288件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

名張市議会 2020-09-09 09月09日-04号

通知では、給食費など学校徴収金について、学校教師の本来的な業務ではなく、地方公共団体が担っていくべきとのことし1月の中央教育審議答申を紹介し、地方自治体徴収管理を行う公会計化を推進するよう求めております。指針は、公会計化に関して見込まれる効果導入に当たっての準備徴収方法などの留意点公会計化参考となるよう、先進自治体事例も紹介しております。 

名張市議会 2020-09-09 09月09日-04号

通知では、給食費など学校徴収金について、学校教師の本来的な業務ではなく、地方公共団体が担っていくべきとのことし1月の中央教育審議答申を紹介し、地方自治体徴収管理を行う公会計化を推進するよう求めております。指針は、公会計化に関して見込まれる効果導入に当たっての準備徴収方法などの留意点公会計化参考となるよう、先進自治体事例も紹介しております。 

いなべ市議会 2020-03-05 令和 2年第1回定例会(第4日 3月 5日)

教育長片山富男君)  議員御指摘のとおりですし、これまで教育部長から答弁させていただいておるところですが、文部科学省中央教育審議でも基本的には学校教師の本来的な業務ではなくて、学校以外が担うべき業務であるということで、本来、地方公共団体が担っていくべきであると中教審答申もございます。

津市議会 2020-03-03 03月03日-03号

小学校においては先ほど申し上げましたように、2020年度から新学習指導要領の始まりという変化がある中において、文部科学省、また中央教育審議において審議いただきたい概要というところに、学級担任制教科担任制の考え方について捉え直す時期にあるという掲載がございます。 初等中等教育在り方特別部会の中でも義務教育を、9年間を見通した教科担任制在り方についてということで、考えられております。 

桑名市議会 2020-03-02 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2020-03-02

また、小・中一貫校の35人クラスの受け身的授業とは違い、わたり・ずらしという独特な授業で、先生が異学年を見る間、一人一人がリーダーとして自主自立的に移動、相互に対話し、その深い学び共同作業でまとめ上げ発表するという、中央教育審議の言う学びを既に実現しているのであります。

鈴鹿市議会 2019-12-09 令和元年12月定例議会(第6日12月 9日)

前回,9月定例議会におきましても答弁申し上げておりましたが,小学校における教科担任制あり方につきましては,本年4月,中央教育審議への諮問を経て,新しい時代初等中等教育在り方特別部会におきまして,学校規模観点も含め,各学校や地域の実情を踏まえて柔軟に実施できるよう,現在,議論されているところでございます。  

津市議会 2019-12-03 12月03日-03号

文部科学省諮問機関である中央教育審議では、平成29年6月から新しい時代に向けた持続可能な学習指導運営体制構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について審議が行われ、同年12月22日に中間まとめが取りまとめられ、これを踏まえ、文部科学省緊急対策を取りまとめるなど、学校における働き方改革に向けた取り組みを進めて、これを受けて本市の学校における働き方改革に関して、業務改善及び勤務時間管理等

志摩市議会 2019-09-27 令和元年第2回定例会(第4号 9月27日)

そして、小河議員にお聞きしますけど、本請願は、一般財源ではなく、国庫負担金による財源確保の対象の拡大と増額を求めておりますが、平成17年、国による国庫負担率引き下げ中央教育審議で議論された際、全国市議会議長会からの代表の委員は、国庫負担金一般財源化すべきというふうに求めており、今回、このような形になっております。

鈴鹿市議会 2019-09-26 令和元年 9月定例議会(第7日 9月26日)

また,平成31年1月の中央教育審議の「新しい時代教育に向けた持続可能な学校指導運営体制構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について(答申)」のように,教職員の長時間勤務課題となっている。教職員定数改善によって少人数学級実現専科教員児童生徒支援教員配置促進が期待でき,教員の長時間勤務解消にもつながると考えられる。

鈴鹿市議会 2019-09-04 令和元年 9月定例議会(第2日 9月 4日)

そして,今年1月には,文部科学大臣諮問機関で,文科省最高位審議会に位置づけられる中教審(中央教育審議からも,教師みずから授業を磨き,人間性創造性を高め,子供たち効果的な教育活動を行うための働き方改革必要性から,学校給食費を含めた学校徴収金については,基本的には学校教師の本来的な業務ではなく,学校以外が担うべき業務とすべきとの答申が出されました。  

鈴鹿市議会 2019-09-01 令和元年9月定例議会委員会発議案第3号

また,平成31年1月の中央教育審議の「新しい時代教育に向けた持続可能な学校指導運営体制構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について(答申)」のように,教職員の長時間勤務課題となっている。教職員定数改善によって少人数学級実現専科教員児童生徒支援教員配置促進が期待でき,教員の長時間勤務解消にもつながると考えられる。

鈴鹿市議会 2019-09-01 令和元年9月定例議会請願文書表第3号

また,2019(平成31)年1月の中央教育審議の「新しい時代教育に向けた持続可能な学校指導運営体制構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について(答申)」のように,教職員の長時間勤務課題となっています。教職員定数改善によって少人数学級実現専科教員児童生徒支援教員配置促進が期待でき,教員の長時間勤務解消にもつながると考えられます。

鈴鹿市議会 2019-06-21 令和元年 6月定例議会(第4日 6月21日)

文部科学省も,小学校5・6年の特定教科や科目について,専門教員が複数の学級を受け持つ教科担任制を推進する方針を固め,中央教育審議に,教員配置あり方審議するよう諮問を行っています。実際,他市では全小学校英語専科教員配置して効果を上げているところがあると聞いています。  鈴鹿市も,学級担任による指導にこだわらず,英語専科教員配置を前向きに検討していただきたいと思います。

亀山市議会 2019-05-31 令和元年 6月定例会(第1日 5月31日)

また、文部科学省は先月、学校における働き方改革答申において検討事項として上げられていた小学校高学年教科担任制導入推進について、中央教育審議諮問しています。  なお、今年度の全国学力学習状況調査が先月実施され、国語と算数・数学は、基礎知識活用力を一体的に問う新形式で、中学3年生については、初めて英語が加わりました。調査結果の公表は本年7月とされております。