運営者 Bitlet 姉妹サービス
2121件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-01-08 桑名市議会 平成31年都市経済常任委員会 本文 開催日:2019-01-08 183 委員(石田正子)  住宅供給という点でいくともうこれだけの数が減ってきていて順次まだこれから減らされていくのかなという、ちょっとその辺も心配するところなんですけど、住宅提供、公営住宅の確保という点ではどのようにお考えですか。 もっと読む
2018-12-27 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2018-12-27 4番目は、日物谷を初め需要と空き室があっても予算がないために供給できないという市営住宅に関し、福祉の観点からその部署とタイアップして予算を確保されてはいかがですか。  5番目は、振り込め詐欺等から市民を守るため、定期的に優秀な相談員、職員みずからまちづくり拠点等に出向き、講演、相談会、体験の共有等を図られてはいかがとの御指摘にお答え賜りたく存じます。   もっと読む
2018-12-07 伊賀市議会 平成30年第 5回定例会(第3日12月 7日) どういうことかといいますと、現在、電力会社が電気を供給する仕組みなんですが、発電量が安定しない風力発電、太陽光もですが、そういった電気を利用するためには、別の電気の助けがなければ成り立たない。そういう仕組みになっているんです。その調整する電気が、ほとんど火力で賄われているという現状があります。どう調整するかといいますと、風力の電気がふえれば火力を減らす。 もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第3日) 本文 また、その結果といたしまして、機能化学で生まれたフィルム、あるいはリチウム電池の電解液等が内陸の企業とリンクすることによって、四日市市は、臨海部と内陸部が高度部材供給拠点として、中部地方の物づくりを支える一大拠点として非常に高く評価され、今日に至っているということでございます。   もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第5日) 本文 こういった中で、無停電蓄電池などのようなものを経由させて非常発電から継続して電源供給ができるような仕組みというものをつくってまいりたいというふうに考えております。  以上でございます。 もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会〔附録〕 第14条(防災訓練等の実施)、第16条(協定の締結)    第17条(物資等の確保及び供給の計画策定)、第18条(自主防災活動への支援) 平成30年1月17日  ・前回検討した個別の条文素案の修正を行った。    第14条(防災訓練等の実施)、第17条(物資等の確保及び供給の計画策定)    第18条(自主防災活動への支援)  ・個別の条文素案の検討を行った。     もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第7日) 本文 この廃止は望ましくないと考えるところであるが、全国的にもコンビニ交付の件数が少ないのであれば、その費用対効果や今後の地区市民センターのあり方をあわせて過剰なサービス供給とならないよう市民文化部も含めて全庁的に検証すべきではないかとの質疑があり、理事者からは、コンビニ交付については第3次推進計画に位置づけ、平成29年度から準備を進めている。 もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第4日) 本文 少し他市の事例を紹介しますと、北九州市や静岡市の水素タウン、最近では宮城県の富谷市で既存の太陽光発電の電気から水素を取り出して、トラックで運び、一般家庭に供給するという全国初の試みを環境省のメニューで実証中でありますし、直近では、川崎市の臨海部に世界初の水素ホテルという記事を見て、早速、同僚の樋口龍馬議員と行ってきました。   もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第6日) 本文 また、市内、校舎に関しては、一旦ポンプで屋上まで水を上げてそこから一定の水をプールしながら活用するということで、上に上げる高架水槽式になるんですけれども、その中で、市内の体育館におきまして、小学校の3校、中学校の3校において以外は体育館直流で水道から直接水を供給しておるんですけれども、これ、災害時に体育館というのは避難所に指定されておりまして、そういった観点からすると、一旦ポンプで水を上げてという、 もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第2日) 本文 さて、そうなると、これが進んでくる過程で、四日市市は、この政策をどう受けて産業界へ貢献していくのかというところへ視点を置いたわけでありますが、よく考えてみますと、この問題は労働問題でありますから当然出入国管理及び難民認定法、いわゆる入管法等の問題もありますので、直接的には関係ないという思いもあるかもしれませんが、しかし、日本の海外の派遣労働でもっていって大変多くの人材を供給した30年前を思い出しますと もっと読む
