろしいですか。 ○副委員長(山本桂史) ここに書いてある2番、産業振興諸施設のあり方に関する調査研究ということと、プラス、下水道に関する調査研究ということで、3点ということにさせていただきたいと思います。  

鈴鹿市議会 2019-12-12 令和元年地域福祉委員会(12月12日)

指標名につきましては,隣保館児童センター事業などへの参加者数とあるのを,「など」を削除させていただきました。後期目標値につきましては,隣保館におきましては,相談しやすい環境づくりの推進や,各種サークル活動をより支援し,貸し館事業を活性化させることで利用者の増加を図り,また児童センターにおいては,人気のある親子遊びなど交流事業をふやすことで参加者増を図ってまいりたいと考えております。

菰野町議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第3日目12月10日)

朝上地区内にはですね、豊かな緑や田園など、良好な自然環境を有していることからということで、田光・杉谷山麓部工業地エリアがあるんですが、次の都市マスタープラン案では、削除されておるんですけど、その理由について、聞かせてください。 ○議長(矢田富男君) 答弁を願います。  まちづくり推進室長、伊藤俊幸君。

志摩市議会 2019-11-29 令和元年第3回定例会(第1号11月29日)

次に、地方公営企業法の適用を受けることになるため、行政委員会のもとにあった下水道課は削除することによる関係条例の改正として上程しております。  また、集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例の規定内容を下水道条例及び下水道使用条例に盛り込んだ形での条例改正を行っておりますので、それに伴って集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例の廃止を上程しております。  

志摩市議会 2019-11-19 令和元年全員協議会(11月19日)

これが、私、職員の覚悟かなというふうにして、とっておったんですけども、最終的に、今回のものを見ると、その18ページの(2)の御指摘、経費の抑制の下ですね、(3)で職員給与の削減、私、職員給与を削減せいということじゃなくって、もし万が一、財政調整基金等に残高が下回った場合、そこまでの覚悟を持って出されておるんだろうというふうに読み取っておったんですけども、今回、それが削除されてます。

四日市市議会 2019-11-06 令和元年11月定例月議会(第6日) 本文

また、修正案7として、委員からは、「四日市が仕掛ける中心市街地活性化の起爆剤」との記述から、末尾の「起爆剤」の文言を削除したいとの提案がありました。  また、修正案8として、委員からは、「新図書館においては」の記述の後に、「市民生涯学習の場や子どもたちが読書を楽しむ環境をつくり」の文言を追加したいとの提案がありました。  

四日市市議会 2019-11-01 令和元年11月定例月議会〔附録〕

3歳児保  育を開始する議論も不十分であり、内容を削除すべきである。 ・こども園が整備されることとなった神前地区において、市から説明を受けた地域住民は  全市的にこども園化が進むものと認識している。各地域において、同様に誤解を招く恐  れのある説明を行い、なし崩し的に市の都合の良いように施策を進められるのではない  かと危惧している。

桑名市議会 2019-10-02 令和元年第3回定例会(第6号) 本文 開催日:2019-10-02

次に、議案第98号 桑名市保育所条例の一部改正について、条例で定めていた定員の規定をなぜ削除するのかとの質問があり、保育無償化により増加が予想される保育ニーズに柔軟に対応するため、規則において定めると説明がありました。  なお、原案に対する討論として、保育の質の低下を防ぐため、基準条例に明記すべきであることから反対との討論がありました。  

桑名市議会 2019-09-19 令和元年都市経済常任委員会 本文 開催日:2019-09-19

に改め、また、別表、施設名、農林漁業体験実習施設の表中、「使用料」を「基本額」に改め、終日の区分を削り、「24時制」を「12時制」に改め、摘要の「味噌造り」については改正後のように表を改め、また、市外者の区分を削除し、新たに備考2に「桑名市民以外の者が利用する場合の使用料は、それぞれの区分の使用料の2倍の額とする。」と、備考1に「時間区分は、準備及び原状回復の時間を含むものとする。」

桑名市議会 2019-09-19 令和元年総務安全常任委員会 本文 開催日:2019-09-19

まずは、桑名市職員の分限に関する手続及び効果に関する条例第1条関係でございますが、地方公務員法「第16条第2号」を「第16条第1号」に改めるものでございますが、改正前の地方公務員法第16条は、職員となり、または競争試験もしくは選考を受けることができない者として、第1号に成年被後見人、または被補佐人と規定されていたものが削除されましたので、1号ずつずれが生じたものでございます。  

桑名市議会 2019-09-18 令和元年都市経済常任委員会 本文 開催日:2019-09-18

の部分を削除するものでございます。  この地方公務員法第16条は欠格条項の規定であり、第1号は成年被後見人または被保佐人は、職員となり、または競争試験もしくは選考を受けることができないものとされておりましたが、欠格条項をなくす法案閣議決定されたことにより削除されたものでございます。  なお、施行日につきましては、条207ページに記載のとおり、令和元年12月14日からでございます。  

鈴鹿市議会 2019-09-13 令和元年地域福祉委員会( 9月13日)

幼稚園条例において,保育料の徴収に係る第4条の条文には,保護者から徴収する保育料の年額の上限額が規定されていたことから,その部分を「0円」に改正するとともに,第5条の保育料の減免規定につきましても,必要がなくなることから減免規定を削除し,以下の条項,第6条を第5条に,第7条を第6条に繰り上げて,令和元年10月1日から施行するものでございます。  以上でございます。

鈴鹿市議会 2019-09-13 令和元年総務委員会( 9月13日)

今回の改正は,以上のことを踏まえ,鈴鹿市消防団条例第5条に規定されております消防団員となることができないとする欠格事由のうち,第1号の「成年被後見人又は被保佐人」を削除し,第2号を第1号とし,第3号から第5号を1号ずつ繰り上げ,第11条第2号中の「第3号」を「第2号」に改めるものでございます。  なお,今回の条例改正の施行日は,本年12月14日から施行しようとするものでございます。