2383件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桑名市議会 2019-07-02 令和元年第2回定例会(第6号) 本文 開催日:2019-07-02

子供の成長は、道徳教育ではなく、本来的には遊びや読書を楽しむことで、人間として成長するものと思っております。  以上のことから、議案第54号 令和元年度桑名市一般会計補正予算(第3号)に反対とさせていただきます。  次に、請願第2号 消費税10%中止の意見書を政府に送ることを求める請願について、賛成の立場で発言させていただきます。  

桑名市議会 2019-06-25 令和元年総務安全常任委員会 本文 開催日:2019-06-25

これは逆に現場の人間が困る場合があるんですよ。精神とか知的で軽自動車に乗っておる人というと、やっぱり人間誰でも得になるように考えるじゃないですか。だから、逆に身体だけで書いてあったほうがずっとわかりやすいんですよ。精神の人はやっぱりそうやって思っちゃう人がいないでもないんですよ。事実。  それと、歩行が困難ってどういうのを言うんですか。歩行困難って。本人が歩行困難と言ったらいいのか。

伊賀市議会 2019-06-24 令和元年総務常任委員会( 6月24日)

誰かて人間200円ちごてそこへとめますねんや。そういうことをまず議論をしてな。上げてくるっていうのは僕は基本やと思う。どっち行くねんや。お金ないさかいに駐車料金上げるのか、それとも今いう観光行政観光誘客事業するのか、どっちかを考えんとやで。僕はそう思いますわ。そこら辺どうですか。御意見聞かせてください。 ○委員長(上田宗久君)  管財課長

桑名市議会 2019-06-20 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-06-20

少年が豊かな心と健やかな体を備え、教養と創造性に富んだ人間として成長し、自身の輝かしい未来を開き、社会の形成に主体的に参画することは全市民の願いであります。その実現のためには、青少年自身が自覚と誇りを持って努力するとともに、全ての市民が協調、連携して青少年育成に取り組むことが重要であります。

桑名市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-06-19

こちらには、小山権利は、何でか知りませんが、私、ど素人の人間でもわかるんですが、組合所有地ってなっているんですね。考えられないんですよ。だったら、何のためにあそこを事業用地として看板を2枚立てたのかということですね。市民血税が6億円入っているんです。しかしながら、これが組合所有地と書いてあるんですよ。これ、公文書なんですね。11条のほうも契約書も公文書です。

桑名市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2019-06-18

よく引き継ぎの言葉で対応しようとしていますが、それだけでは解決できない人間関係ほかの問題もあります。経験のない、経験の浅い分野に毎年のように異動していては職員視点でも落ちついて職務に当たれないのではないでしょうか。  消防保育所を除き、配置期間1年以内の管理職の異動はどれだけか。これを含んで人事異動の諸課題について所見を求めます。  

伊賀市議会 2019-06-18 令和元年第 3回定例会(第5日 6月18日)

一般的に、人間が飲まず食わずで生き延びられる時間というのが72時間と言われておりまして、生死を分けるタイムリミットは72時間、3日間であると一般的に言われております。しかしながら、先ほど議員のお話にもありましたように世間体を気にして警察消防になかなか連絡をしていただけなかったという事例も過去にはございました。  

菰野町議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第4日目 6月17日)

人間が飛ばされることがあると。固定していない家具のほとんどが移動し、倒れるものが多くなる。  ちょっとそこを大きく映していただけますか。  耐震性の低い木造建物は、傾くものや、あるいは倒れるものが多くなる。大きな地割れが生じたり、大規模な地すべりや山体の崩壊が発生することがある。大変、大きな被害が予測される、そういう揺れであるわけです。  

亀山市議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会(第4日 6月17日)

これまでの議会でも、AI、ロボットなど新しい時代の技術については、行政サービスの効率化であったり、人間の仕事を奪う存在であるという、さまざまな表現で話題に上がりました。ソサエティー5.0は、新しい時代の技術を活用して、どのような社会をつくっていくか、それをまとめたビジョンでございます。  百聞は一見にしかずということで、まずはソサエティー5.0を代表する新技術に関する資料からごらんください。  

伊賀市議会 2019-06-14 令和元年第 3回定例会(第3日 6月14日)

