2879件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊賀市議会 2019-06-24 令和元年総務常任委員会( 6月24日)

ただ、そちらの市のその周辺、中央の駐車場につきましては、おおむねシルバー人材センターさんの意見を聞いてみますと上野城にのぼっていく方とかだんじり会館いく方とかその辺の方が多いというふうなことは聞かせていただいております。

伊賀市議会 2019-06-21 令和元年産業建設常任委員会( 6月21日)

譲与される団体は市町村及び都道府県で、譲与の基準は市有林、人工林の面積、林業就業者数、人口により配分額が決定され、使途については、間伐や人材育成、担い手の確保、木材利用の促進や普及啓発等の森林整備及びその促進に関する費用とされております。  伊賀市では森林環境譲与税の創設に伴い、今年度において継続的森林整備及び促進に要する経費の財源に充てる基金を設置するため、本条例を制定しようとするものです。

桑名市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-06-19

この時間は、シルバー人材センターの方が依頼を受けてということですけれども、そんな形でシルバーにそんたくしないといけないということなんでしょうかね。本当におかしな話が事実あったということです。  市民が利用する際に、聞かないとわからないということも本当にびっくりの話ですけど、社会教育法まで取り払って、貸し館業務にしたんですから、利用者がいたらありがたい話じゃないでしょうかね。

桑名市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2019-06-18

次に、市の発注工事や業務委託時における受注事業者等の行政組織外の働き方改革は考慮しているのか、過度な負担をかけていないかについてでございますが、公共工事の発注や施工時期の平準化は年度内の工事量の偏りを解消し、年間を通じて工事量が安定することで、受注者である建設業等の人材、資機材の実働日数の向上により経営の効率化及び安定化、そこで働く技術者や技能者の処遇改善につながるものであり、本市としても取り組んでいるところでございます

亀山市議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会(第4日 6月17日)

ただ、だから今回の一番の問題は、その専門職で採用した、そういった職員を管理職としてずうっと、実際、管理というか、そこの部門を仕切る担当としてずっとい続けさせてしまったという点なのかなあと思いますし、もう一つ最大の問題は、やはりその方の後継となるような人材が育っていなかったことやと思います。

伊賀市議会 2019-06-14 令和元年第 3回定例会(第3日 6月14日)

そういうことで、人材育成ということでだんだんだんだん少子化になってくるんですけども、そうした生徒を集めることによって、また地域の雇用にも生かされるちゅうことで、私はこの私学としては、やっぱり公立ではできんようなことをやっていただいているんではないかと思います。

亀山市議会 2019-06-14 令和元年 6月定例会(第3日 6月14日)

今後の対応につきましては、現在、健康福祉部次長が申されたように、いろいろなハローワークも含めて求人をするとともに、学校の協力も得ながら人材の確保に努めているところでございます。  先ほど、今月11日でありますが、教育部長から1名の任用内定を報告させていただきましたが、その面接には私自身も携わらせていただいたところでございます。

伊賀市議会 2019-06-13 令和元年第 3回定例会(第2日 6月13日)

2035年には約79万人もの介護人材が不足すると計算しており発表されております。伊賀市の介護における人材不足について、伊賀市はどのような認識と対応をされようとしているのかお伺いしたいと思います。 ○議長(中谷一彦君)  健康福祉部長。 ○健康福祉部長(田中 満君)  介護の人材不足、介護人材の確保につきましては、全国的な課題でございまして、当伊賀市におきましても非常に大きな課題でございます。

亀山市議会 2019-06-13 令和元年 6月定例会(第2日 6月13日)

だけど、これは私はそもそも、そもそも論を言うたらあかんけれども、今、平成20年6月18日に時の総務財政部の法制執務室、人材育成室から亀山市法令遵守の推進に関する規程の整備について、これが決められました。その中で、一つの基準ができて、これに事細かに公益通報等に対する要綱とか、それにみんな書いてあります。そして、改めて平成25年4月に「亀山市職員コンプライアンスハンドブック」というのが作成されたと。

