701件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

志摩市議会 2019-06-21 令和元年予算決算常任委員会( 6月21日)

それを0.7で割り戻した額が不動産鑑定評価額に該当する。そんなもの、画地方式とか何も、そんなもの必要ないですやんか。  土地の形状がどうのこうの、土地の形状、悪いですか。長方形で立派な土地ですよ。なぜ、そんな不動産鑑定する必要ないですやんか。不動産鑑定評価の金の支払いをして、おかしいですよ、それは。市が売買するのは、全て大きな面積不動産鑑定価格によって買収すると言っておるわけですやろ。

亀山市議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会(第4日 6月17日)

産業建設参事(草川保重君)(登壇)  ソサエティー5.0を活用した中心的都市拠点の強化としては、今後考えられるものといたしまして、例えば人口密度や必要な都市機能の維持を図るため、今問題となっております空き地や空き家の発生を簡易に把握する技術の導入や、インターネット、VR技術を活用した土地建物の検索技術の導入による不動産流通の活性化を図ることや、またAIやビッグデータなどの活用による人・物の動きについての

亀山市議会 2019-06-13 令和元年 6月定例会(第2日 6月13日)

例えば、アパートの入居にせよ、何にせよ、大家さんというのがおられるし、不動産業者の方もおられるわけですから、そういった方にご協力願って、とりあえず保証金をいただくとか、そういうことはまるっきり日本中どこでもやったことがないというような制度なのかもしれませんし、そういうふうな預かり金とか保証金のようなことで少しでも損失を減らすというようなことは、やっぱり無理なんですかね。  

志摩市議会 2019-03-14 平成31年予算決算常任委員会( 3月14日)

固定資産評価がえ土地鑑定評価業務委託料につきましては、3年に一度評価がえの実施に伴いまして、土地不動産鑑定評価が必要になるということで、鑑定地点は、標準宅地が394地点、ゴルフ場が8地点、メガソーラー施設用地が3地点ということで、合計405地点ということでございます。前回、平成28年度に実施した事業費ですが、2,104万7,040円ということでございます。  

亀山市議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会(第3日 3月 7日)

そして、最後でございますが、区域内における規制というて、私の考えておる規制というのはどういうことかというと、新聞なんかにもよく載りますけれども、外国人が水源地とかいろいろな日本国内で不動産を手に入れて、それが地域によっては問題となっておることがあるわけですけれども、亀山市も、こうして鈴鹿川の源流域、こういった地域にお金を入れて一生懸命整備するのは非常に喜ばしいことですが、この土地外国人が購入して持

志摩市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第4号 3月 6日)

空家等実態調査の結果をもとに、平成29年度に、空家等対策計画の作成及び変更並びに実施に関する協議を行うことを目的に、行政のほか、地域住民、法務不動産建築福祉等に関する学識経験者などで志摩市空家等対策議会組織しております。志摩市空家等対策議会におきまして、志摩市空家等対策計画を策定してまいりました。  

桑名市議会 2019-03-06 平成31年都市経済常任委員会 本文 開催日:2019-03-06

次に、款4.財産収入、項2.財産売払収入、目1.不動産売払収入の説明欄、土地売払収入は、本駐車場の売却により計上するものでございます。  次に、歳出ですが、10、11ページをごらんください。  款1.事業費、項1.事業費、目1.管理費、11ページの説明欄、施設維持補修費のうち、末広駐車場施設維持補修費減は、修繕費の執行残を減額するものです。

川越町議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第1日 3月 4日)

でも、社会福祉議会のほうには、これを社会福祉資金、ほかにもスキームとしては緊急小口資金とか、教育支援資金、総合支援資金、要保護世帯向け不動産担保型生活資金、臨時特例つなぎ資金とか、結構豊富なメニューがあるんですね。こういったことというのは、社協に行って相談しなければなかなか出てこない、わからないということだと思います。  