2018-09-21 志摩市議会 平成30年予算決算常任委員会( 9月21日) こちらにつきましては、志摩市だけでの売り込みというわけではなく、種類、単県ごとの売り込みでは種類と量が不足し、現地側が求める安定供給や多様な品ぞろえに対応できないのが現状であるため、福井県、兵庫県、志摩市ということで展開のほうをしてきました。以上です。 ○委員長(西﨑甚吾) 産業振興部長。 もっと読む
2018-09-14 志摩市議会 平成30年予算決算常任委員会( 9月14日) ○委員(橋爪政吉) 昨年もお聞かせいただいた部分でありますが、視聴率というのは、映像供給する、要は一方的に映像を流しているので、このケーブルテレビは。一方的に流しているのは、加入率で議論をしても、それが検証の妥当材料にはならないと思います。 もっと読む
2018-09-13 桑名市議会 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2018-09-13 議員御提案の通貨発行益の活用につきましては、高度経済成長期などに整備され、老朽化が進むインフラの更新について、日本銀行から地方自治体への資金供給の要請や、日本銀行の利益に当たる通貨発行益の地方自治体への還元を要請してはどうかという趣旨であったかと思います。  日本銀行は、日本銀行法に基づき、物価の安定を図ることを通じて国民経済の発展に資することを目的に金融政策を運営しております。   もっと読む
2018-09-12 伊賀市議会 平成30年第 4回定例会(第4日 9月12日) 今も説明ございましたとおり、太陽光発電施設につきましては、猛暑時の電力供給に貢献している一方で、また十分な開発計画がされないまま造成された土地から土砂流出が発生し、近隣住民とトラブルに至っているという事象もございます。そのため、条例等で規制することにより、適正な導入を進めていこうという、考えている自治体もございます。   もっと読む
2018-09-11 桑名市議会 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-09-11 さまざまな環境の変化に対応しつつ、水道事業に求められる、安全で安心な水道水を安定的に供給するという役割を果たし、持続的に事業を行っていくために、上下水道事業経営戦略に基づき、経営の安定化に向けて、より一層の効率化、合理化に取り組み、経営基盤の健全化に努めてまいりますので、よろしく御理解賜りますようお願い申し上げます。                    もっと読む
2018-09-11 伊賀市議会 平成30年第 4回定例会(第3日 9月11日) なお、三重県企業庁で施工いたしました伊賀水道用水供給事業で、ゆめが丘の浄水場から各支所管内へ埋設された基幹送水管については、全て耐震適合済みとなっております。 ○議長(岩田佐俊君)  嶋岡壯吉君。 もっと読む
2018-09-10 桑名市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2018-09-10 総合医療センターでは災害拠点病院というものを目指していただいておりまして、今、既にハード面につきましては、非常用発電機とかの設置とか、3階ロビーの活用で、ここで救急で運ばれた方の酸素供給や吸引ができる構造になっております。   もっと読む
2018-09-05 桑名市議会 平成30年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2018-09-05 次に、議案第85号 平成29年度水道事業会計決算の認定につきましては、安全な水を安定的に供給するための管網整備及び施設整備を行っております。  経営状況につきましては給水戸数は微増しておりますが、水需要の減少により有収水量は約0.5%減の1,719万立方メートル余となっております。   もっと読む
2018-09-03 伊賀市議会 平成30年第 4回定例会(第1日 9月 3日) 次に、伊賀食肉センター特別会計についてですが、平成29年度では、センターを通じて供給される牛肉の安全を確保するため、個体識別番号による追跡調査等、屠畜情報の提供、BSEやDNA鑑定用の肉サンプルの採取、県産牛肉に係る放射性物質の検査などを実施しました。   もっと読む
2018-08-31 いなべ市議会 平成30年第3回定例会(第1日 8月31日) その下の表49のグラフも含めて見ていただきますと、供給単価と給水原価が出てまいります。これは1立米を供給するのに幾らの経費がかかって、販売すると幾ら収入として入ってくるかということなんですが、平成20年につきましては、販売するのに給水原価が166円かかって、供給単価は122円で大きなマイナスでした。それが徐々に改善して、平成29年度は完全に逆転してます。 もっと読む