運営者 Bitlet 姉妹サービス
477件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-27 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2018-12-27 直近では、12月18日読売新聞で政府がまとめた児童虐待防止の対策強化、いわゆる新プランの概要の記事が掲載されました。その概要は2017年度の児童相談所が対応した児童虐待数は全国で13万3,778件、2016年度の児童福祉法改正で全国の市区町村に子ども家庭総合支援拠点の整備を努力義務としましたが、人手不足で本年2月時点で設置されているのは106市町村にとどまっております。 もっと読む
2018-12-06 伊賀市議会 平成30年第 5回定例会(第2日12月 6日) 本来、今は全国的にも児童虐待に対する案件というのがかなりふえてきております。特に、まず先月は児童虐待防止月間でして、オレンジ色に象徴される、今部長もつけられてますけれども、オレンジ色に象徴されるように、そういった月間で始まってまいりました。特に育児の中での児童虐待が、事案やまた相談が多くなっているということでございます。もう端的に進めたいと思います。   もっと読む
2018-09-27 志摩市議会 平成30年第3回定例会(第6号 9月27日) 子どもの命が失われる痛ましい事件を繰り返さないよう、市町村児童相談所の職員の体制及び専門性の強化、適切な情報共有など、地方自治体間等の関係機関との連携体制の強化や適切な一時保護の実施などによる児童虐待防止策、家庭養育優先原則に基づく特別養子縁組、里親養育支援体制の整備、児童養護施設等の小規模地域分散化職員配置基準の強化を含む、高機能及び家庭養育支援への機能転換などの社会的養育を迅速かつ強力に推進すると もっと読む
2018-09-11 桑名市議会 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-09-11 次に、2)アウトリーチ型の事業の計画は、についてでございますが、子育てに関する悩みを抱え、支援の場にみずから出ることができずに孤立する家庭への支援が必要とされる中、ホームスタート事業を初めとするアウトリーチ型の訪問支援は、子育てのストレス、不安感、孤立感の軽減、解消に効果的であり、児童虐待の未然防止につながるものと思っております。   もっと読む
2018-09-10 桑名市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2018-09-10 本市の児童虐待相談件数は、平成29年度においては142件で、前年度から53件増でございました。  内訳といたしましては、身体的虐待52件、性的虐待1件、心理的虐待55件、保護怠慢、拒否、いわゆるネグレクトが34件でございました。   もっと読む
2018-09-06 いなべ市議会 平成30年第3回定例会(第2日 9月 6日) ○健康こども部長(佐野謙二君)  それでは、(1)子どもの命を守るためにのうち、③児童虐待に関する取り組みにつきまして、健康こども部から答弁申し上げます。  国は平成16年に児童福祉法を改正して、家庭における児童相談を市の業務として位置づけをしてございます。 もっと読む
2018-06-19 桑名市議会 平成30年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2018-06-19 児童虐待を防止するにはあらゆる機関の連携、そして、支援が必要と考えます。  そこで、市の大切な宝である子どもたちが健やかに生まれ育つための支援について6点お伺いいたします。  1点目は、市の虐待相談状況及び対応をお伺いいたします。  先日、2017年度に児童相談所で対応した児童虐待の件数を県が発表いたしました。前年度より3割近く多い1,670件に上ったそうです。市の状況はいかがでしょうか。 もっと読む
2018-03-08 いなべ市議会 平成30年第1回定例会(第3日 3月 8日) 3、児童虐待について問わせていただきます。  最近の新聞やニュースでたくさん目にするようになった児童虐待の問題は皆さんも御存じかと思います。おとついも先週も四日市で虐待が起こっており、子どもがけがをしたことをニュースでやっておりました。絶対にあってはいけない、防止しないといけないという思いで、本日、一般質問をさせていただきます。  (1)現状として、①相談件数と発生数は。   もっと読む
2018-03-05 伊賀市議会 平成30年第 1回定例会(第2日 3月 5日) そこで子供の安全、交通安全について、まず児童虐待について伊賀市での件数とその対処法をお聞かせください。  以後の質問は自席にてさせていただきます。 ○議長(空森栄幸君)  人権生活環境部長。            (人権生活環境部長 大橋久和君登壇) ○人権生活環境部長(大橋久和君)  失礼します。人権生活環境部、大橋でございます。   もっと読む
