177件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

名張市議会 2020-09-25 09月25日-07号

また、人口密度が低く、インフラ整備コストがかかる伊賀市と組んでいくのがいいのか、名張市としての行政効率を考えた上で検討していってほしいとの意見がありました。 その後、採決した結果、本案全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。 以上ご報告申し上げます。 ○議長川合滋) 総務企画委員長報告が終わりました。 これより委員長報告に対する質疑を行います。  

名張市議会 2020-09-25 09月25日-07号

また、人口密度が低く、インフラ整備コストがかかる伊賀市と組んでいくのがいいのか、名張市としての行政効率を考えた上で検討していってほしいとの意見がありました。 その後、採決した結果、本案全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。 以上ご報告申し上げます。 ○議長川合滋) 総務企画委員長報告が終わりました。 これより委員長報告に対する質疑を行います。  

志摩市議会 2020-03-06 令和 2年全員協議会( 3月 6日)

それで、学校のほうは、やむを得ない場合について、預かっておられる人数がここに書かれておるんですが、実際のところ、人が集まるのをできるだけ避けようという趣旨で動かれていると思うんですけども、結果的に、教室でいたときの人数のその人口密度とこの児童館放課後児童クラブで預かったときの一部屋に子どもたちがいる人口密度でいったら、結果的に預かりのほうが多くなったということがあるんではないかということをちょっと

四日市市議会 2019-11-01 令和元年11月定例月議会〔附録〕

団塊の世代が高齢化していく中、戸別収集の必  要性を以前から指摘しているところであり、ごみ出し支援が必要な対象者を把握すると  ともに、人口密度などの地域差も考慮した上で、制度構築に向けて取り組むべきである。 ・ごみ屋敷対策については、ごみ屋敷ごみを片付ける対策ももちろんだが、なぜごみ屋  敷になってしまったのかという視点を大切にして、予防の観点を特に充実させてほしい。

鈴鹿市議会 2019-06-24 令和元年 6月定例議会(第5日 6月24日)

都市計画目的は,大きく3つの区域住居系工業系商業系に分類され,それぞれの計画地土地利用誘導することで,市街地集約化人口密度を上げることで,上下水道や道路,公園などの都市施設効率よく配置し,住環境や産業活動の環境をよくしていこうと,さらには農業との調整も図るものです。  見ていただいたように,鈴鹿川から西には何も色がついていません。

亀山市議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会(第4日 6月17日)

産業建設部参事草川保重君)(登壇)  ソサエティー5.0を活用した中心的都市拠点の強化としては、今後考えられるものといたしまして、例えば人口密度や必要な都市機能維持を図るため、今問題となっております空き地や空き家の発生を簡易に把握する技術導入や、インターネット、VR技術を活用した土地建物検索技術導入による不動産流通活性化を図ることや、またAIビッグデータなどの活用による人・物の動きについての

松阪市議会 2019-03-06 03月06日-05号

そのような課題に対する土地利用の方針といたしましては、コンパクトシティ・プラス・ネットワークのまちづくりを推進するといった中で、松阪市立地適正化計画において、居住誘導区域設定した区域は、将来にわたり適正な人口密度の確保を目指し、また、都市核においては、誰もが歩いて多くのサービスを享受できるよう、立地適正化計画設定する都市機能誘導区域商業医療行政・コミュニティなどの都市機能集約・充実させることを

いなべ市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第3日12月 7日)

議員の御質問では、将来の御質問でしたので、将来に向かっての持続性、充実については、例えば沿線上に住んでおられる方々の年齢構成は、時代によって人口密度なども徐々に変わっていくことも考えられ、お年を召された利用者の要望も時代によって少しずつ変わってくると考えております。  事実、8年が経過して、立ち上げ当時と現在では微妙にニーズも変わってまいりました。

