2064件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桑名市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-06-19

この課題につきましては、昨年10月に市と大和リース株式会社と災害発生時に簡易間仕切りシステム100セットを供給いただく協定を締結し、プライベート空間の確保に努めるなど、避難所の生活環境改善に取り組んでいるところでございます。  災害関連死の原因はさまざまでございますが、避難所での生活では、エコノミー症候群、インフルエンザやノロウイルスなどの感染症が発生しやすい状況となります。

亀山市議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会(第4日 6月17日)

3つ目、供給者や技術者目線でなく、住民の目線でよりよい暮らし、よりよい未来社会を住民参画のもとでつくり上げるということ。この3要素をあわせ持ったものであると定義されております。まさに丸ごと未来都市でございます。  

伊賀市議会 2019-06-14 令和元年第 3回定例会(第3日 6月14日)

○教育委員会事務局副教育長(谷口修一君)  現在、旧府中小学校跡地に建設しています、新たな小学校給食センターによる供給を令和2年4月、来年の4月より開始いたします。当初は小学校13校に2,000食、令和9年度からは19校に4,000食を配送するというような予定をしております。  

桑名市議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会 本文 開催日:2019-03-14

また、他の委員より、三重県企業庁からの受水を減らし、自己水源をふやしていく方向性の予算編成となっているかとの質問があり、水道水供給量に占める自己水源の割合は、平成29年度実績で約72%であり、鉄分も多く取水を停止している多度地内の井戸に関する調査費を計上しており、今後も自己水源の確保に努めたいとの説明がありました。  

亀山市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会(第6日 3月12日)

○生活文化部長(佐久間利夫君)(登壇)  分散型エネルギーにつきましては、非常時のエネルギー供給の確保、熱の有効活用等によるエネルギーの効率的利用などにつながるものでございますので、先ほどもおっしゃいましたが、防災の観点からも有効でございますので、分散型エネルギーの導入につきましては促進していく必要があると認識しております。 ○議長(小坂直親君)  草川議員。

亀山市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会(第5日 3月11日)

あと、整備するときに、ゼロ、1、2歳の保育供給数をふやすと書いてあります。どう見直すのかなと見てみると、事業の目標値では、保育所の計画はなく、認定こども園を計画終了までにゼロだったのを3にふやすという数値目標でした。  

伊賀市議会 2019-03-08 平成31年第 1回定例会(第5日 3月 8日)

○企画振興部長(宮崎 寿君)  どういうふうにお答えしていいのかわかりませんけれども、何といいますか、協働という言葉を、今、最初から言っていただいてるわけですけれども、これまでの公共サービスといいますのは、行政がサービスを提供するような立場で、また市民は供給されるような立場で受けてきたんですけど、今度は、市民も公共サービスの提供者を担うということです。

亀山市議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会(第3日 3月 7日)

北東部の方々の議論に反対するところではございませんが、例えば野登山から下る水は、この地域約1万4,000人の方に供給をし、その山麓には不便をみずから克服した中で、そういう環境の中で里山や自然を守っていただいている方々がたくさんいると。鈴鹿川の上流の方もしかり。決して感謝しろまで申し上げないが、亀山のそれぞれの地域地域がお互いに生かし合いをしている原点、基本的な認識を共有していただきたいと。

いなべ市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第4日 3月 6日)

いなべ市では地震発生からしばらくの間は水道施設の損壊、商業施設の閉鎖、交通網の寸断等により、迅速な供給ができないことから、いなべ市地域防災計画では、飲料水の個人備蓄の推進として、1週間分以上の備蓄について周知を図ることとしております。自治会等の訓練において、飲料水、食料、生活必需品等の1週間備蓄を積極的に呼びかけております。  

桑名市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第5号) 本文 開催日:2019-03-01

全国・類型・県内市町との料金体系の比較につきましては、本市の1立方メートル当たりの供給単価は、平成29年度に約128円であり、平成28年度ではございますが、給水人口等により区分された類型の平均である約168円や全国平均の約172円を大きく下回っております。また、三重県下の他市と比較しましても低廉な料金体系となっております。  

志摩市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第1号 2月27日)

阿児特産物開発センターでの新たな取り組みとして、水産物であるサザエを活用し、付加価値の高い加工品缶詰の商品化を進めるため、缶詰メーカー等へ原料の供給を行い、地域特産物の開発及び消費拡大を推進します。  農業の振興策としましては、農業生産者の生産性の向上と担い手の育成・確保を目的に、農業生産者の取り組みに対して支援制度を展開します。

桑名市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-02-27

今年度も株式会社ゼンリンと災害時における地図製品等の供給等に関する協定を、大和リース株式会社と簡易間仕切りシステムの供給に関する協定を、自衛隊OBであります隊友会と災害時における隊友会の協力に関する協定の3件を、また、昨年度につきましても、被災者支援や津波発生時の一時避難所など4件の協定を締結させていただいております。  南海トラフ地震などの大規模災害時には誰が被災者となるかわかりません。

桑名市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2019-02-26

さらなる再編をということでございますが、こちらも子ども・子育て支援事業計画策定のためのニーズ調査の結果が今集計中ということでございますし、今後就学前施設の入園募集状況、あるいは学年ごとの児童の保育に係る需要と供給の関係、特に子供さんたちが減っておるということございますので、そこらを勘案しつつ認定こども園のことも含めまして関係各課と連携しながら今後検討してまいりたいと考えておりますので、よろしく御理解賜

伊賀市議会 2019-02-26 平成31年第 1回定例会(第1日 2月26日)

水道事業については、水道事業基本計画に基づき、将来にわたって安全でおいしい水を安定的に供給できるよう最終年度を迎える水道広域化促進事業によって老朽管路など水道施設の更新や経営効率化へ取り組むとともに、2020年度から12年間にわたる次期整備計画を策定して事業採択に取り組みます。  

亀山市議会 2019-02-25 平成31年 3月定例会(第1日 2月25日)

次に、住環境の向上につきましては、来月策定いたします亀山市住生活基本計画に基づき、住宅セーフティネットの確保を図るため、民間賃貸住宅を活用して、既存の市営住宅とあわせ必要な住宅供給を行うとともに、高齢者や外国籍の方など住宅確保要配慮者の住まい確保についても、関係団体と連携して支援してまいります。  

桑名市議会 2019-02-20 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2019-02-20

次に、議案第9号 平成31年度水道事業会計予算につきましては、水源の整備、管路施設等の老朽化対策及び耐震化を踏まえて、安全な水を安定的に供給するための管網及び施設整備に要する経費を計上いたしました。  次に、議案第10号 平成31年度下水道事業会計予算につきましては、未普及対策及び浸水対策などに要する経費、地方債償還の経費を計上いたしました。  

志摩市議会 2019-02-18 平成31年全員協議会( 2月18日)

ナンバー12、水産物供給基盤機能保全事業では、県営波切漁港の船荷の積みおろし作業の負担軽減のため、浮桟橋を整備する三重県の事業に対する負担金として、750万円計上しています。  17ページをごらんください。