86件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊賀市議会 2018-12-06 平成30年第 5回定例会(第2日12月 6日)

意に沿わなければ初夢リコールしたらいいんじゃないか。年頭には全てに反対するあほどもがいるが、天に唾すると自分たちに返ってくることを思い知ってほしいと。暴言の数々ですよね。品位のかけらもございません。そして市長は年間10万人の来庁者のにぎわいを創出する。そして新庁舎のそのような白紙撤回されたのは市長みずからであって、1億700万の実施設計を無駄にされたのも市長みずからのことでございます。

桑名市議会 2018-03-13 平成30年予算特別委員会教育福祉分科会 本文 開催日:2018-03-13

それで、何でか、こことは関係ないんですけど、公民館を潰していくということであったみたいなんですけど、今回は特に小・中一貫という予算が出てきておりまして、それは多度だけのことじゃなくて答申に沿って全ての小学校をなくすというレールの上に乗っておる話ですので、やっぱりこれを強引に進めていくと今言われたように市長に対してもリコールというか、議会に対してもリコール解散かというそこまでいくぐらいの大変なレール

桑名市議会 2018-03-07 平成30年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-03-07

例えば子宮頸がん、乳がんは早期発見で治る確率が高いと言われておりますが、女性の活躍を支えるためには健康づくりが何よりも大事だということで、子宮頸がん、乳がんの検診無料クーポン配付や個別の受診勧奨、再勧奨、コール、リコールなどは公明党の推進で実現した女性特有のがん対策です。桑名市においても実施されております。  

伊賀市議会 2018-03-05 平成30年第 1回定例会(第2日 3月 5日)

事業がよくないというのなら、初夢リコールでもされたらいかがかという記事が載っております。これは発言されたかどうかわかりませんが、記事が載っておりました。これは、議会に対して威圧なんです。そうでしょ、気に入らなければ不信任出せと言うのも一緒なんですよ。  これね、我々議会に対してリコールすればええやないかということになれば、これは議会じゃなしに、市民に対して威圧を与えることになるです。

桑名市議会 2017-09-13 平成29年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2017-09-13

桑名市でもコール・リコールを実施しておりますが、その成果はいかがでしょうか。日本では肝臓がんと胃がんの死亡率が下がってまいりました。これは集団予防接種での注射器の使い回しをなくしたり、ピロリ菌除菌治療保険適用範囲を慢性胃炎まで拡大させるなど、予防策が功を奏したことによります。がん患者の5年生存率も向上しております。  そこで、2点目についてお伺いをいたします。

松阪市議会 2017-06-16 松阪市 平成29年  5月 定例会(第2回)-06月16日−06号

それともう1つは、議員として今まで人に後ろ指を指されるようなことをした覚えはないなと思いながら、議会リコールに入ったということ、これは自分の今までの議員生活の中で一番の、何という表現をしたらいいのか、何でこんなことが起こるんだろうというふうな印象を今でも持っております。

松阪市議会 2017-02-23 松阪市 平成29年  2月 定例会(第1回)-02月23日−03号

特に県内から554件、県外からも104件、広いネットワークの中でこのような運動がされておるわけですので、政治問題化されると困りますし、いつぞやのリコールみたいな雰囲気が漂うのも困りますし、純粋な形でいおうじ、この松阪の医療体制の構築について市民の方々からの意見もしっかりと取り入れていただきたいと思っております。  

松阪市議会 2016-08-18 松阪市 平成28年  8月 臨時会(第3回)-08月18日−01号

1つは、昨年の夏には市会議員リコール住民投票をするかせんかということで、最終的にはなかったんですけれども、9月の議会では決算議会の中と、また補正の中でも前市長が途中で退任されたと。それから、その継ぎ目としまして、副市長の補正予算の提案、また10月4日からは今の竹上市長ということで、1つの定例会の中で3人の市長職がかわるというのは、これはまれに見るというふうに思っております。

四日市市議会 2016-02-06 平成28年2月定例月議会(第6日) 本文

これまでも多くの議員の皆さんが個別検診と集団検診について、コール・リコールの受診勧奨について、乳がん検診のマンモグラフィーの検査について、検診の無料クーポンについて、ピロリ菌感染有無を調べるABC検査について等々を一般質問で取り上げられてこられました。  ここで少しグラフを使わせていただきます。

伊賀市議会 2015-12-08 平成27年第 5回定例会(第3日12月 8日)

これまで受診率向上のためにコール・リコール事業、これはコール、受診勧奨、またリコール、再受診勧奨ということなんですけれども、そういう未受診者をなくす取り組みというのは伊賀市としてされてきたか、またその効果というのを教えていただきたいと思います。 ○議長(中岡久徳君)  健康福祉部長。            

松阪市議会 2015-11-09 松阪市 平成27年 11月 図書館改革調査特別委員会-11月09日−08号

市民には詳しいことを言わずに、単なるPFIをせんだで議会は否決をしたから市民の負担がふえるというようなことを言うたんですけれども、結果的にこの特別委員会ができて明らかになったというか、PFIにせんだおかげで本当に負担がふえたのかというとそうでもなかったということで、結果的にはよかったわけなんですけれども、市民の皆さんに誤った情報というか、きちっとした情報が流れやんだというか、非常にいろいろほかに、リコール

松阪市議会 2015-10-08 松阪市 平成27年  9月 定例会(第5回)-10月08日−05号

いわゆるリコール運動、それからこの松阪市議会選挙、いわゆる市を二分、三分するような選挙なり運動がございました。さまざまな意味で、もうノーサイドやと、敵も味方もなく市民の皆さん方が一丸となって、この松阪市をいいまちにしていくような協力をいただきたい。皆様方の協力なしにそうしたまちづくりは不可能でございます。

松阪市議会 2015-09-29 松阪市 平成27年  9月 議会改革特別委員会作業部会-09月29日−20号

◆部員(久松倫生君) 論議がちょっと二つに分かれたと思うので、ちょっとその辺整理して、一つは、報酬、定数を含めた今後の方向なんですけど、これは、確かに前議長のほうから言われたように、我々、恐らく、前の経過でいいますと、市長の急な辞職ということは余り念頭になかったもんで、いずれ附属機関を置いてやらんならんということでは思っていましたけど、本音を言わせてもろうて、ざっくばらんに言えば、4月以降、あのリコール

桑名市議会 2015-09-09 平成27年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2015-09-09

桑名市が、大腸がん、子宮頸がん、乳がんの受診率がほかよりも高いのは、当局の御尽力もあるとは思うんですけど、無料クーポンやコール・リコールをしていただいて、その制度が周知、浸透されてきたのもあるのかなと思います。毎年少しずつですが、がん検診を受ける人もふえてきているようですので、このまま行っていただきたいなと思います。  

松阪市議会 2015-08-18 松阪市 平成27年  8月 臨時会(第4回)-08月18日−01号

振り返ってみると、長いようで短い1年でございましたけれども、特に昨年の所信でも述べさせていただきました、広報広聴に力を入れるということで、努力させていただきましたけれども、あにはからんや図書館問題からリコール問題へと発展しましたことは、広報広聴がまだまだなのかなという感を受けた次第でございます。