伊賀市議会 2019-06-04 令和元年第 3回定例会(第1日 6月 4日)

にぎわいを創出するための重要課題は、「居住者をふやし、活力を向上」「観光客の集客、滞留、回遊性の向上」「次世代人材によるまちのエンジンづくり」の3つとされております。中心市街地の活性化は、全市的な課題であるということを踏まえ、各種団体や地域の皆さんとともに、これらの課題解決のための取り組みを具体化し、一日も早いにぎわい創出とまちなか活性化に取り組みます。  2つ目は、災害対策の充実です。  

亀山市議会 2019-06-01 令和元年 6月定例会一般質問一覧

) 新市まちづくり計画について  1 計画の内容について  (1)合併特例事業について  (2)合併特例事業以外の事業について  2 財源の考え方について  3 計画の在り方について 亀山市鈴鹿川等源流域の自然環境と歴史的資源を守り継ぐ条例について  1 条例制定後の市の動きについて 文化財行政について  1 人材確保

亀山市議会 2019-05-31 令和元年 6月定例会(第1日 5月31日)

次に、監査委員から、例月出納検査結果報告書6件が、また亀山市土地開発公社、公益財団法人亀山市地域社会振興会及び公益社団法人亀山市シルバー人材センターから、平成30年度事業報告書及び収支決算書がそれぞれ提出されておりますので、ごらんおきください。  次に日程第4、現況報告を行います。  初めに、市長に市政の現況について報告を求めます。  櫻井市長。

志摩市議会 2019-05-07 令和元年全員協議会( 5月 7日)

どんな形でもいいから、人員の増加につなげるような施策が欲しいというのが本音でありますので、ただ、予算的なこともあり、1人の教師をつけることがどれだけ大変なことかも理解しているつもりではありますが、アンテナを高くし、とれる人材、とれるポスト等、一つずつ、小さなことでも積み上げていくことが学校現場への一つの支援にはなるのかなというふうなことは思います。  

志摩市議会 2019-03-27 平成31年全員協議会( 3月27日)

あるいは、人材をしっかり養成していくというのは、この志摩市の人づくり、あるいはまちづくりの、本当に要諦であるということでありますので、よほど肝を据えてやっていかないといけないということであります。  

志摩市議会 2019-03-27 平成31年第1回定例会(第6号 3月27日)

また、市内就労から移住定住促進にシフトするという考え方なのか、あるいは、若者の移住定住促進を行うために、市内産業を担う人材確保の目的は下げてでも、移住定住促進が図られればよいという考えで改正するものかとの問いに、志摩市への移住定住を明確にし、志摩市の人口をふやしていくために改正したものであるとの答弁でした。  

伊賀市議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会(第6日 3月22日)

国は消費税増税の増収分1.7兆円を含む2兆円規模の財源を使い、幼児教育の無償化、待機児童の解消、保育士の処遇改善、介護人材の処遇改善等の施策を打ち出していますが、いずれの項目も伊賀市では深刻な状況になっています。伊賀市は新年度予算において、改善が必要な5つの待ったなしを掲げておられますが、私は置き去りにされている待ったなしの課題について申し上げます。  

志摩市議会 2019-03-19 平成31年予算決算常任委員会( 3月19日)

海の博物館、石原館長が亡くなったということで、次の会長が誰になっているのかもよくわかりませんが、それなりの人材の方が会長になって、本当にこの事業が進められているのかという部分もちょっと疑問視しますので、そこら辺も含めて、しっかり監視をしていただきたいと思うんですが、担当のほう、いかがですか。 ○委員長(西﨑甚吾) 産業振興部長。

桑名市議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会 本文 開催日:2019-03-14

次に、一般管理費中、男女共同参画推進費について、男女共同参画基本計画の策定を終え、新たに検討している事業等はあるのかとの質問があり、女性の人材育成のため、現在活発に活動しているサークルを参考に、女性がリーダーとして育つような講座を行いたいと考えているとの説明がありました。