運営者 Bitlet 姉妹サービス
16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2016-09-23 伊勢市議会 伊勢市 平成28年  9月 定例会-09月23日−04号 先ほども話がありましたように、渋谷区の同性カップル証明条例の制定や、世田谷の同性カップルの宣誓を認める公的書類を発行すると定めた要綱の制定をきっかけに、最近は宝塚や先ほどの話があったようなことがありまして、自治体や民間企業などでも同性カップルを事実カップルと同等に扱う動きが進んでまいりました。 もっと読む
2016-06-30 松阪市議会 松阪市 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月30日−05号 いわゆる事実というふうな場合ですと、健康保険、年金、行政サービス、いろんなところでそういった法律婚と同様の保護が受けられますけれども、このパートナーシップ制度はあくまで基礎自治体が宣言をするだけなんです。ほとんどの行政サービスが受けられるかというと、なかなか難しい。 もっと読む
2015-03-05 桑名市議会 平成27年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2015-03-05 公営住宅への入居についても、事実などによる入居に臨機応変に対応としております。しかし、平成15年に社会生活上のさまざまな問題を解消するため、性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律が成立し、法令上の性別の取り扱いの特例について定められましたが、現在でも戸籍の性との不一致によりさまざまな契約や不都合があり、一般的には先ほど申し上げたような日常生活や社会参加に支障を来す問題も想定されます。   もっと読む
2014-09-09 松阪市議会 松阪市 平成26年  9月 決算調査特別委員会・環境福祉分科会-09月09日−01号 ◎こども未来課長(淺井嘉人君) 済みません、不正受給というのは、これは、平成19年の6月から平成20年の7月にかけて手当を受給していた方が別の詐欺事件で警察が捜査している中で、新規申請、当初より本人が事実状態であったということが明らかになりまして、全期間において過払い金、合計で68万7080円となりました。 もっと読む
2014-03-06 伊賀市議会 平成26年第 2回定例会(第3日 3月 6日) LGBTは、Lは女性の同性愛者でありますレズビアン、それからGは男性の同性愛者であるゲイ、それからBは両性愛者のバイセクシュアル、それからTは性同一性障害のトランスジェンダーということでありますけれども、人口の3%から5%いるということなんですけれども、特に伊賀市の中の公営住宅の入居要件の中には、事実の異性間のカップルだったら入れるけれども、同棲カップルは入れないという規定がありまして、これは国連 もっと読む
2013-12-25 桑名市議会 平成25年第4回定例会(第8号) 本文 開催日:2013-12-25 次に、議案第99号 桑名市営住宅管理条例の一部改正について、詳細を問う質問があり、当局から、市営住宅に入居する際は同居親族が必要であるが、改正前は、配偶者や事実の相手方、元配偶者からの暴力を受けた方は同居親族を要しないとしていたものを、改正後は、生活の本拠をともにする交際相手から暴力を受けた方についても同居親族を要しないと解釈を広げたものであるとの説明がありました。   もっと読む
2013-12-17 桑名市議会 平成25年建設水道常任委員会 本文 開催日:2013-12-17 改正前につきましては、配偶者、事実や元配偶者でございましたが、今までですと、夫婦であったりとか、元夫婦の場合ですけれども、改正後につきましては、生活の本拠をともにする交際相手ということになりまして、本拠とは一緒に生活している、俗に言います同棲相手でもよろしいということに解釈を広げました。 もっと読む
2011-12-09 亀山市議会 平成23年12月定例会(第2日12月 9日) そこで、ひとつ市長にお尋ねをいたしたいと思うんですけれども、例えば例を挙げますと、フランスで12年前に事実という制度ができて、出生率が回復していると聞き及んでおります。日本でも多くの女性が働いているのに、法律は明治の時代からそのままになっている、これはおかしい、これじゃあ少子化はとまらないという意見が出ていると聞いております。   もっと読む
2011-03-17 伊勢市議会 伊勢市 平成23年  3月 定例会-03月17日−04号 この法律のもとで、旧姓を名乗ったままの事実では、相続権もなく、子供は婚外子となるなどの問題があることから、この間、民法の改正を求める声が広がってきております。  選択的夫婦別姓というのは、選びたい人は夫婦別姓にすることができるという制度であり、すべての御夫婦に別姓を押し付けるものではありません。 もっと読む
2010-10-04 伊勢市議会 伊勢市 平成22年  9月 定例会-10月04日−04号 姓を変えることを避けて事実をすれば相続権はなく、子供は婚外子となります。希望すれば夫婦が違う姓を名乗れる選択的夫婦別性は、世界の流れとなっています。男女共同参画会議の選択的夫婦別氏制度に関する審議の中間まとめ2001年も、日本以外の主要な先進国において夫婦同氏を強制する国は見られないと認めています。   もっと読む
2010-06-30 松阪市議会 松阪市 平成22年  6月 定例会(第2回)-06月30日−06号 家族の一体感、きずなに影響ないとする人は半数を超え、事実では生命保険の受取人や税金の配偶者控除から除外される、通称名称や事実の場合は証明がその都度求められる。事実で旧姓を使用しているが、パスポートや銀行通帳など、証明書が必要なとき、相手から疑うような目で見られるなどの声が出ています。   もっと読む
2010-06-17 菰野町議会 平成22年第2回定例会(第5日目 6月17日) そのようなことで、非常に手間もかかるということがございますし、それから事実ですね。結婚せんと今、本当に結婚している状態やということでございますので、実際は結婚しているのと同じようなことでございますが、それに大変問題点がございます。法定相続人になれない。それから遺族年金ももらえない。それから生命保険も受けとれない。入院し、手術の保証人になれない。 もっと読む
2010-06-17 菰野町議会 平成22年第2回定例会(第5日目 6月17日) そのようなことで、非常に手間もかかるということがございますし、それから事実ですね。結婚せんと今、本当に結婚している状態やということでございますので、実際は結婚しているのと同じようなことでございますが、それに大変問題点がございます。法定相続人になれない。それから遺族年金ももらえない。それから生命保険も受けとれない。入院し、手術の保証人になれない。 もっと読む
2010-03-25 松阪市議会 松阪市 平成22年  2月 定例会(第1回)-03月25日−08号 事実では生命保険の受取人や税金の配偶者控除から除外される」、「通称別姓や事実の場合は、証明がその都度求められる」、「事実で旧姓を使用しているが、パスポートや銀行通帳など、証明書が必要なとき、相手から疑うような目で見られる」などの声も聞かれます。  法制審議会の答申以降14年間、選択的夫婦別姓がたなざらしにされてきたことで、さまざまな不利益をこうむっている人が出てきています。 もっと読む
2010-03-11 伊賀市議会 平成22年第 2回定例会(第3日 3月11日) ただ、こういう本当に今、ゆがんだというふうにおっしゃいましたけれども、こういう言説が、例えばこの伊賀市の中にでもおられます通称使用されている職員の方や事実、多様なこういうライフスタイルを求めている方々というか、その個人をやっぱりこういう言説が傷つけてるんですよね。ですからあえてこういうことを伺いました。非常に前向きな答弁をいただきました。   もっと読む
2007-06-11 志摩市議会 平成19年第2回定例会(第2号 6月11日) ところで、近年、婚姻届けを出さずに結婚生活をおくる事実というのですか、それから同棲カップルが増えてきておると、こういうふうに言われておるわけであります。そのために、子どもができた場合に、あわててできちゃった婚をするか中絶をするということになるわけであります。若い世代の不安定な妊娠・出産が増える一方で、未成年者の中絶というものが後を絶たないというふうに言われておるわけであります。 もっと読む
  • 1