運営者 Bitlet 姉妹サービス
3171件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-27 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2018-12-27 そこで、73年前の侵略戦争の主体の一つである独占資本が図書館を通じて桑名市を食い物にしているPFI事業に関し、その契約自体の検証と見直しを再度求めたく存じます。  次に、50年も前に資源学で、あるいは10年から18年前には中部大学の武田邦彦教授が資源リサイクルのうそを証言されていますが、理論的には3.5倍以上、桑名市を含む日本全体で7倍以上の資源、労力、税金が浪費されている。 もっと読む
2018-12-26 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018-12-26 議員御指摘の生産施設を増設すれば稚貝がふえる可能性は確率的には上がるものと考えておりますが、増設した場合の労働力、予算などの課題と、何より赤須賀漁業協同組合が主体となっての事業でありますので、組合の意向がございます。 もっと読む
2018-12-25 伊賀市議会 平成30年第 5回定例会(第6日12月25日) 6年前に初当選されたときに、市長は、これからは、市民に見える市政、納得できる市政、市民主体の市政を皆さんと一緒にやっていきたいとインタビューでおっしゃっておられました。市民の声を聞き、納得を得るため、市長はどれほどの努力をされてきたのでしょうか。また、部下である職員や調理員・保育士など現業職員の声をどれほど聞かれたのでしょうか。   もっと読む
2018-12-25 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-12-25 市民の皆様がそれぞれの地域でいつまでも安心して楽しく、幸せに暮らせるまちの実現に向け、主体的に取り組むことができるような仕組みづくりを今から始めることで、人口減少、少子高齢化の進展を初めとした地域を取り巻く環境の変化に対応できる持続可能なまちづくりが可能となります。   もっと読む
2018-12-19 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018-12-19 少子高齢化に伴う人口構造の変化が進む中、住民の皆様お一人お一人が主体的に地域のまちづくりに取り組むことができる体制の構築を目指し、地域創造プロジェクト(案)を推進しています。 もっと読む
2018-12-17 伊賀市議会 平成30年総務常任委員会(12月17日) また治田区自治会は地区の住民が主体となってまちづくりを実践しており、去る8月17日に開催されました指定管理者選定委員会において指定管理者として適正であるとして、引き続き選定されたところでございます。なお、指定管理期間は平成31年4月1日から平成36年3月31日までの5年間としております。よろしく御審査いただきますようお願いします。 ○委員長(安本美栄子君)  ありがとうございます。   もっと読む
2018-12-14 伊賀市議会 平成30年教育民生常任委員会(12月14日) 厚生労働省の示す放課後児童クラブ運営指針では、児童の最善の利益を保障し、安心して放課後を過ごすことができることを一番に考えることを重要とし、運営主体に関しては、育成支援の継続性という観点から継続的、安定的に運営することが求められています。   もっと読む
2018-12-11 伊賀市議会 平成30年第 5回定例会(第5日12月11日) 今回、全ての私有林がというわけではございませんが、新たな策定が義務づけられた2つの計画は文章上の整理だけではなく、市町村が主体となって森林管理に取り組まなければならないということを意味しております。  また、来年4月1日から施行ということになっており、森林管理権集積計画と経営管理権配分実施計画の2つが新たな計画を定める市町村に求められております。 もっと読む
2018-12-10 伊賀市議会 平成30年第 5回定例会(第4日12月10日) そして、そういう地域に該当しているので、地域運行バスの導入を検討しようとしますと、まずは地域が主体となりまして、住民アンケート等を実施していただきまして、地域住民の移動に関するニーズという部分を把握していただくことになってまいります。 もっと読む
2018-12-07 伊賀市議会 平成30年第 5回定例会(第3日12月 7日) そしたら、伊賀市がやはり主体となって、そういった修繕等を進める方向を、計画を立てるべきではないんですか、どうですか。 ○議長(岩田佐俊君)  建設部長。               もっと読む
