187件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

四日市市議会 2019-11-03 令和元年11月定例月議会(第3日) 本文

平成29年3月に新しい学習指導要領公示されまして、ここには防災を含む安全教育について述べられております。以前もこの点で議論をさせていただきましたけれども、豊かな人生の実現や災害等を乗り越えて、次代の社会を形成することに向けた現代的な諸課題に対応として求められる資質、能力教科等横断的な視点で育成していくことができるよう各学校の特性を生かした教育課程の編成を図るものとするというふうにあります。  

伊賀市議会 2019-09-18 令和元年決算常任委員会( 9月18日)

そこで一つですね、これはまず入札日が9月20日に行われていますけれども、公示の日、告知の日というのはいつでございましたですか。 ○委員長(福田香織君)  答弁願いますか。  管財課長。 ○管財課長(越村憲一君)  失礼します。公示日につきましては、平成30年9月12日でございます。入札日は9月20日でございます。 ○委員長(福田香織君)  田中委員。 ○委員(田中 覚君)  約8日か1週間。

伊賀市議会 2019-09-10 令和元年第 5回定例会(第3日 9月10日)

では、今の伊賀市公示価格、地価が最も高いレベル上野東町のところが今までが最高の価格の場所だったと思いますんですけど、そういう場所に高額過ぎるトイレを設置するというお考えだった岡本市長の行政経営感覚についても首をかしげざるを得ません。  今の公示価格、伊賀市で一番高いところはどこになっておりますか、お答えください。 ○議長(中谷一彦君)  財務部長

亀山市議会 2019-06-21 令和元年総務委員会( 6月21日)

国会議員選挙等の執行経費の基準に関する法律及び公職選挙法の一部を改正する法律により、国会議員選挙等の執行経費の基準に関する法律が改正され、令和元年5月15日以後、その期日公示され、または告示される国会議員選挙等における選挙長等の費用弁償額の基準額が改定されたことから、所要の改正を行うものでございます。  

亀山市議会 2019-05-31 令和元年 6月定例会(第1日 5月31日)

次に、議案第42号亀山市委員会の委員等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてでございますが、国会議員選挙等の執行経費の基準に関する法律及び公職選挙法の一部を改正する法律により国会議員選挙等の執行経費の基準に関する法律が改正され、令和元年5月15日以降その期日公示され、または告示される国会議員選挙等における選挙長等の費用弁償額の基準額が改定されたことに伴い、所要の改正を行うものでございます

鈴鹿市議会 2018-09-27 平成30年総務委員会( 9月27日)

○宮本委員  先ほどのお話を聞いて,やっぱり相当,予算的なところも苦労されたから,相当考えて,何とか早く整備していこうという意思を感じるわけで公募,公示の仕方はこの後お聞きしますけれども,今回こうしたことをトピックスとして出されたというふうに思います。  

桑名市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-09-11

そのような状況の中、既に学校における心肺蘇生教育の重要性についての認識は広がりつつあり、平成29年3月に公示された中学校学習指導要領保健体育科の保健分野では、応急手当てを適切に行うことによって、障がいの悪化を防止することができること、また、心肺蘇生法などを行うことと表記されているとともに、胸骨圧迫、AED使用などの心肺蘇生法、包帯法や止血法としての直接圧迫法などを取り上げ、実習を通して応急手当てができるようにすると

四日市市議会 2018-08-04 平成30年8月定例月議会(第4日) 本文

本年、平成30年の3月30日に公示され、4月1日施行子育て安心プラン等を踏まえた基本指針の改正が実施されております。  これは、この子育て安心プランにより、待機児童を解消するために必要な受け皿約22万人分の予算平成30年度から平成31年度までの2年間で確保した上で、2020年度末までに待機児童を解消するとともに、2022年までの5年間で約32万人分の受け皿を整備することとされています。  

亀山市議会 2018-06-26 平成30年 6月定例会(第5日 6月26日)

審査の過程では、土地における固定資産税の負担調整措置を改めて3年間延ばす背景について質疑があり、これについては、公示価格の7割をめどとして評価する7割評価を継続するとともに、地価が下落したものについては、措置年度においても評価額の修正が可能となるなど、いわゆる課税の公平を担保した中で、平成9年度から続いている制度の延長になったと認識しているとの答弁でありました。  

伊賀市議会 2018-06-14 平成30年第 3回定例会(第5日 6月14日)

地価公示が公表されました、過日。その地価公示を見ておりましたら、伊賀は全体で去年より2.9%、いわゆる伊賀市の値打ちが下がった。このように、ことしの1月1日の地価公示。それが3月の28日に公表された。これで中身を拝見させていただきましたら、例えば当然この丸の内も下がっている。市長がお育ちになった池町も下がっている。私も育った万町や今でもお世話になっている緑ケ丘も下がっているということなんです。

伊賀市議会 2018-03-22 平成30年伊賀神戸駅前バス待機場用地に係る賃貸借契約に関する調査特別委員会( 3月22日)

それをフォローするような視点として路線価があったり公示価格があったり、そういった総合的な部分の中から固定資産税の評価はなされているというふうに認識してます。それと一つ、伊賀市が今まで賃貸借業務、これをやってきている継続的な流れの中でその土地の全ての鑑定評価を取った上で賃貸借契約を結んできているのではない。

伊賀市議会 2018-03-20 平成30年伊賀神戸駅前バス待機場用地に係る賃貸借契約に関する調査特別委員会( 3月20日)

ですので、伊賀市さんの場合ですと、一般的にはやはり人口減少等がありまして、需要の減退というのがかなり著しいかなというイメージがありますので、また地価公示、地価調査の地価の下落変動率というのも毎年2、3%ぐらいずつはあるんではないかというふうに判断されますので、少なくとも5年、6年の間に十数%以上の下落はあるのかなというふうには考えられます。それは土地の価格ということです。  

伊賀市議会 2018-03-09 平成30年伊賀神戸駅前バス待機場用地に係る賃貸借契約に関する調査特別委員会( 3月 9日)

鑑定評価をもとにっていうことですけれども、以前は1筆の土地ならば鑑定評価っていうのもまあまあよくあることだということですけれども、ほかに路線価は無理なんですけれども、公示地価であったり、委員の指摘もありますけども固定資産税の評価額、いろいろ検討する余地があったのではないかと思うんですけれども、そういう検討は全くされなかったんですか。 ○委員長(岩田佐俊君)  宮崎証人