69件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桑名市議会 2020-03-04 令和2年予算特別委員会教育福祉分科会 本文 開催日:2020-03-04

こちらにつきましては、市内の社会福祉法人が17か所ほどございますけれども、そちらのほうのいわゆる法人監査というのをしておりまして、それにお願いをしている公認会計士の報酬等が主な費用になっておりまして、適切な運営を行っていただいているかというところを確認させていただいているというものでございますので、お願いいたします。

いなべ市議会 2019-09-20 令和元年第3回定例会(第5日 9月20日)

いなべ市の監査委員を選任するに当たり、監査委員報酬の予算の増額が必要になるとしても、専門的な知識、公平公正性、透明性を図る観点から、公認会計士あるいは外部監査法人等から選任することが望ましいと考える。  よって、この第1号に賛成することはできません。  以上です。 ○議長(林 正男君)  これにて、討論を終わります。  

四日市市議会 2019-02-02 平成31年2月定例月議会(第2日) 本文

なぜ75億円や10億円という額を積み立てる必要があるのか、市長はその根拠を示すべきであり、公認会計士である市長が目指している公会計改革にはぶれがないのか、市長には説明責任がありますが、いかがでしょうか。  次に、これまで市長は、子育てするなら四日市や教育するなら四日市という都市イメージの定着に、子育て教育支援をぶれずに進めると表明されております。  

四日市市議会 2019-02-01 平成31年2月定例月議会(第1日) 本文

具体的には、新たに採用した公認会計士の知見も活用しながら、施設行政コスト計算書等の作成を行い、これまでの現金主義会計では明らかでなかった減価償却費なども含めたフルコストでの費用分析や経年的分析を進め、業務の効率化につながる取り組みを引き続き進めてまいります。  また、老朽化が進む本市の公共施設に関して、計画的な予防保全や適正な維持管理に努め、施設長寿命化や維持管理コストの削減を図ります。

志摩市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第4号12月10日)

その中で、弁護士または公認会計士が、その実務を通じて得た高度の専門的な知識、また、大学教員または研究所研究員で、特定の分野において高く評価される実績を上げた者というような形での明示がございます。この通知に基づきまして、弁護士は、特定任期付職員ということで分類され、また、その他の職種では、医師等も該当するというふうには考えてはおります。

志摩市議会 2018-11-29 平成30年第4回定例会(第1号11月29日)

第1項は、弁護士公認会計士のような高度の専門的知識経験を有する者、第2項では、1級建築士などの専門的な知識経験を有する者を採用できると規定しております。  第3条につきましては、第1条、第2条のほか、一定期間内に終わる業務、または、一定の期間だけ業務量が増加する業務に従事させるために職員を採用できると規定しております。  

四日市市議会 2018-08-07 平成30年8月定例月議会(第7日) 本文

この場所に、このひな壇にも、公認会計士資格を持っている方が2人おられると思います。決算というのは1円たりとも、それから一つの事業目的たりとも、間違いがあっては許されるものではありません。  民間であれば当然、修正申告をするわけですが、地方自治体決算については、過年度で過不足を直していくということで修正は行われません。そういう立場でいくと、やはり不認定にする。  

伊賀市議会 2018-03-16 平成30年総務常任委員会( 3月16日)

改正の理由ですが、識見監査委員の報酬につきまして現監査委員公認会計士でもあるにもかかわらず報酬額が低いのではないかとの御意見がございました。それにつきまして、県内各市の識見監査委員の報酬月額や職業、元職業などの調査を行い検討いたしました。その結果、公認会計士資格を有する識見監査委員さん対する報酬といたしましては低額であると判断させていただきましたため、条例の改正案を提出させていただきました。  

菰野町議会 2018-03-13 平成30年第1回定例会(第4日目 3月13日)

そのチェックのために、来年度の予算公認会計士を採用する予定となっております。  こういった会計処理方法についても、変えることで、財源確保に必要な施設の修繕や建てかえ時期、職員退職金給与の負担も予算上で推測しやすくなるのではないですか。私が不安視する将来の菰野町の財政が硬直化していかないよう、町長を初め、財務課には、一度、御一考をしていただきますように求めておきます。

四日市市議会 2018-02-02 平成30年2月定例月議会(第2日) 本文

次に、公認会計士の採用について。  かねてより、森市長は行財政改革に力を入れていく方針であり、公認会計士の採用を目指されてきました。  昨年12月26日の記者会見公認会計士の採用が決まったとのことでしたが、その2日後に本人の都合で採用辞退があったと1月16日の記者会見で報告され、今後、再募集を始めるとのことでありましたが、募集活動は行われているのですか。

桑名市議会 2017-12-13 平成29年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2017-12-13

わからないからコンサルに計算させる、それをもって弁護士とか公認会計士を入れたあり方第三者委員会にかけるとか、そういうことをしないとわからないわけじゃないですか。わからないからこそ、こういう方式をとられたらどうですかというふうなことを申し上げておるんですね。  ぜひ御指示を出してくださいと。御指示を出さないと言われるんですけど、研究の価値もないんですか。検証することが何かマイナスになるんですか。

亀山市議会 2017-12-12 平成29年12月定例会(第3日12月12日)

公認会計士税理士等の支援によってデータを精査して固定資産台帳を完成したと。  せんだってお聞きしたときには、もうほとんどできているというようなことでしたんですけど、平成29年度ももう終わるわけでございますけど、完全にこの固定資産台帳の整備はされたのか、それについてお尋ねしたいと思います。 ○議長(西川憲行君)  上田部長

伊賀市議会 2017-12-08 平成29年第 6回定例会(第3日12月 8日)

その中では、監査制度公認会計士有識者らが務める監査委員権限強化のために、現在は意見にとどめておりますけれども、場合によっては首長に勧告する仕組み、そしてまた、情報通信技術建築など専門的な知識が必要な場合は、外部委員を専門委員として民間から任命できる仕組み、そしてまた、現在は議会のほうからの選出として1名監査委員が選出されておりますけれども、会計に関する知識というのが、悲しいかな議会議員、人によってはありますけれども

いなべ市議会 2017-12-05 平成29年第4回定例会(第2日12月 5日)

ですから、公認会計士さんなどが常勤監査制度に変わるか、議会から選出の監査委員さんを常勤監査に変えていくとか、その制度がちょうど変わる過渡期で、まだ新しい制度が確立しておりません。ですから、その移行期間という形で、一番よく御存じの羽場さんにお願いできたらと思っております。  以上です。 ○議長(林 正男君)  ほかに質疑はございますか。                 

伊賀市議会 2017-09-22 平成29年総務常任委員会( 9月22日)

総務課長(前田康人君)  1号委員につきましては大学教員、そして3号委員につきましては弁護士公認会計士税理士等の方を考えておりまして、そしてその方が外部委員として固定委員でございます。そして、市職員としてそこの管轄部長等が2名程度入るということで、一つの部会について6人程度になるのではないかと考えております。 ○委員長(岩田佐俊君)  中谷委員。

桑名市議会 2017-09-21 平成29年総務安全常任委員会 本文 開催日:2017-09-21

74 委員(星野公平)  要するに、自分たちでできないから、弁護士とか公認会計士を雇いたいということらしいんですけれども、それで、ちょっとちゃんと説明してもらいたいんですけれども、第2条第2項の(1)から(4)ですね、この違いをちゃんと説明してください。  それから、もう1点、第4条第2項の(1)から(7)、この違いですね。