運営者 Bitlet 姉妹サービス
1396件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-27 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2018-12-27 これまで何度も答弁させていただいておりますが、現時点で解約するということになりますと残りの契約期間の利息部分も含んだ残額分全てを支払った上で、さらに民法上の損害賠償金等も発生する中で、いろんなことが市としてもリスクもございます。また、直営に戻した場合は施設の維持管理費でありますとか図書館運営のためのいろんな予算も必要になってくるところでございます。 もっと読む
2018-12-26 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018-12-26 生き物を育てる点では改めて何が起こるかわからないというリスクが存在すると捉えております。  議員御指摘の生産施設を増設すれば稚貝がふえる可能性は確率的には上がるものと考えておりますが、増設した場合の労働力、予算などの課題と、何より赤須賀漁業協同組合が主体となっての事業でありますので、組合の意向がございます。 もっと読む
2018-12-25 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-12-25 そのほか、地域包括支援センター、市の地域包括支援相談員により、将来的に必要な介護ニーズを把握するために毎年実施しております日常生活圏域ニーズ調査で一定のリスクを抱えた方について個別に訪問を行っており、よりリスクの高い高齢者の方へ健康増進への注意喚起及び必要な支援を行っております。   もっと読む
2018-12-14 伊賀市議会 平成30年産業建設常任委員会(12月14日) なぜここに請願を上げてきたかと申し上げますと、汚水処理施設にまつわる費用とか水質管理のリスクにつきましては、どうしても我々住民では対応ができないという分がございます。こういう分を含めて早い段階で公共のほうに移管をお願いしたいというのが住民の切なる願いであります。これが2点目になります。  私どもが調査した分によりますと、現施設は水質それから施設とも健全性を保っております。 もっと読む
2018-12-11 伊賀市議会 平成30年第 5回定例会(第5日12月11日) ○1番(川上善幸君)  ものの管理ちゅうのは多分しやすいと思いますので、しっかりとリスク管理ってこの時代めちゃめちゃ大事ですので、今後していただきたいと思います。  そして、これは市民からの苦情でございます。皆さん、車乗って走るときには必ず伊賀市て書いてますよね。伊賀市の車がどんな運転してたかちゅうのは、すぐ苦情が来るわけですよね。言われたのは、伊賀市と書いてる車が危ない運転してたで。 もっと読む
2018-12-10 伊賀市議会 平成30年第 5回定例会(第4日12月10日) その検査結果、生活習慣病の発症のリスクが高く、生活習慣病の改善による生活習慣病の予防効果が期待できる方に対して特定保健指導を行ってくださっております。  これは伊賀市では現在自己負担、1,000円から半額の500円で特定健診が受診できるようになりました。 もっと読む
2018-12-06 伊賀市議会 平成30年第 5回定例会(第2日12月 6日) やっぱ私はこの消防の職員さんというのは、市の職員さん、公務員さんの中で命の危険が一番高い、リスクの一番高い職場にいる職員さんやと思うんです。ですから火災、それから事故現場にももちろん救急で向かっていただく方々もいらっしゃいます。そういった中では、ほかの職員さんに比べると物すごく命の危険と隣り合わせで仕事をされている方々なんです。これに対して、この予算の推移はどうなのかなと単純に思うんです。 もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第3日) 本文 そこで、国は土砂災害などの発生リスクを低減させ、地域住民の安全・安心に寄与するために、新たな森林管理システムを形成することを目指して、森林経営管理法を制定しました。  そちらの資料がこちらになります。  この森林管理システムでは、まずこの森林の所有者に適切な経営管理を行わなければならない責務があることを明確化しています。 もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第5日) 本文 私自身は、やはり、給食センター1カ所だけではリスクがあると考えますし、万一、食中毒があった場合、また、そのほかの事故があったときに対応が難しくなる。1カ所では全ての中学校で給食がとまってしまう。 もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会〔附録〕 (図省略)  市立四日市病院は、北勢医療圏のリスクの高い妊娠(分娩)を担う総合周産期母子医療センター である。 もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第7日) 本文 また、他の委員からは、四日市市総合体育館としたとしても行政側に特段事務上の問題が生じないのであれば名称を読み間違えられるリスクも踏まえ、四日市市総合体育館とすべきではないのかとの意見がありました。   もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第6日) 本文 これらを踏まえまして、災害発生時のリスクを軽減させるよう日々の業務においても、なお一層、施設の維持管理に気を配る必要があると考えてございます。  具体的には、キュービクルなどの設備機器の法定点検結果を分析いたしまして、ふぐあいについては速やかに修繕を行い、故障のリスク低減に努めてまいりたいと考えてございます。   もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第2日) 本文 欠席3日目シートとは、新たな不登校を生まないために、児童生徒の情報を短時間で共有するための会議資料とすること、教師が児童生徒の欠席に敏感になり、初期段階での情報の整理と監察の視点を明確にすることを目的に、連続3日欠席した児童生徒のうち、担任及び校内委員会等において不登校のリスクが高いと判断された児童生徒を対象に作成を行っております。   もっと読む
2018-10-15 伊賀市議会 平成30年産業建設常任委員会(10月15日) 当地域の強みといたしましては、関西圏、大阪であるとか、中部圏、名古屋の中間に位置しておりまして、また名阪国道、新名神高速道路などの自動車交通の利便性が高く、内陸に位置することから、近い将来発生が予想されております南海・東南海地震による直接の津波被害の心配もないことから、会社機能のリスク分散の見地からも、地理的有利性があると考えられます。   もっと読む
2018-09-22 志摩市議会 平成30年予算決算常任委員会( 9月22日) そうであるならば、今度は残るこの17床の療養型いうところの面積とかいろんな基準があったような記憶はしておりますけども、そこらのネックもあろうかと思いますけども、もし今病院に入院を希望しても、なかなか入れないという事態は、私が言うに及ばず、そちらでもそういうことは御承知のことと思いますので、そこらあたりを療養型で、一床でも、こういう会議になってますから一床、二床でしたらリスクはあるというのを承知ですけども もっと読む
2018-09-19 桑名市議会 平成30年都市経済常任委員会 本文 開催日:2018-09-19 結果、市街化区域のうち、さきに設定しました六つの都市機能誘導区域のエリア、公共交通沿線で鉄道駅からおおむね800メートルの圏内と、路線バスのバス停からおおむね300メートルの圏内、また、既に人口が定着している市街地で目安として人口密度がおおむね30人、ヘクタール以上当たりの人口密度の区域をベースとしまして、そこから土砂災害特別警戒区域のような災害リスクの高い地域や、多度地区の工業団地や陽だまりの丘の もっと読む
2018-09-18 桑名市議会 平成30年教育福祉常任委員会 本文 開催日:2018-09-18 委託というのは毎年入札するわけですから、もしかしたら今まで全然知らない人たちが入ってきて、サービスが上がるかもしれないし、むちゃくちゃになるかもしれないし、わからない、リスクを負ってまでやるというんですから、ちゃんともうちょっと考えてからやったらいいのになと思いました。 もっと読む
2018-09-13 桑名市議会 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2018-09-13 世界保健機関WHOは、心臓病、がんなど、多くの慢性疾患のリスクを高める運動不足を改善するための新たな行動計画を発表した。現状では、世界の成人で23%、11歳、17歳の青少年の81%が運動不足と推定される。経済発展や都市化の広がりに伴って、身体運動が減る傾向が見られるという。行動計画は運動不足の人を2030年までに15%減らすと、その目標を掲げたということでございます。   もっと読む
2018-09-13 伊賀市議会 平成30年第 4回定例会(第5日 9月13日) 水害のリスクというものを地域の皆様に確認いただきたいと思います。洪水時の被害を最小限度にするためには平時よりそうした水害リスクを認識した上で、氾濫時の危険箇所や避難場所についての正確な情報を知っていただくことが何より重要でございます。今後、地域の皆様にもそうした情報をお知らせしてまいりたいと考えております。 ○議長(岩田佐俊君)  西口君。 もっと読む
2018-09-11 桑名市議会 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-09-11 HPV検査併用検診により、将来がんになるリスクがその検査でわかるので、検査が陰性マイナスならば、しばらくはがんにかからないわけです。両方が陰性ならば、3年は検診を受けなくてよいとされています。これは、受診者にとっては大きな安心です。  三つ目は、一つ目の検診精度の向上と二つ目の受診の間隔が延長できるがあっての、検診の費用対効果の向上です。   もっと読む