桑名市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-02-28

私は不動産屋さんじゃないからわかりませんが、多分、月100万円は、市長、無駄になっているんじゃないかと。一番中心地、桑名の中心であるところですから、ここに児童がたくさんいてくれないと活気が出ないですね。私も図書館へ行って、いつもここを通るんですが、子供たちが、保健センターがあるときはいっぱいいたんですが、児童が、今いない。非常にがっかりしております。そういうことです。

志摩市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第2号 2月28日)

2項財産売払収入、1目不動産売払収入につきましては、遊休土地有効活用を目的とした市有地の売却による収入としまして、市有地売却代を1,000万円計上しております。  28ページをごらんください。  第17款寄附金2目総務費寄附金では、平成30年度の実績を踏まえ、ふるさと応援寄附金として1億円計上しております。

桑名市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-02-27

高松市丸亀町は商店街の衰退を防ぐとともに、人口流出を防ぎ、市内定住を促すための取り組みであり、また、和歌山市では人口減少によって空き家となった遊休不動産をリノベーションし、地域再生を図っている取り組みであると認識をいたしております。どちらの取り組みにつきましても全国的に注目されるまちづくりの先進事例であるため、参考とすべき点があると考えております。  

志摩市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第1号 2月27日)

第16款財産収入、2項財産売払収入、1目不動産売払収入では、売却実績により、市有地売却代を267万5,000円減額いたしました。18ページに移りまして、2目物品売払収入では、ごみ処理施設解体撤去に伴う物品の売払実績により、119万円を増額いたしました。  第17款、1項寄附金、2目総務費寄附金では、収入実績見込みにより、ふるさと応援寄附金を2億円減額いたしました。

志摩市議会 2019-02-18 平成31年全員協議会( 2月18日)

今回、税制改正大綱の中で、この固定資産税の特例措置が創設されたわけでございますが、もともと所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法というのが、11月に公布されておりまして、その中で、土地の所有者不明土地という定義でございますが、土地の所有者は通常不動産登記簿に書かれているわけでございますけれども、所有者が亡くなると、新たな所有者の名前を登記、今、相続登記なりをして書き直すところなんですが、

桑名市議会 2019-01-08 平成31年都市経済常任委員会 本文 開催日:2019-01-08

ただ、これは先ほどもお答えをさせていただいたように、やはり民間で既に駐車場事業としてもサンファーレ建設した当初とは違って、民間の方で相当数担っておられる事例も出てきていますし、レンタルというか、テナントスペースについても不動産事業でございますので、あえて市がやる必要はないんですが、サンファーレ建設する当時は駅前ということもあって市のほうが何らかしていかなきゃならないという、そういった責務のもとでやってきた

桑名市議会 2018-12-27 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2018-12-27

また、ひとり親家庭外国人の方なども含めたいわゆる住宅確保要配慮者の方々の住宅施策として、本年度社会福祉議会とともに三重県居住支援連絡会に入会し、不動産関係団体や関係部局、関係機関等との連携を図りながらさまざまな居住支援サービスの提供を始めたところであります。今後も社会的弱者と言われます方々の住宅施策を推進するため、必要な予算を確保するとともに関係部局との連携に努めてまいります。  

桑名市議会 2018-12-25 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-12-25

これにつきましては、民間住宅といいますのは、やっぱり住宅の所有者の方が、独居老人であるとか、それから母子世帯でありますとかという者の入居を非常に拒む傾向がありまして、それらにつきまして、不動産関係団体や市、県の関係部局、関係機関と連携を図りながら住宅確保をしようという取り組みでありまして、本市では、平成30年度に社会福祉議会と連携をして、三重県の居住支援連絡会に入会をしております。  

志摩市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第3号12月 7日)

市としましても、空き家等の管理に関する啓発について、空家等対策計画の実施に関する協議を行うため、行政地域住民、法務不動産建築福祉等に関する学識経験者で構成されている空家等対策議会及び空き家等対策を促進するため、庁内の防災衛生産業及び景観に関する部署並びに志摩消防署で構成する空家等対策推進会議において広報しまや回覧版への記載など啓発活動の方法や内容について協議を行い、自治会等の協力を得ながら