765件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桑名市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-12-11

明正中学校に限らず、市内小・中学校では、交通事故の撲滅や交通マナーの向上を目指して、交通安全教室などにより、自転車の乗り方を含めた指導を行っております。自転車の点検に関しましても、点検項目を生徒に配布して、家庭で確認をいただいており、さらに、通学用自転車に関しましては、学校でも再度確認をいたしております。  

鈴鹿市議会 2019-12-05 令和元年12月定例議会(第4日12月 5日)

この場所の国道1号線の横断は,法的には禁止はされていないということでありますが,住民の安全のために,また交通事故防止のためにこのような場所に横断歩道はどうしても必要だと思います。横断歩道設置のための基準などがあるのなら,その基準に合うように道路形態を考えることも必要であります。なくても,住民は必要に迫られて横断しているので,その実態に道路側が対応することが求められています。

鈴鹿市議会 2019-12-03 令和元年12月定例議会(第2日12月 3日)

そのような中で,朝日新聞の記事によりますと,警察庁が2014年から2018年の5年間に起きた交通事故について分析したところ,交通事故死亡した歩行者は6,999人で,うち65歳以上の5,007人,72%について調べてみると,この10月から12月が交通事故死亡する歩行者が最も多い傾向が明らかになったそうであります。特に,日没の前後1時間に事故に遭う人が目立ったということであります。  

四日市市議会 2019-11-01 令和元年11月定例月議会〔附録〕

・近年、通学路等での児童、生徒を巻き込む交通事故が問題視されていることから、交通  事故対策の必要性を感じており、車に後付けする急発進抑制装置や、歩行者を守るガー  ドレールの設置等、現実的かつ実現可能な手段で、計画期間の初期に集中して対策を講  じる必要がある。 ・近鉄四日市駅前の整備と同様にJR四日市駅前についても整備が必要である。

桑名市議会 2019-10-02 令和元年第3回定例会(第6号) 本文 開催日:2019-10-02

事業内容として、これも大津市で発生いたしました交通死亡事故を初めとした昨今の交通事故を受け、園児、児童・生徒の安全対策のため、スクールゾーン標示の予算とあります。  これ自体、スクールゾーンというのは大変大切なことなんですが、これも以前から、私自身も当局にお願いしていたことでありますが、これが私が賛成討論をするとなったのは、これ以上は全て市費のみの予算なんです。

桑名市議会 2019-09-19 令和元年都市経済常任委員会 本文 開催日:2019-09-19

次に、目5.交通安全対策費の説明欄、通学路等緊急安全対策事業費の交通安全施設設置費4,590万円は、ことし5月に大津市で発生いたしました交通事故を受け、保育園、幼稚園、小・中学校の通学路等に安全施設を設置するなど緊急安全対策を講じるものでございます。  また、市民満足度向上事業費の交通安全施設設置費320万円は、各自治会への聞き取り調査に基づき、交通安全施設を設置するものでございます。  

桑名市議会 2019-09-18 令和元年教育福祉常任委員会 本文 開催日:2019-09-18

款10.教育費、項6.保健体育費、目2.学校保健体育費、説明欄、通学路等緊急安全対策事業費の園児・児童・生徒安全対策事業費39万6,000円は、本年5月に滋賀県大津市で発生しました園児死傷事故を初め、近年増加する子供が犠牲となる痛ましい交通事故への対応として、園児・児童・生徒の通学路等の安全対策のため、スクールゾーンの標示に係る経費を計上させていただきました。  

桑名市議会 2019-09-18 令和元年決算特別委員会都市経済分科会 本文 開催日:2019-09-18

177ページ備考欄中、交通安全対策事業費の交通安全施設設置費は、交通事故危険箇所について、路側線やガードレール、カーブミラーなど、交通安全施設整備を行ったものでございます。  次に、項3.河川費、目1.河川総務費について御説明いたします。  177ページ備考欄中、河川維持補修費は、河川を維持するために必要な修繕や工事などに要した費用でございます。  

桑名市議会 2019-09-17 令和元年決算特別委員会総務安全分科会 本文 開催日:2019-09-17

次に、市民相談室運営費69万円につきましては、弁護士司法書士交通事故相談員の報償金と行政相談員の年会費などでございます。  次に、PFI事業費、図書館等複合公共施設地域コミュニティ局等)の5,862万3,670円につきましては、平成30年7月に地域コミュニティ局がメディアライヴへ移転したことに伴い、債務負担行為設定済みの維持管理などに係るPFI事業経費でございます。  

桑名市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-09-12

市内で本年5月11日に横断歩道を歩いていた60代男性が軽四乗用車と衝突した交通事故を初め、横断歩道での交通事故が発生している情勢の中、三重県警察が今年6月から毎月11日を横断歩道SOSの日に設定し、横断歩道を通行する車両や歩行者の交通指導広報啓発活動を強化する取り組みを開始しております。  

桑名市議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-09-11

少子高齢化が全国的な問題の中、高齢者による交通事故が全国で発生しており、悲惨な事故も多く見られます。仮屋議員が言われましたように、特に老人の事故が多いというわけではなく、それが今現状として、問題として、テレビなどで取り上げられているということが私たちが意識する問題提起になっているとは思いますけれども、このような事故を受け運転免許を返納する方が増加していると聞いております。  

桑名市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2019-09-10

加齢に伴う身体機能の低下などにより自動車の運転に不安を覚える高齢者につきましては、踏み間違えなどによる重大な交通事故を起こす前に運転免許証を自主返納していただけるよう、桑名警察署、桑名地区交通安全協会等と連携を図りながら、参加体験型のシニアドライバー交通安全研修や交通安全教室広報啓発活動などに取り組んでいるところであります。