運営者 Bitlet 姉妹サービス
1000件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-25 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-12-25 高齢者については、介護保険制度の短期入所を活用するほか、一例として、認知症の方及びその家族が参加していただけるオレンジカフェという事業がございます。これは事業所の空きスペースやお寺など、各地域のさまざまな場所で、認知症の本人や家族の方が気軽に立ち寄り、軽い飲み物やお菓子などを食べたり、参加者同士で会話をしたりすることで、ほっとするひとときを一緒に過ごしていただくものでございます。   もっと読む
2018-09-28 伊賀市議会 平成30年第 4回定例会(第7日 9月28日) あわせて国に対し、国保介護保険制度の構造上の問題解決のため、毎年削減している社会保障費予算をふやす、国庫負担をふやすことを求めて反対の討論といたします。 ○議長(岩田佐俊君)  他に御意見ありますか。               (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(岩田佐俊君)  御意見なしと認めます。  よって、採決に入ります。   もっと読む
2018-09-12 桑名市議会 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2018-09-12 4番目に、介護保険制度についてですが、要支援・要介護者に対する支援について、自立重視による介護保険からの卒業強化は適切か、事業所の運営実態について、そして、高齢障害者65歳問題の解消策についてお伺いします。  介護保険事業について、要支援・要介護者に対する支援について、自立重視による介護保険から卒業強化は適切か。事業の運営実態はどうなっているのでしょうか。 もっと読む
2018-09-11 桑名市議会 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-09-11 次に、介護保険制度についてでございますが、地域生活応援会議は、ケアプランの質の向上に役立つものと考えており、その意識を市、地域包括支援センター、ケアマネジャー、ひいては利用者も共有することで、介護保険制度の適切な運用に寄与するものと考えております。   もっと読む
2018-09-01 名張市議会 平成30年第382回( 9月)定例会 お金がないと利用できない、介護保険制度は社会保険制度ですが、その制度が崩壊しているのではないでしょうか。 また、保険料を40歳からずっと納め続けていても利用しないままに亡くなられる方もいらっしゃいます。介護離職や全国で介護の現場での虐待が起きています。介護保険制度の目的理念、要介護状態になっても人としての尊厳が保たれる自立した日常生活に必要なサービスの給付であります。 もっと読む
2018-08-01 四日市市議会 平成30年8月定例月議会(第6日) 本文 2000年4月に介護保険制度が実施されてから、ことしで18年が経過しております。そもそも介護保険制度導入の背景としては、介護を家族だけですることは難しい時代になったことが理由の一つだと言われております。介護保険法が施行されるまでは、介護は家庭、家族の問題というのが常識化されておりました。   もっと読む
2018-07-03 伊勢市議会 伊勢市 平成30年  6月 定例会-07月03日−03号 このように障がい福祉と介護保険サービスはそれぞれの制度の違いから、高齢の障がい者が介護保険制度への移行に伴って、1、利用料の負担の発生、2、支給される支援量の低下、3、支援の質の低下、4、環境変化に起因する諸問題に直面するなどが大きな問題とされ続けてきたのです。 もっと読む
2018-06-12 伊賀市議会 平成30年第 3回定例会(第3日 6月12日) そして、社協は福祉行政の肩がわりをしている部分が大変大きいと考えるんですけれども、その社協が介護保険制度の改定などや維持管理費がかさむことによって厳しい経営環境に陥り弱体化していくと、伊賀市の福祉サービスの低下に直結するのではないかと考えるのですが、いかがでしょうか。 ○議長(岩田佐俊君)  健康福祉部長。              もっと読む
2018-03-27 志摩市議会 平成30年第1回定例会(第7号 3月27日) 次に、今後、介護保険制度の存続のために何をすべきかとの問いに、健康づくりや疾病の早期発見などに加え、介護の適正化や予防に重点的に取り組むということが考えられる。地域全体として、予防事業などに、さらに力を入れていく必要があり、市民の方々、高齢者の方々には積極的に参画をしてほしいとの答弁でした。   もっと読む
