68件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

いなべ市議会 2020-02-28 令和 2年第1回定例会(第2日 2月28日)

その幕あけからのロケットスタートを切り、はや1年が経過しようとしております。我が国の時代も平成から令和へと御代がわりいたしました。  代表質問は3項目までということですので、創風会といたしましては、一つ、誇りと愛着の持てるまちづくりについて、一つ、人口減少と新たな産業の振興について、一つ、未来への安らぎをつくるについての3項目についてお尋ねいたします。  

鈴鹿市議会 2019-07-11 令和元年産業建設委員会( 7月11日)

次に,エ,ニホンザル被害地区への資材配布につきましては,地域による猿追い払い用として配布いたしますロケット花火などの資材購入費でございます。  続きまして,オ,アライグマ・ヌートリア処分業務委託につきましては,鈴鹿市アライグマ・ヌートリア防除実施計画に基づき,捕獲したアライグマ及びヌートリアの処分を業務委託するものでございます。  

桑名市議会 2018-12-26 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018-12-26

そこで、議員お尋ねの猿に対し行っている取り組みといたしまして、現在、狩猟免許を取得した職員による捕獲、駆除のほか、地域の方々に動物駆逐用煙火やロケット花火を配付し、音による追い払いを主に行っていただいております。また、畑の農作物を被害から守るために電気柵の設置を進め、導入された畑もふえてきたと感じております。

志摩市議会 2018-12-12 平成30年総務政策常任委員会(12月12日)

総務部長(山田達也) 今の資料の今回、2段ロケット方式ということで、1条と2条という割り当ての中で、平成30年4月1日からの適用、いわゆる遡及適用の部分、それから、それ以後の適用という、平成32年12月と、それから平成31年1月1日、4月1日とありますが、それぞれ適用という部分は、基本的にその人事院勧告のほうで、どこから適用すべきという部分が示されますので、それに準拠した形では全てなっております。

亀山市議会 2018-09-19 平成30年予算決算委員会( 9月19日)

早い話、取れておるけど、防御的にはうまいこといっていないのじゃないかなあと私は思いますけれども、その支援としては、農家へロケット花火の配付や電気柵の購入補助金を交付しているが、実績などを教えてもらいたいと思います。 ○中村嘉孝委員長  富田課長。 ○富田産業振興課長  まず、ロケット花火の配付数等金額ですけれども、平成29年度は420箱で、金額にしますと39万9,000円となっております。

亀山市議会 2018-06-13 平成30年 6月定例会(第3日 6月13日)

それで捕まえてどうしようかなあというところまでは来ておるんですけれども、いかんせん獣害ですのであれなんで、市としては電柵やとかロケットやとかあらゆる、言うたらできる限りのことはしてもろうておると思うんですけれども、それでも追いついていかんというのが今の現状じゃないかなあと私は思いますけれども、被害状況について、一度現在の被害状況についてお聞かせ願いたいと思います。

鈴鹿市議会 2018-02-08 平成30年産業建設委員会( 2月 8日)

その後,平成28年11月に,MRJの機体生産に係る治工具部品の製造を行っております,国府町に立地しております長谷川機工株式会社が新たに指定を受け,昨年の11月には寺家町に立地しております株式会社FEEDがHⅡ及びHⅢロケットに搭載するエンジン部品の製造をするというようなことで指定を受けているところでございます。  

桑名市議会 2017-12-13 平成29年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2017-12-13

10月中旬ごろだったと思いますが、テレビを見ておりましたら、美濃加茂市が、小型無人機ドローンで市歌を流し、同時にロケット花火と人体には影響のないモデル銃で猿等の鳥獣を追い払うニュース番組を見させていただきました。行く末は、市歌を流すだけで猿などを追い払っていきたいと、初めての試みだそうでございます。  

いなべ市議会 2017-12-12 平成29年第4回定例会(第3日12月12日)