2018-02-01 四日市市議会 平成30年2月定例月議会(第5日) 本文 児童虐待や家庭の事情により親元で暮らせない子供たちを育む生活の場としましては、大きく分けて施設と里親がございます。昨今は、特定の大人と安定した愛着関係をつくるために家庭に近い環境で子供を育てる里親委託が重視されつつありますが、日本においては里親委託がまだまだ進んでいないのが現状でございます。   もっと読む
2018-02-01 四日市市議会 平成30年2月定例月議会(第2日) 本文 最後に、本市では、昨年8月に小学1年生の外国籍の女児が亡くなる児童虐待事件があり、外国籍で母親の内縁の夫が逮捕、起訴されております。お亡くなりになられたお子様には心よりお悔やみを申し上げます。   もっと読む
2017-12-12 菰野町議会 平成29年第4回定例会(第3日目12月12日) 質問の第2は、母子保健・子育て支援事業のさらなる充実を図り、児童虐待防止、未来を担う子どもが生き生きと育つ地域づくりを求めて質問をいたします。  「保育園落ちた。日本死ね。」のツイッターが世間で反響、共感を呼び、注目をされました。  自民党政治のもとで子育て環境のおくれている日本では、少子高齢化が急速に進んでいます。   もっと読む
2017-09-21 松阪市議会 松阪市 平成29年  9月 決算調査特別委員会-09月21日−02号 家庭児童相談事業費について、どれぐらいの啓発活動を行ったかとの質疑に対し、児童虐待防止啓発にかかわる啓発活動については、11月が虐待防止啓発月間であり、街頭啓発を行う中で、駅やショッピングモールにおいて啓発物品の配付を行った。年間を通じては、本庁の受付、健康福祉部のカウンターや地域振興局のカウンターにオレンジリボンを置いて、啓発を行っている。 もっと読む
2017-09-19 桑名市議会 平成29年決算特別委員会教育福祉分科会 本文 開催日:2017-09-19 まず、事業目的でございますが、いじめ、不登校、暴力行為、児童虐待など、児童・生徒の問題行動及び学校と保護者とのトラブルなど、教育現場における課題は多様化しております。 もっと読む
2017-09-14 桑名市議会 平成29年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2017-09-14 平成12年に児童虐待の防止等に関する法律が制定されてから17年、法整備は進み、児童虐待の発生予防、早期発見、早期の適切な対応、虐待を受けた子どもの保護、切れ目のない支援などの対策が進められてきました。 もっと読む
2017-09-11 松阪市議会 松阪市 平成29年  9月 決算調査特別委員会・環境福祉分科会-09月11日−01号 財源内訳、国庫支出金66万5000円は児童虐待・DV対策費等総合支援事業費補助金で、その他財源8562円は雇用保険料個人負担収入でございます。  119ページをお願いいたします。  第9目児童発達支援費でございますが、下から2段目の児童発達支援給付事業費2億6363万8800円は、児童福祉法に基づく心身の発達に心配がある児童、または障害のある児童に対する通所サービスや相談支援の給付でございます。 もっと読む
2017-08-01 四日市市議会 平成29年8月定例月議会(第4日) 本文 その結果として家族のきずなが弱まって、老人の孤独死や児童虐待、育児放棄、配偶者からの暴力問題、これが社会問題になって、幸福のとりでであったはずの家庭が崩壊して、それで今ある家族が不幸のとりでに変わり果てていると、こんなふうに思っている。   もっと読む
2017-06-14 伊賀市議会 平成29年第 4回定例会(第4日 6月14日) 特に児童虐待や青少年の犯罪の課題と同和教育やLGBTを初めとする人権同和教育の推進などに報道の立場で深くこれまでは携わってまいりました。しかしながら、この伊賀市では教育長として初めてかかわらせていただきます。市民の皆様も議会の皆様もそして学校の先生方、保護者の方々もどんな教育長かというふうに思われているというふうに思っております。   もっと読む
2017-03-10 菰野町議会 平成29年第1回定例会(第4日目 3月10日) 当町としては、「菰野町子ども・子育て支援事業計画」に基づき、育児困難を訴えるハイリスク家庭や児童虐待等の要保護家庭も含めて、全ての子どもたちが健やかに成長できるよう、子育て支援を強力に推し進めるとともに、子育てを社会全体で支えるシステムを構築することが必要であります。   もっと読む
2017-03-10 菰野町議会 平成29年第1回定例会(第4日目 3月10日) 当町としては、「菰野町子ども・子育て支援事業計画」に基づき、育児困難を訴えるハイリスク家庭や児童虐待等の要保護家庭も含めて、全ての子どもたちが健やかに成長できるよう、子育て支援を強力に推し進めるとともに、子育てを社会全体で支えるシステムを構築することが必要であります。   もっと読む