2018-03-26 伊勢市議会 伊勢市 平成30年  3月 定例会-03月26日−03号 本来、保険料を払い、社会保障として介護の社会化を目指して構想された介護保険制度が、この間のたびたびの改変によって、ますます受けたいサービスが受けられなくなるという、こういった状況が出てきております。  政府が社会保障費を削るという方向を強く押し出している中で、住民に直接対応する基礎自治体としての市は、地域の介護を守るという立場に立ち返ることが必要だと考えます。 もっと読む
2018-03-26 菰野町議会 平成30年第1回定例会(第6日目 3月26日) 介護保険制度は、利用がふえたり、介護報酬が引き上げられると、直ちに保険料や利用料の負担増にはね返る仕組みになっています。  65歳以上の介護保険料は、問答無用で年金から天引きをされています。  こうした保険料の負担増は、受け取る年金の実質引き下げとなり、高齢者の暮らしを脅かせています。   もっと読む
2018-03-23 伊賀市議会 平成30年第 1回定例会(第6日 3月23日) 制度を維持するために一層の給付削減や保険料、利用料の負担増を強いるのではなく、介護保険制度の抜本的見直しをすべきだと申し上げまして、意見と申し上げます。  それから第39号の国民健康保険税のことですが、4月から市町村の国保が財政運営主体が県に移行いたします。 もっと読む
2018-03-12 菰野町議会 平成30年第1回定例会(第3日目 3月12日) 地域包括ケアシステムとは、団塊の世代が75歳以上を迎える平成37年、2025年に向け、高齢者が可能な限り住みなれた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、医療、介護、予防、住まい、生活支援が包括的に確保される体制であり、介護保険制度においては、その構築に努めるよう示されております。   もっと読む
2018-03-01 菰野町議会 平成30年第1回定例会(第1日目 3月 1日) 本条例案につきましては、介護保険制度の見直しによる介護保険法等の一部改正及び第7期介護保険事業計画の策定により、保険料額等に所要の改正を行うものであります。   もっと読む
2018-02-27 志摩市議会 平成30年第1回定例会(第1号 2月27日) 2項国庫補助金では、1目調整交付金で給付実績と交付割合を推計し、860万2,000円を増額し、2目地域支援事業交付金(介護予防日常生活支援総合事業)で、交付金の上限を超えた分が交付金対象となったことに伴う精査分等として、173万1,000円を増額し、3目地域支援事業交付金(包括的支援事業・任意事業)で、事業実績見込みに伴い、136万8,000円を減額し、4目介護保険事業費補助金で、介護保険制度改正に もっと読む
2018-02-22 いなべ市議会 平成30年第1回定例会(第1日 2月22日) その中で、一点、介護保険制度の改正を要因として、65歳以上の方を1号保険者といい、40歳から64歳までの方を2号保険者といいます。介護保険は費用の半額を国、県、市町村が税金で持ちます。そのあとの半分を65歳以上の1号保険者の保険料と、40歳から64歳までの方の保険料で見るということです。 もっと読む
2018-02-01 四日市市議会 平成30年2月定例月議会(第6日) 本文 介護保険制度でございますけれども、介護を必要とする状態となっても、できる限り自立した日常生活を営めるよう、必要なサービスを総合的、一体的に提供する仕組みでございます。  その保険給付を受けるには、要介護状態や要支援状態であることの認定が必要となります。その対象となる方が要介護状態あるいは要支援状態であるのかどうか、また、それがどの程度であるのかなどを判定するのが要介護認定でございます。 もっと読む
2018-02-01 四日市市議会 平成30年2月定例月議会(第4日) 本文 しかしながら、全国で多くの声が寄せられ、平成19年に厚生労働省は、全国の自治体に対して、障害者自立支援法に基づく自立支援給付と、介護保険制度との適用関係などについてという通知を出し、65歳以上の障害者が介護保険だけではなく、福祉サービスが十分に受けられない場合、障害福祉サービスも併給できると、このような通知を出しました。 もっと読む
2018-02-01 四日市市議会 平成30年2月定例月議会(第2日) 本文 住民主体サービスでは、これまでの介護保険制度ではできなかったきめ細やかなサービスが可能となっており、高齢者の地域での生活を支える上で非常に有効なサービスとなっております。  こうした訪問型サービスの一環として、買い物支援、ごみ出しなどのほか、庭木の剪定や草取りなどのサービスを実施している団体もございます。 もっと読む
2017-12-19 伊勢市議会 伊勢市 平成29年 12月 定例会-12月19日−05号 ◎健康福祉部長(江原博喜君) 介護保険制度とかはございます。ですので、国民健康保険制度がないというふうなところには、どのような目的なのかなというふうに感じるところはございます。 ○議長(西山則夫君) 黒木議員。 ◆19番(黒木騎代春君) 国会でのやりとりを見ますと、今、平成26年4月の段階で全国の685市町村でこういう制度をつくっていると国会で把握しているという答弁があります。 もっと読む