津市議会 2018-12-03 12月03日-02号

建てかえの順番が来た時期かと考えますが、津市においては、全体として東海・東南海南海地震への警鐘も叫ばれ、行政としても危機管理部中心市内各所での住民への啓発を繰り返しなされているところでもありますけれども、私はこれまでの国内の私自身の視察の結果を踏まえて、西署の建築に対しては、その地に津市防災センターを併設し、また津インター中勢バイパスの近隣であるという地の利を生かして、さらに周辺の団地等人口密度

桑名市議会 2018-09-18 平成30年決算特別委員会都市経済分科会 本文 開催日:2018-09-18

事業内容につきましては、公共交通を軸として、医療福祉商業などの生活サービス機能集約を図るべき都市機能誘導区域や、将来にわたり継続的に一定人口密度維持を図るべき居住誘導区域設定することにより、今後のコンパクトシティー形成に向けた生活サービス機能居住誘導を図るための立地適正化計画を策定するものであります。  

鈴鹿市議会 2018-08-17 平成30年全員協議会( 8月17日)

東京23区の中で一番狭いということで,人口密度の高さは想像できないくらいです。視察先上野小学校上野駅から徒歩で10分以内のところにあり,駅の反対側にある上野公園にも徒歩20分弱で行けるところに立地しています。  以下,概要をお伝えいたします。  この学校整備時期は,平成3年,君島小学校下谷小学校の統廃合により上野小学校ができました。

いなべ市議会 2018-03-02 平成30年第1回定例会(第2日 3月 2日)

それとは逆に、余りにも広大で人口密度が疎でありますと、デマンド交通が効力を発揮する。いなべ市の場合は、どちらも中途半端で、デマンド交通には電子知能を利用しても難しい状況であろうと思っておりますので、しばらくは福祉バスという方向で利便性を高めていきたいと思っております。  次に、③今後の計画ですが、来年度、新庁舎便を増設し、伊勢治田駅から福祉センターへ1日6便を予定させていただいております。  

亀山市議会 2017-12-13 平成29年12月定例会(第4日12月13日)

いわゆる地方中小都市がいかにこの超高齢社会とか、人口密度の関係もありますし、公共交通機関整備状況等々もありますけれども、本来ならば、鉄道であれ、バスであれ、民間事業者として、その準公共的な役割がうまく機能して、これを支えていく、あるいはそこでの、当然民間事業ですから、収益の赤字路線とかそういうものを税金で補填をしていったり、あるいはタクシーの運行につきまして、高齢者の皆さんの支援策として、亀山は本当

津市議会 2017-12-05 12月05日-03号

で説明のありました立地適正化計画(案)において、今後のまちづくり課題として、高齢化の進展に伴い、自動車を運転できない交通弱者が増加すると想定される中、都市の活力を維持するためにも、市民の重要な移動手段である公共交通サービスは不可欠と言えますとの記述がありまして、計画策定目的について、立地適正化計画は既存の市街地中心に、さまざまな都市機能が集積した利便性の高い拠点と、人口減少下においても一定人口密度

鈴鹿市議会 2017-11-17 平成29年産業建設委員会(11月17日)

ただ,例えば東京都とか横浜市に行った場合には,人口密度が非常に高い。そこは,起債というのは,ほぼ借りていないと思います。その中で,やっぱり利益をかなり上げておるもので,全く基準外繰り入れというのはないです。逆に,例えば,ないところの一般会計にお貸しするような,そんなふうなぐらいの資金の能力があると思います。  以上でございます。

四日市市議会 2017-11-05 平成29年11月定例月議会(第5日) 本文

この図では、人口密度が高い場所が赤色で示され、人口密度が低くなるにつれて桃色、黄色、黄緑色、水色と色が変わっていきます。  人口重心は二重丸で囲った大井手付近になります。人口重心は、全ての市民の自宅からの直線距離の合計が最小になる場所であり、人口重心の近くにある市立四日市病院、図書館、文化会館は、全ての市民が利用しやすい場所にあるといえます。