2018-12-06 伊賀市議会 平成30年第 5回定例会(第2日12月 6日) (危機管理監 吉川 泉君登壇) ○危機管理監(吉川 泉君)  やはり自主防災組織は自分たちの地域は自分たちで守る、まずは自助の取り組みとして、家具の固定とか耐震対策、また地域の取り組みとして地域のハザードやみんなの安否確認ができる体制を取り組んでいただき、また消防団や自主防災組織、自治協議会など、地域の多様な組織が主体となって活性化を進めていただき、また今後ともその活動活性化の推進を進めてまいりたいと もっと読む
2018-11-13 鈴鹿市議会 平成30年広報広聴会議(11月13日) ○水谷議長  それでは,次に,構成についてでございますけども,1部が9月定例議会の概要報告,2部は会場ごとにテーマを設定いたしまして,それぞれ,1班が住民主体の地域公共交通について,2班が(仮称)鈴鹿PAスマートICの開通を契機とした地域の活性化について,3班が公共施設マネジメントについての報告でございましたが,この点についてはいかがだったと思いますでしょうか。 もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第5日) 本文 市内のバス路線としては、三重交通と三岐鉄道が運行する路線が21路線、市民が主体となり運行する生活バスよっかいちの1路線、市がバス事業者に委託して運行しております自主運行バス3路線、合計で25路線、これが運行しております。  三重交通が運行する14路線のうち、黒字という路線は、小杉線、羽津山線、三重団地笹川線、この3路線のみ。 もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会〔附録〕 過去の災害事例を教訓として、本市における防災力のさらなる向上を目指すためには、本市、市 民、事業者それぞれを防災・減災の取り組み主体として捉え、災害の予防対策や応急対策、復旧・ 復興対策に関する基本的な事項について定める条例の制定が必要であることから、当委員会では条 例制定に向けた調査研究を開始いたしました。 もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第4日) 本文 次に、自治会におけます役員のなり手不足という課題に対しましては、市民活動に主体的に参加し、市民協働による地域社会づくりを担う人材を発掘、育成するために、四日市市自治会連合会さんや市民活動団体、そして大学等々と連携しながら、地域づくりマイスター養成講座の開催などを行いまして、その育成に努めているところでございます。   もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第6日) 本文 今回も地域を含めて行政主導ではなく、地域が主体的に取り組めるような行政のすべき事業、また地域へのサポートについて議論を進めていきたいと思います。  台風21号によります羽津北小学校の停電、また、羽津中学校の断水とその後の対応についてお聞きします。  これは全国で強い風や高潮によりまして大規模停電が発生いたしまして、愛知、岐阜、三重3県で延べ85万戸の停電が発生しました。 もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第2日) 本文 この資料では、板書について、黒板は明るさが均一になるよう照明を工夫すること、黒板を常にきれいな状態に保つこと、白と黄色のチョークを主体に使うことなどが示されています。  また、色の識別がしにくいことの度合いについては個人差が大きいことから、色による誤認を回避するためには、色以外の情報を加える工夫も必要であると示されています。   もっと読む
2018-10-15 伊賀市議会 平成30年産業建設常任委員会(10月15日) 本事業に対する市の基本的な考え方といたしましては、開発手法については、事業主体として市が行うのではなく、民間開発事業者に事業主体として事業を行ってもらい、地域等の調整、各種認可のバックアップを行うこととしてきました。  このため興味を示していただいている開発事業者と、さまざまな条件について意見をいただき、協議を進めてきたところでございます。 もっと読む
2018-09-27 志摩市議会 平成30年第3回定例会(第6号 9月27日) 新学習指導要領等への移行及び全面改正の時期を迎えた今、児童生徒の創造性や考える力を養う授業へ転換を図り、子どもたちの自己実現に向けた主体的、共同的な豊かな学びを実現するため、教職員がよりきめ細かく、児童生徒一人一人と向き合うことのできる環境整備の第一の手だては教職員定数を計画的に改善することにほかならないと考えます。   もっと読む
2018-09-19 桑名市議会 平成30年都市経済常任委員会 本文 開催日:2018-09-19 そういう中で、今回、時代の移り変わりとともに、サンファーレとロッカについては違う主体でというようなことで、今、そういうような準備なりを作業としてはさせていただいております。 もっと読む