4213件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桑名市議会 2019-07-02 令和元年第2回定例会(第6号) 本文 開催日:2019-07-02

また、通学路や高齢者ドライバーの問題を初めとした交通安全対策、特殊詐欺による被害の防止など、子供からお年寄りまで市民一人一人が安心して安全に暮らせるよう、決意も新たに全力で取り組んでまいります。  最後になりましたが、ことしの夏はエルニーニョ現象が続く影響で、昨年ほど極端に暑い日は少なくなりそうですが、ここ数年の傾向からすると、やはり猛暑となる日は少なくないと予想されております。

桑名市議会 2019-06-24 令和元年都市経済常任委員会 名簿 開催日:2019-06-24

         多 湖 茂 人    駅周辺整備課長       西 田 喜 久  駅周辺整備課主幹(駅周辺整備担当)兼  都市管理課主幹(駅周辺整備連携担当)  伊 藤 彰 浩    都市整備部長        中 村 博 明  都市整備部次長産業振興部連携担当)兼  産業振興部次長都市整備部連携担当)  山 下 祐 生    都市管理課長        伊 藤 隆 光  都市管理課主幹  (公共交通

伊賀市議会 2019-06-24 令和元年総務常任委員会( 6月24日)

総務常任委員会会議録   1.開催日 令和元年6月24日 2.場  所 市議会委員会室 3.出席者 上田宗久、森川徹、宮ア栄樹、市川岳人、生中正嗣、中谷一彦、岩田佐俊、安本美栄子 4.委員外議員 百上真奈、信田利樹、西口和成、赤堀久実 5.欠席者 なし 6.理事者 稲森総務部長、山本総務部理事秘書、調整担当)、石田総務部法務総括監、宮崎企画振興部長、三枝企画振興部次長(総合政策、広聴情報地域づくり推進、交通政策担当

桑名市議会 2019-06-24 令和元年都市経済常任委員会 本文 開催日:2019-06-24

それでもう1点、この間うちからお聞きもしたこともありますし、養老線の南のときにも、整備されたときにも少し御指摘させていただいた件なんですけれども、直接この認定路線がどうこうということじゃなくて、これが接続することによってというような、交通の面から附帯意見的な話に関連していく話かなと思うんですけれども、簡単に説明させていただきたいんですけれども、これが今側道へ接続することによって、本来、接続する、この

桑名市議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 開催日:2019-06-21

防災防犯交通安全公共交通道路、こういった部分の満足度が下がっているもしくは重要度が上がっています。しかし、今、財源が厳しい中で、こうしたところに十分な予算の措置がされていないことについて、市長、どう思われますかとお尋ねをしたら、市長は、特にやはりこの部分というのは、地域で起こっている現状を私の目でしっかりと見た上で対策を考えたい。

伊賀市議会 2019-06-18 令和元年第 3回定例会(第5日 6月18日)

学校でもやはり通学路の危険なところもございますもんですから、これまで申しましたように交通安全の通学路、交通安全プログラムというので危険箇所の把握をきちっとするというようなことで、現在、その取りまとめを行っておりまして、今後、保護者の方から点検も行っていただきながらまとめまして、今後そのプログラムで関係機関が寄ってどうしていくかというのを話し合って整備をしていくというような取り組みを進めているところでございます

菰野町議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第4日目 6月17日)

政府行政がこうした公共交通財政的な支援を強め、国民の移動の自由保障することが求められているのです。  公共交通が不十分な中で、運転免許のない高齢者などは、大変不自由な思いをしています。  コミュニティバス、のりあいタクシーなどの増車で、利用者の利便性を高め、買い物や病院などの町民の日常的に便利で公共交通の充実が求められているのです。  

伊賀市議会 2019-06-17 令和元年第 3回定例会(第4日 6月17日)

確かに、今、議員さんおっしゃいますように、その収入の部分を無料化して運行すればどうかというようなことでございますけれども、問題は、全ての伊賀の地域内に同じサービスが、前の議員さんの質問の中にも一体化というような、交通の一体化という話がありましたけれども、住んでおられる人口も違えば、交通サービスの量といいますか、バスの本数でありますとか、あるいは地域によっては全く公共交通の空白地帯もあるというような

亀山市議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会(第4日 6月17日)

地元の要望ということですが、当地域からは県へのご要望は交通安全対策として路肩の着色、減速帯等設置の要望をいただいております。その旨、市長名で進達もさせていただきました。  先ほどもご答弁させていただきましたが、通行車両の増加に伴うスピードの抑制、運転者への交通誘導に努めていただいており、今後、市としましてもバイパス完成に向けて強く働きかけてまいりたいと思います。

伊賀市議会 2019-06-14 令和元年第 3回定例会(第3日 6月14日)

交通政策ですけども、きのうも同僚議員が既に子供たちへの交通安全対策とかお聞きになっていただきましたので、重複している部分は省かせていただいて、ただ1点、私どもの地区では青パトロールを15、6年やっております。それまでは中学生の子供たちに対する声かけ事案とかいろいろあったんですけども、それ以来全くなくなりました。

菰野町議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第3日目 6月14日)

これらの事故多発の現象を受けて、高齢ドライバーに対して、一方的に運転免許証の返納を推進すべきとの意見もありますけれども、これは地域や個々の交通事情により、対応が分かれてくることであろうと考えますが、自動車にかわる交通手段の環境を整えることは、多様な交通手段が既に充実している都市部と違って、菰野町にとりましては、喫緊の課題であると同時に、自治体責任でもあります。  

桑名市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第1号) 本文 開催日:2019-06-13

定例会の開会に当たり、先月発生した大津市の県道交差点で散歩中の保育園児が巻き込まれた交通事故、また、川崎市では、通学中の子供たちが包丁を持った男に襲われるといった大変痛ましい事件が発生し、多くの子供たちが犠牲となりましたことに心から哀悼の意を表します。このような事故事件で、次の時代を担う子供たちのかけがえのない命が奪われてしまうことはあってはなりません。

亀山市議会 2019-06-13 令和元年 6月定例会(第2日 6月13日)

○6番(尾崎邦洋君)(登壇)  こういうような不公平な扱いをやって、こういうような規程ができたわけなんですけれども、国には法律というものもありまして、例えばスピードの出し過ぎ、これも交通法規の中には当然うたわれているんですけれども、飲酒運転、こういったことを初めとして道路交通法における重大な交通違反や事故、その他刑法などの法律に反する行為についても、こういうようなことが起こっても、じゃあ市の職員がこういうことをやっていたら

菰野町議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第2日目 6月13日)

菰野インターチェンジ周辺のまちづくりについての御質問でありますが、当町にあります町民の移動手段としての公共交通は、民間事業者が運行する鉄道路線バスタクシーなどがあり、当町が運行にかかわるコミュニティバス、昨年10月から試行運行を開始したオンデマンド交通であるのりあいタクシーなどがございます。  

伊賀市議会 2019-06-04 令和元年第 3回定例会(第1日 6月 4日)

バス交通ですが、伊賀市は、予野線、友生線、西山線など7本の廃止代替バス委託運行しています。年々利用者が減少し、バスに乗車している人数の全区間での平均乗車密度は1キロメートル当たり1.3人という状況で、運行に係る行政負担も増加しています。そこで、4月22日から3日間、現状を理解いただくための現状説明会を運行地域役員の皆さんを対象に開催し、地域住民の皆さん方への啓発をお願いしました。