1683件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊賀市議会 2020-03-25 令和 2年第 1回定例会(第7日 3月25日)

最後に、繰越明許費では、消防本部通信指令の統合型位置情報通知装置につきまして、新型コロナウイルスの影響により、中国からの製品供給停止し、年度内の完成が難しくなったことから、追加で限度額の設定をしています。  以上、よろしく審議をお願いいたします。 ○議長(中谷一彦君)  説明は終わりました。  これより質疑に入ります。  

桑名市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会(第7号) 本文 開催日:2020-03-23

なお、今後の安全でおいしい安価な水の供給に大変期待が持てる点は評価させていただきたく存じます。  議案第12号のまちづくり拠点に関する条例改正案につきましては、地方自治法第244条第1項の住民の福祉を増進する目的に沿わない目的使用をさせる条項の追加自体が既に違法であります。  議案第11号、同第28号並びに同第31号は、末広駐車場及びサンファーレ売却失敗の予算が計上されている点であります。  

志摩市議会 2020-03-10 令和 2年第1回定例会(第3号 3月10日)

6、マスクやアルコール消毒薬等、国民の感染予防に資する衛生資材が不足することのないようメーカーや卸売業者等に適切な生産、供給を働きかけ、必要な資材の安定的な流通に万全を期すこと。  7、以上の十分な対策のための緊急で抜本的な財政措置をとること。  以上のとおり、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出します。令和2年3月10日。

伊賀市議会 2020-03-09 令和 2年第 1回定例会(第5日 3月 9日)

先ほど、危機管理監からおっしゃられましたとおり、要支援者に入らない方がおられる、例えば透析が必要とされる方であるとか、また、酸素供給が必要とされる方が、またいろんな地域におられると思いますが、現在、この方々が避難所に来られた場合、またどうしたら避難所にこういった方々が行けるのかということの現状をまず教えてください。 ○議長(中谷一彦君)  危機管理監。

桑名市議会 2020-03-05 令和2年予算特別委員会都市経済分科会 本文 開催日:2020-03-05

先ほどの石田委員の御質問ですけれども、今、長寿命化計画を進めている中で、撤去、解体していくと市営住宅が減っていくということについて、今後、そこを例えばどう考えているのかというような質問やと思うんですけれども、以前にもちょっとお答えさせていただいたと思うんですが、市営住宅につきましては、やはり戦後高度経済成長期におきまして、やはり需要に対して供給が追いつかないということで、全国的に昭和40年代、昭和

いなべ市議会 2020-02-28 令和 2年第1回定例会(第2日 2月28日)

ハートキャッチがまさにそうなんですが、サービスを受けたい方と、供給してもいいという方をつないでるんです。今あるのはハートキャッチだけなんです。これを有償ボランティアという名前で言っているだけです。今はサービスの提供者に対する報酬が余りにも低過ぎますので、全く進みません。サービスを受けたいという方は結構いらっしゃるんですが、提供者がいないんです。その金額では行けないという形です。

桑名市議会 2020-02-28 令和2年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2020-02-28

職の供給が一気に増えることにより、若者も増え、人口増加にもつながります。障がいを持つ人たちの働き場所も増え、フィリピンのIR施設では裏方の活動で欠かせない存在となっているそうです。  日本独自のIR施設として、温泉施設は欠かせない存在となると言われておりますが、桑名一帯にはしっかり温泉も湧き出ています。観光都市桑名を目指す上でも、観光産業に大きな改革を起こすのです。

志摩市議会 2020-02-27 令和 2年第1回定例会(第1号 2月27日)

森林は土砂崩壊防止や地球温暖化の防止に寄与しているほか、海に栄養分を供給したり優美な景観を形成するなど、快適な生活環境観光資源を生み出す市民共有財産です。SDGsの理念に基づいて、市内の森林を保全しながら、資源として活用するための事業に取り組み、地域経済循環を生み出してまいります。  

志摩市議会 2020-02-17 令和 2年全員協議会( 2月17日)

ナンバー18、真珠養殖経営安定化支援事業では、アコヤガイの大量へい死による被害を受けた真珠養殖業者が制度資金を利用して資金を調達する場合に、借り入れに伴う金利や保証料を三重県志摩市が負担し、無利子化、無償化を図るとともに、今後もアコヤガイのへい死が発生した場合に備え、事業者による安定した母貝の供給体制の構築を目指し、母貝の生産事業化に向けた実証試験を行うとともに、真珠養殖業者が購入する稚貝への補助

四日市市議会 2020-02-08 令和2年2月定例月議会(第8日) 本文

本件については、全体会において、委員から、当事業の目的である質の高い就学前教育保育を安定的に供給していくためには、私立保育園のみならず、私立幼稚園の処遇改善も必要であり、予算の増額修正附帯決議を付すことも含めて、慎重に審査すべきであるとの提案があったため、全体会において議論することとしました。  

志摩市議会 2020-02-07 令和 2年予算決算常任委員会( 2月 7日)

○委員(小河光昭) 市長の思いはわかりますが、だから余計慎重にやらないと、ここで母貝が供給できなかったら、真珠養殖の危機なんだと。今回やることで、本当に50%以上の確率で成功するという見込みを持っているんですか。それを持ってなかったら供給できないんですよ。だから、心配しているんですよ。ただ、危機だからやらなきゃいけないという、そうじゃないでしょう。  

志摩市議会 2020-02-07 令和 2年第1回臨時会(第1号 2月 7日)

第2表、債務負担行為補正の母貝養殖事業化実証試験業務委託料でありますが、真珠養殖に使用するアコヤガイ母貝の大量へい死に対応するため、三重県内における母貝生産を目指し、事業化に向けた実証試験を行い、母貝供給システムの構築による母貝の安定確保を図るため、債務負担行為の追加補正を行うものであります。  それでは次に、歳入歳出補正予算の内訳について御説明いたします。  8ページをごらんください。  

四日市市議会 2020-02-07 令和2年2月定例月議会(第7日) 本文

さらに、国の補正予算第1号の総合経済対策として、国から交付金の採択内示があったことから、令和2年度当初予算に計上した水産物供給基盤機能保全事業費、防災安全社会資本整備交付金事業費、小学校の大規模改修事業費などについて、令和元年度に前倒しするための増額補正を行うとともに、小中学校への校内LAN構築に係る教育情報通信システム運営費の増額補正や、未就学児交通安全対策に係る防災安全社会資本整備交付金事業費

四日市市議会 2020-02-05 令和2年2月定例月議会(第5日) 本文

LPガスを利用した発電機ということで、これ、LPガスなので、電気とか都市ガスがとまった際にも、これは個別供給ですので復旧が非常に早いということがメリットで挙げられます。また、例えば容量についても1t型バルク貯蔵のタイプだと10日間にわたってガスストーブ5台を24時間使用して、そして、ガス調理器を1日に3食分使用し、そして、被災者にシャワーを提供するということも可能になります。

四日市市議会 2020-02-03 令和2年2月定例月議会(第3日) 本文

このように都市ガスとプロパンガスは事業を行う地域の特性や供給方法が大きく異なるため、料金にも差が出てきておると考えてございます。  具体的には、都市ガスは一度設備を整えてしまえば人口密集地域に効率的に多くのガスを供給できるのに対して、プロパンガスのほうは比較的人口が密集していない地域に1軒1軒、人の手間をかけてガスボンベで配達しなければならないという面がございます。