具体的には、1アール以上の田畑に電気柵、金網を設置する場合の資材費に対する補助、獣害防除用おりの政策及び購入の場合の原材料または購入費の一部を補助、猿の追い払いに使用するロケット花火及び爆竹の無償配布、獣害パトロール員による、土日を含め、毎日、午前8時から午後5時まで民家近くに出没した猿の追い払い等々、対策を講じております。  次に、(3)どのような対策をとっていくのかでございます。  

亀山市議会 2017-12-12 平成29年12月定例会(第3日12月12日)

対策としては、この亀山市にあっては、電気柵の購入補助や追い払い用のロケットの花火を配付したりしてもらっております。そして、猟友会に駆除をしてもらっていたり対策してもらっておりますが、私は抜本的な解決にはなってはいないと、農業被害に関しては抜本的な解決にはなっていないんじゃないかなあと思っております。  実際、今この亀山市において、獣害被害の農業被害の現状はどうなっているのか、お聞かせをください。

菰野町議会 2017-03-08 平成29年第1回定例会(第2日目 3月 8日)

以前、下町ロケットなんていう小説もありましたが、この町でNASAで使われている部品をつくっている会社ができたり、またこの町でつくった部品が宇宙へ飛んでいくという想像するだけで子どもたちがわくわくすると思います。  また、そのような企業を誘致すれば、国内だけでなく、海外からも注目される町になります。このように航空宇宙産業の誘致についてお考えはありませんか。観光商工推進室長、御答弁をお願いします。

鈴鹿市議会 2016-06-20 平成28年産業建設委員会( 6月20日)

そこで,本市といたしましては,平成26年4月に策定いたしました2期目の鈴鹿地域産業活性化基本計画の中で,輸送用機械関連産業の1つとして,航空機産業の集積を目指しており,本年4月には,次世代産業である航空機産業を支える企業の新規立地などの新たな投資を誘発するため,鈴鹿市工業振興条例に基づく奨励制度を見直し,航空機やその部品,ロケット,宇宙船等の製造に携わる企業の新たな投資に対しまして,奨励金額の上乗せと

志摩市議会 2016-03-14 平成28年予算特別委員会( 3月14日)

里海推進室長(濵野由人) 市民啓発事業の中で、消耗品につきましては、平成27年度につきましては、市民まちづくり事業の中でロケットコンロ等、自治会と連携して、やっていこうというような中で計上していた部分が、かなり金額が大きかったと思うのですけれど、平成28年度は少し少なくさせていただいて、若干、消耗品費の部分として減額させていただいている部分が主な要因ということで考えていただければと思います。

伊賀市議会 2015-09-17 平成27年総務常任委員会( 9月17日)

そこへ中国ロケットちゅうのは精密なですから、そこへ打ち込む可能性あると。それやったら、それを全部原発をやめるという方法じゃなくて、守るために莫大な費用をかけてそういうものしていかんならんとすると、そういうためにむちゃくちゃなお金がかかる。だから、皆さんも僕も知らんですけども、戦時中勝つまでは我慢せえいうことで、非常に厳しい生活をさせられたと。

亀山市議会 2015-09-17 平成27年予算決算委員会( 9月17日)

ロケット花火とか、それとT3型、5連発のやつがぽんぽんと出るやつがあるんですけれども、それの加盟団体ですか、これをやっていこうという団体があると思います。  そこの中で、ロケット花火は十分にいっておると思うんですけれども、T3型の5連発が、筒がちょっと足らんのかなあという話をちょくちょく聞きますけれども、それは順々にふやしていこうかなあと。

四日市市議会 2015-08-01 平成27年8月定例月議会〔附録〕

────┼─────┼─────┤ │T-3用ホルダー │  -  │   420本│   240本│   270本│   90本│ ├─────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼─────┤ │   爆竹    │   20箱│   80箱│   30箱│   65箱│   50箱│ ├─────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼─────┤ │ ロケット

志摩市議会 2015-03-19 平成27年予算特別委員会( 3月19日)

例えば、今、自治会さん対象に考えておりますのが、ロケットこんろとかいうものについて、すごく興味を持たれているというようなところもありますので、災害時等にも役立つものであるということで、その辺でロケットこんろづくりなんかを対象に消耗品等で御支援することができればなということで考えております。