ただ、やっぱり中学校になって自分自身に置きかえるとですね、なかなかやっぱり運動、私もソフトボールずっと一本できた人間ですから、どうしても痛みがあっても我慢してやってしまう。ただ、それが将来的にどんなふうになるかなんて、やっぱりわからないんですよね。その場は頑張ろうとするものですから。

亀山市議会 2019-06-14 令和元年 6月定例会(第3日 6月14日)

令和の時代に入りまして、平成を振り返るに、バブルの崩壊とか少子・高齢化、あるいは人口減、そしてたび重なる大災害はよく言われますが、私はもう一つ、やはりインターネット携帯電話、あるいはスマホとか、そういった情報機器、あるいは情報技術の急速な普及、それに伴う生活様式、ライフスタイル、あるいは価値観の変化が、それも今後急激に人間社会にかかわりを持つ時代を予感させられる時代であったかなあと、そんな気もします

伊賀市議会 2019-06-13 令和元年第 3回定例会(第2日 6月13日)

○8番(山下典子君)  不登校の原因としては、周囲との人間関係がうまく構築されないとか、学習のつまずきが克服されないなど、本当に不登校となる背景にある要因やきっかけはさまざまです。また、要因やきっかけが特定できないということも多いと聞きます。  伊賀市では、不登校児童・生徒の学校復帰、社会自立支援を目指して、ふれあい教室というのが伊賀市上友生の伊賀市教育センターの2階にあります。

亀山市議会 2019-06-13 令和元年 6月定例会(第2日 6月13日)

○14番(前田耕一君)(登壇)  そういうふうで新たな条例が制定されるわけですけれども、その中身を見てきますと、この制度条例の制定によって、市長、あるいは幹部職員の信頼関係が十分に築かれていくかどうかということにつきまして、逆に公益通報の制度によって、職員間の人間関係の中で新たな問題が起こらせんかなという考えも、ちょっとこれもうがった考えかもわかりませんけれども、してしまうんですね。

菰野町議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第2日目 6月13日)

そして、さらにですね、「子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも『食』が重要である」「食育を、生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育基礎となるべきものと位置付けるとともに、様々な経験を通じて『食』に関する知識と『食』を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てる食育を推進することが求められている」「子どもたちに対する食育は、心身の成長及

志摩市議会 2019-05-07 令和元年第1回臨時会(第1号 5月 7日)

人間のすることですから、何があるかわかりませんけれども、極力避けていただきたい。そのためには、執行部として、どうすればいいのかということなんですけれども。  また、先ほどと同じような答弁をいただいておりますが、市長、伺います。今までどおりの答弁の内容ですと変わらないんじゃないですか。元号が変わって、新しい令和になりました。もう、開会早々、この問題がまた出てきた。

志摩市議会 2019-05-07 令和元年全員協議会( 5月 7日)

例えば、私が1人いたとして、志摩市のことを思う人間であると同時に、例えば、隣の伊勢市のことも、僕は何らかの縁があって思うことがあったとしたら、僕は2人分の人口になると思いますので、地域を思うというふうなことは、その地域を大事にするということがベースになりますが、ほかの地域も大事にしていかないかんことになりますので、学校教育の中で、たくさんの出会いを通して、志摩の中で頑張っている人との交流をつくることが

志摩市議会 2019-03-27 平成31年全員協議会( 3月27日)

これまで培ってきた行政経験をもって、彼女であるならば、しっかりそれらについて、的確に対応し、そしてまた、人間的な関係も構築しながら、しっかりやっていけるものというふうに確信をして、今回、この決断に至ったということであります。 ○議長中村和晃) 橋爪議員。 ○6番(橋爪政吉) 新教育法に関して、教育部局はある一定の人格を持った組織であるというふうに理解をさせていただいてます。

桑名市議会 2019-03-25 平成31年第1回定例会(第6号) 本文 開催日:2019-03-25

そして、2番目に、パソコンの画面と書類との確認作業等は委託事業者に行っていただくと思うんですが、委託先の事業者の人間の目、手が入るのであります。個人情報保護担保できるのかどうかということも非常に疑問に思います。  3番目、非課税の方々はプレミアム商品券を持って買い物に行くと、そうすると収入がわかってしまいます。私自身は差別につながらないかと心配をするのであります。