1211件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桑名市議会 2019-06-25 令和元年総務安全常任委員会 本文 開催日:2019-06-25

このまま税率引き上げが実施されれば地域経済をさらに疲弊させ、中小企業や小規模事業者の営業を脅かし、雇用不安を招くなど、市民生活への影響ははかり知れません。軽減と宣伝されている複数税率による混乱も心配されています。  景気悪化を招き、低所得者ほど負担が重いのが消費税の特徴です。今、消費税を上げるときなのかといった声が大きく広がっております。

桑名市議会 2019-06-20 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-06-20

また、中小企業というのはなかなかワーク・ライフ・バランスの施策をとるというのが難しいと思うんですけれども、市としては情報提供や啓発で理解を深めると言ってみえますけれども、それくらいではなかなか、今までの長いこと年月を考えますと、解決できないと思います。これは私の思いですけれども、覚悟を持って取り組んでいただけるかという決意をぜひお聞きしたいと思います。  

桑名市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2019-06-18

このまま税率引き上げが実施されれば地域経済をさらに疲弊させ、中小企業や小規模事業者の営業を脅かし、雇用不安を招くなど、市民生活への影響ははかり知れません。  軽減と宣伝されている複数税率による混乱も心配されています。景気悪化を招き、低所得者ほど負担が重いのが消費税の特徴です。今消費税を上げるときなのかといった声が大きく広がっています。

伊賀市議会 2019-06-17 令和元年第 3回定例会(第4日 6月17日)

最初に、中小企業・小規模企業振興支援についてお尋ねをいたします。  中小企業企業の99.7%、また小規模企業、これは製造業その他では従業員20人以下、商業サービス業では従業員5人以下と規定されておりますが、その小規模企業だけでも85.1%と重要な地位を占めており、雇用の7割を支えて、雇用経済、暮らしを担う日本経済社会の基盤的存在と言えます。

亀山市議会 2019-06-14 令和元年 6月定例会(第3日 6月14日)

これを農業に言やあ、農業を未来につなげる、10年先の農業を考えようであって、今現在、なぜ会議所がこういう中小企業庁と一緒になってやっておるかというと、先ほどの高齢化の話じゃないですけれども、いろんな日本中の企業で、大企業はともかく、中小企業では跡継ぎがいないから廃業という話が多いんですよね。個人商店もどんどん減っています。

桑名市議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会 本文 開催日:2019-03-14

なお、本件に対する主な意見表明は、反対意見として、長島水辺のやすらぎパークや輪中の郷など、市民に人気がある施設において事業が縮小されていること、企業誘致を推進し地域経済の活性化を図るよりも、中小企業への支援に力を注ぐべきであること、駅周辺施設整備事業及び駅西土地区画整理事業の進捗が見られない点を指摘して反対、企業等誘致奨励金をいつまで続けるのか不明確であること。

いなべ市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第5日 3月13日)

そのため、中小企業で働く人が加入する協会けんぽの1.5倍とか2倍近いという問題も起こっています。今回の条例改正が未納の根本的な問題の解決になるのか質問します。  (1)国民健康保険料の収納状況は。  ①直近3年間の収納率及び滞納状況(件数、金額)の推移は。  ②滞納理由及び滞納時の対応は。  (2)保険税とする理由を収納率向上のためとしていますが、その効果と被保険者への影響は。  

亀山市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第2日 3月 6日)

このことを裏づけるように、国保加入者の1人当たりの平均保険税額、これは政府の試算ですけれども、中小企業労働者加入する協会けんぽの1.3倍の額を保険税として納めている。それから、大企業労働者加入する組合健保の1.7倍、これが国保の保険税の水準だということであります。それで、25年間に1人当たりの国民健康保険税が6万5,000円から9万4,000円に3万円ほど上がっているわけであります。

桑名市議会 2019-03-06 平成31年都市経済常任委員会 本文 開催日:2019-03-06

次に、中小企業関係資金利子補給等の小規模事業資金保証補給金減93万円につきましては、利用実績に伴う執行残でございます。  次に、加入団体負担金減15万円につきましては、駅前ビルの管理負担金の執行残の減額でございます。  次に、公共施設等解体撤去事業費の大型作業場解体撤去事業費減34万6,000円につきましては、大型作業場の解体撤去工事設計委託料の執行残でございます。  

桑名市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第5号) 本文 開催日:2019-03-01

市といたしましては、産業振興の観点からも、中小企業等の人材確保という課題はございます。引き続き市とハローワークが課題を共有いたしまして、局長が申し上げましたような就労支援の機会を通じて連携を図ることで、子育て中の女性なども雇用につなげられますように努めてまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いをいたします。                   

志摩市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第2号 2月28日)

2目商工振興費の4,558万3,000円では、1、商工振興事業費の(1)中小企業支援事業では480万円、(6)商工振興団体補助金では、2,653万2,000円を計上しております。136ページに移りまして、(7)御食国海外展開事業では、福井県兵庫県と連携して御食国を海外にアピールし、海外市場の販路拡大を目指すため、110万7,000円を計上しております。  

志摩市議会 2019-02-12 平成31年第1回臨時会(第1号 2月12日)

っていこうということで、志摩市としては14番目の「豊かな海を守ろう」というのが、これまで培ってきた海洋の部分、里海保全の部分ということでありまして、それらをより横串を刺しながら、全体的な方向を持っていこうというところがSDGsの考え方ということでありまして、まだ、始まったばかりということでありますので、なかなか浸透しないというのは現状としてはあると思いますし、せんだって、横浜で行われたフォーラムにおいても、まだまだ中小企業

四日市市議会 2019-02-09 平成31年2月定例月議会(第9日) 本文

平成31年度当初予算においては、特に中小企業に係る対策を重点に置き、人材確保や女性登用促進などに係る中小企業人材確保支援事業費及び中小企業女性就労促進事業費の新設等を通じて、地域の活動主体となる中小企業を支援していきたいとの答弁がありました。  全体会審査を行った項目についての報告は以上であります。  

四日市市議会 2019-02-07 平成31年2月定例月議会(第7日) 本文

振り返ってみますと、昨年の6月でしたか、四日市の産業再生についてお尋ねをさせていただきまして、あわせて四日市の工業誘致というところで、石原地先並びに新保々工業団地のことについて、副市長から大変熱心な答弁をいただいたところでありますが、今回もそれにやや関連はいたしますけど、この産業道路はむしろ中小企業の集積に大きな効果があるのではないかという推測が成り立ちます。  

四日市市議会 2019-02-05 平成31年2月定例月議会(第5日) 本文

公明党は、子育て介護中小企業、そして防災減災の四つのテーマで、全国100万人アンケート調査というのを実施させていただきました。その全国的なアンケートの結果から、自分に介護が必要になったとき、何が心配かというところで、経済的な負担、これが29.1%、それと同じくらい不安に感じているのが、自分が認知症になったときの26.8%というこの不安が突出しているという結果が出ました。